股関節の本の紹介ほか

温泉病院でご一緒だったことがあるSさんから「両国の山田先生や東保先生の記事が載っている本」のお知らせをいただきました。新しく出た本(今年の1月)なので、図書館の貸し出しリストにはありませんでした。私自身は痛みは解消しているので今のところ「図書館にそのうち入るだろうから今すぐ読まなくても。」ぐらいのつもりでおります。(図書館に蔵書のリクエストができるので、今度リクエスト書いてみます。)Sさんからブログで他の股関節症の皆さんに教えて差し上げてくださいということでしたので、ご紹介させていただきますね。Amazonで見たら<保存療法か手術か>ということや、「15年前にこの本に出会っていたら」ということも添えられていました。手術か保存かで迷う人は多いでしょうから何かの参考になりそうですよね。

Img3529

図書館ではよくわかる股関節と骨盤の動きと言う本を借りて、これはなかなか良かったです。今の私の関心は<股関節の可動域を広げること><歩き方を改善すること>なので。これを書いた国津さんという理学療法士さんは、私が情報を探していた頃にブログでいろいろ情報を発信していた方だと思うのですが今回検索してみたらみたりません。私の勘違いなのかしら?どなたか覚えている方おいででしょうか?

足の状態がコロナの前の5割か6割と書きましたが、先日、三輪車に乗ったときに患足の右足の屈曲が良くなって漕ぎやすくなっていることと、こぐ力の左右差が無くなっていることに気がつきました。状態の悪かった頃には気がつくと左足7割右足はペダルにのせて辛うじてこいでいるだけと言う感じで意識して右足に力を入れてこぐようにしておりました。股関節の状態を全体で総合的に見ると良くなってきているのだと思いました。

スポーツジムでの栄養指導が終わって、<目標のスッキリお腹>のための運動を何か一つ教えてくださいということで教わってきました。屈曲も良くなりそうな一石二鳥の体操なのが嬉しいです。私向きなので一般向けではないでしょうから方法まではご紹介しないでおきますね。

ベッドをやめてお布団にしたこともあって、寝る前にお布団の脇で、四つん這いになって<犬と猫>のような体操をここ半年ぐらい続けておりました。それについても「寝る前にこんなことをしているのですがどうでしょう?」と見ていただいたら、背中をそらすのと丸めるのと別々にした方がということで、たとえば背中をまるめるのだったら、足はペタっと(足の甲を)床についた状態が良いけれど、肩甲骨をそらす犬のような姿勢のときには足の指を立てた方が良いのだとか、肩甲骨をそらすなら片側づつの方が良いのだとかで、私が実際にしている動画を撮ってくださいました。片側ずつの動作で肩甲骨がくっきり浮き出るのがわかります。自分の背中を見たことってあまりないので「ふーむ。これが私の背中か」と思いました。これからは3ヶ月に一度ぐらい歩行動画を前から後ろから横からと記録したらどうかと思いました。<スッキリお腹>ばかり気にしていましたが<スッキリ背中>も大事ですよね。昔、ガッテンで背中に詰め物をした姿を遠目に見て、その人の年齢を当てさせたら、実年齢より相当老けてみられていたことを思い出しました。

<スッキリお腹>と<スッキリ背中>目指すことにします。

|

2021年2月17日 (水)

栄養指導まもなく終了 ほか

3週間の栄養指導、明日で一応終了予定。2ヶ月続けることを勧められていますがここで終了しようと思います。良かったことがかなりあります。お昼はこれまでおそば/おうどん/パスタ/など麺類がメインでしたが「小麦粉よりはお米」ということでご飯にしています。お蕎麦も十割そばに変えたり。お蕎麦などはタンパク質が多いから良いと思っていたのですが、「タンパク質はビタミンとミネラルがないと吸収されない」のだそうで、鴨そばなどで満足していましたが、副菜としてお野菜や海藻などを追加するようになりました。3時ごろに血糖値維持のために間食をすることも必要とのこと。知人で「間食は一切しない」ということでスタイルキープしている人がいたので、私も「なるべく我慢」と思っていたのでしたが、間食するなら干し芋、甘栗、などのお勧めもあって。「間食を我慢しなくて良い」のが良さそう。甘いもの食べるなら3時ではなく昼食後すぐにみたいなこととか。

ラジオ体操後のスワイショーですが、左右への体重移動を伴なわせることで、歩行にかなり近い動作になるのですよね。銀サロで患足への体重移動を勧めていましたが、体重移動だけだともったいない感じ。ジムで言われたことに股関節に問題があるのだから問題のない上半身を上手に使うことを心がけるということで、スワイショーも足よりも腕に意識を持っていくようなことで足への負担が少なくなったように感じるから不思議。ランニングのような前後への腕振りをするような動作では、体のひねりを加えた動きの方が良いということで片腕をピストルでも打つように前に伸ばし、反対側の肩を弓でも引くように後ろに引くみたいな。これまで自己流でしていた体操の効果が倍増している印象。

これまで駐車場はお店の入り口に近いところを探して止めていましたが、「歩く距離を増やそう」と遠くに止めるようになりました。先日、半年に一度の口内お手入れで歯医者さんに行くのに(徒歩10分ぐらい)調子がよかった頃はフツウに杖なしで歩けたのに、途中3回ぐらい休まないと行けなくて「コロナ前の調子の良い頃の5、6割ぐらいに状態は落ちている」と思いました。その翌日、足の調子がよかったので「やはり歩かなくちゃ。歩いた方が良いみたい。」と思った次第。でもまとまった距離歩くのはどうも苦手なので、せめてスーパーの駐車場で歩く距離をこれまでより増やすことに。ノルデイックウオークで距離を歩くのが良さそうに思うので、気持ちよく歩ける公園探しをしています。浦和の公園は避難所を設置するためなのか、木を切ってコンクリートの広場にするようになってしまって、愛犬を連れてよく散歩していた公園も桜の木などが切り倒されて広場になる工事を今しています。県立図書館の跡地も緑化はされずに殺風景な広場になっています。草取りや植木の手入れなど手間がかからないからなのかもしれません。

寝る前に、その日にあった良かったことベスト3を考えるというのを前に書いたのだったと思うのですが、続けているとどんどん良いこと引き寄せているような気がしています。例えば、(スイス)カランダッシュのボールペン、前回、銀サロに行ったときに銀座ITOYAで買ってとても気に入っているシリーズ、限定品で紫色がAmazonで特別価格で出ていて注文、きょう届くことになっていて楽しみに待っているところ。DOCOMOの携帯料金、購入代金割引のような期間が2月で終わるので料金見直すよう言われており、ギガライトというのに変えたら「アマゾンプレミアが一年ついてきます。」ということで「すでにアマゾンプレミア入っています。」と言ったら、期間が一年のびるのだそうです。私はこの5月に4900円一年会費を払うべきところ、2022年の5月に払えば良いのだそう。アマゾンプレミアで昨年は送料25000円ぐらい浮いたことも知りました。そのほかにアマゾンプレミアで映画やドラマもたくさんみてきたのだから「かなりお得だったなぁ」と思います。アマゾンはコンビニから現金でチャージすると4万円で2%ポイントがつくことも最近知りました。ギフトなども送料無料で送れますから、コロナ禍でデパートに出向いて送るより良いですものね。

最近、とりわけ嬉しいことは、大阪の友達にオンラインピアノレッスンしていただくことになったこと。「何か弾きたい曲ってあったかしら?」と考えてドビュッシーの<月の光>をとりあげることに。月の光は<愛の不時着>最終回でも演奏場面がありました。フラットがたくさんあって曲集の中で楽譜チラッとみただけでこれまで敬遠していたのですが「数小節づつ練習したら弾けるようになるかしら?」と聞いてみました。最初の数小節をラインで送ってくれたのを弾いただけで感激しちゃいました。フルートはメロデイだけの単音ですからこの響きは出せない! オンラインで買える楽譜をみたら<初心者用/中級者用/上級者用>とあって、音符を省いて簡単にしたのは雰囲気はあるとしてもやはりそれなりの響きしか出せない。数小節づつだと一年がかりに近いことになるかもしれませんが、大阪の友達とラインのビデオ通話で会えることも楽しみに続けていけたらとワクワクしています。テキストは買っただけでほとんど弾いていなかったオスカーピーターソンのジャズハノンから。

 

 

 

|

2021年2月11日 (木)

栄養指導その後

3週間の予定で栄養指導を受け始めたのが満月だった1月29日、体重はMASARUという体重計で朝と寝る前に測っています。スタート時から1.5キロ減ってきました。夜と朝では1キロから1.5キロ少なくなっています。1.5キロ減った日は脱水症状がおきているような話であまり良いことではなさそう。MASARUは11もの体組成を計測できて、それをi-phoneのアプリに自動で送信してグラフも作ってくれます。購入したばかりの頃は設定がうまくできずに体重だけ測っていたのですが、今回、栄養指導を受けるに際して頑張って設定しました。体脂肪、BMI始め、どのグラフも揃って良い形になっているので張り合いがあります。

きょうは初めての半日ファステイング、内臓を休ませるために夕食の代わりに酵素を飲むことになっています。今はコロナで主人も飲み会などがなくなっていますが、飲み会が復活して夕食が要らない日ができたら、ファステイングを取り入れても良いかもしれないと思ったりしています。きょうの半日ファステインが成功したら(辛くなくて楽勝だったら)1週間後ぐらいに1日ファステイングをしてみたらと言われています。

お茶やコーヒーなどを除いて、水を1日1500リットル飲むというのも栄養指導の課題にはいっています。サプリメントを溶かし込んだドリンクが500CCあるので、それをのぞいて1リットル。そういえば朝起きた時に湯冷しを飲もうと思っていたのが続きませんでした。ハワイアンウオーターのサーバーでお湯が簡単に飲めるのですから、今度こそ習慣にしようと思っています。緑茶が大好きで1日に何度も飲んでいたのですが、お茶を飲むと水は飲まなくなってしまうし、甘いものが欲しくなったりもするので今はほとんど飲まなくなっています。昔百年茶という健康茶を飲んでいたことがあって、そういえば「緑茶だと何かお菓子が食べたくなってしまうから」とアンケーのようなもので読んだことを思い出しました。

栄養指導を受けて何が一番変わったかというと、気持ちが一番大きいような気がします。コロナ禍のニュースにめげなくなりました。朝の目覚めが良くなってセットしてある目覚ましの5分から10分ぐらい前に目が覚めるようにもなりました。これは栄養指導のせいか、スピリチュアル系のいろいろなことのせいかは定かではありません。「寝る前にその日を振り返って感謝することベスト3を選ぶ」というのをしてみたらすごく良いのでおすすめしたいです。「1日に感謝すること10書き出す」みたいなことだと無理があるけれど、3つだと何かしらあるものです。感謝したいことというとちょっとクサイ感じだけれど「良かったこと」ということだと素直にいろいろ思い浮かぶと思います。

きょうは3月末で閉館になる浦和の市民会館にギターとバイオリンの演奏会を聴きに行ってきました。cdやyou-tubeなどでいくらでも演奏は聴けますが、やはり生の演奏会は良いです。この二人での演奏はきょうで19回目、コロナ禍でもあるし長年続けてこられた会場もなくなるし当分様子見ということで「演奏活動再開したらお知らせしますのでぜひまた来てください。」と締めくくられていました。アンコールが私の大好きなYO SOY MARIA(私はマリア)だったのはきょう嬉しかったことのベスト3に入ると思います。

 

|

2021年1月31日 (日)

オンラインのヴァーチャルツアー/ジムで栄養指導

緊急事態宣言、あと1週間で解除できるぐらいに感染者が減るのでしょうか。延長するならするで早めに決めないと、飲食店の人たちは振り回されて大変です。我が家の周囲の商店街、飲食店はお店の前でテイクアウトの商品ならべたりお店の前でタコ焼き始めたり、縁日の屋台みたいになっています。裏のイタリアンレストランは仕入れ先の野菜なども販売してマルシェ状態、仕入れ先も販売ルートを断たれて大変だからということで。

私はもともとそんなに出歩く方ではないので、それほど生活に変化はない気がしています。ネットが使える時代で良かったです。でも失敗もしました。NHKでヴァーチャルツアーが流行っているというのを見て「面白そう!」と某旅行会社がZOOMで1500円を半額にしているスエーデンに申し込んで楽しみにしていたら、現地にお住まいの方のお部屋の中から現在のスエーデンのコロナの状況とかマイナンバー制度みたいなものとかの話だけで観光みたいなことは一切なし。アンケートには「これがカルチャーセンター主催だったら勘違いしなかったと思う。観光と勘違いしておりました。」と書きました。唯一良かったのは世界中で読まれているという<スマホ脳>の本のご紹介が最後にあったこと。

ヴァーチャルツアーは京都からのものも申し込んであって、そちらは参加費5000円とお高くて<おうちで乾杯!オトナの酒学旅行>。酒蔵の案内があってその酒造のお酒と京都のおつまみも送ってくるというもので、私がテレビ番組で見たのもそういうので参加者全員で乾杯してオンラインでも盛り上がっていました。その京都のおつまみが<下鴨茶寮>というので心惹かれたこともありました。京都に前々回行った時に下鴨茶寮の前を通って門の前で写真だけ撮ったり、デパ地下で下鴨茶寮のお惣菜を買って帰ったりしたことがあったからです。でも今回送られてきた<京のご馳走>というのは<まぐろとごぼうの炊き合わせ>が一袋だけ。下田に乗馬にいくと<金目鯛と牛蒡の炊き合わせ>を買ってくる私はちょっとがっかり。お酒は300ミリの純米酒と180ミリの濁酒でした。お座敷遊びもあるということで、今回は<とらとら>というのをするのだけれど15分だけ。あ、下鴨茶寮も15分お店の中に入るようです。

よ〜く考えてみたら海外の街並みはyou-tubeなどで見られそうだし、図書館にある海外の街や景色のDVDを借りることで満足できそう。バーチャル旅行ではエジプトのピラミッドの案内などがガイドさんが良くて好評のようです。初回のヴァーチャルツアがハズレちゃったので一気に熱が冷めてしまった感じ。テレビ番組ではもう何十箇所もヴァーチャルツアーなさって、コロナが終わったらそのうちの何箇所かは行ってみたいと話されているご夫婦が紹介されていました。

話変わって、29日の満月からスポーツジムで食事指導も受けています。三日間の朝昼晩の食事に間食や飲んだ水やお茶の量なども記録したのを提出してそれに基づく<お腹もスッキリ! 一生自分の足で歩こう>という提案書(企画書)をいただきました。当初<お腹ぽっこりを解消>みたいなタイトルだったのですが、それだと引き寄せの法則からして<ぽっこりお腹>をイメージして良くないのでスッキリに変えていただきました。私がジムで「ぽっこりお腹をなんとかしたい」と言ったら「運動だけでは難しい。食べるものを変えないと」と言われたからです。小岩井のヨーグルトが好きで長年食べていましたが、菌が違うのでいろいろな種類のヨーグルトを食べた方が良いのだそうです。オメガ3をとるのに以前買ってみて続かなかったチアシードをヨーグルトに入れたり、日々の食事変わっています。カボチャは緑黄色野菜と思って食べてきたら炭水化物と思った方が良いということだったり‥。体は日々食べるものからできていますから、食事指導受けて体変わりそうです。

ラジオ体操は習慣化できたので、その時間、あと5分だけスワイショーと昔ヨガでしていた<天使の輪>というのを加えようと思って診ていただきました。というのも、自分が体に良かれと思ってしてきた肩甲骨寄せる動きなどが私には良くない動作だったりということがあったものですから。ヨガの先生の教えてくださったスワイショーはこのブログの最初の頃にも書いたと思うのですが、でんでん太鼓みたいに両手をぶらぶら回した手が背中に回った時に腎臓を叩くもの。ジムで「スワイショーもいろいろなやり方があるけれど」ということで、せっかくなら歩くのと同じ体重移動(右手が前に出たとき左に体重)でその腕の振りも前に来た時に肘から捻るようにするようなの他、3通り教わってきました。1分間の砂時計でその三種類、天使の輪を右回し左回しをするとラジオ体操の番組とあわせて15分ぐらいでちょうど良いのです。せっかくラジオ体操が習慣化したので、それにプラスアルファ加えたらと思って、なかなか良さそうです。

|

2021年1月23日 (土)

久しぶりに銀サロに

久しぶりに銀サロに行ってきました。宮川先生に会いたくなって予約したのは矢野先生が亡くなる前のことでしたが、矢野先生がいなくなられてしまったらなおさら「最初の頃から私の状態を把握してくださっている宮川先生の存在って大きい。」とあらためて思いました。山梨まで行かなくても丸の内で矢野先生が当時診察なさっていることを教えてくださったのも宮川先生でした。矢野先生より以前からの私の状態をご存知です。「もう痛みもなくなっているし、温泉病院に行かなくてもよいものでしょうか?」という相談もしてきました。「整形外科一箇所は継続的に診てくださっているところがあったほうが良いのでは。」とアドバイスいただいてきました。私も聞いたことがあるのですが、原因不明で急に股関節の具合が悪くなることがあったりするからとのこと。滅多に無いらしいですがちょっと怖いです。前々回、温泉病院で三上先生に診ていただいた時にも「具合が悪くなるようなことがあったら遠慮なく来るように。」ということを言っていただいております。急速破壊型

カルテをみてくださって銀サロは2018年の5月以来とのこと。そのときも一年ぶりぐらいで宮川先生に会いたくなってでかけたような記憶があります。昨年4月に銀サロ予約した時には緊急事態宣言がでてキャンセルしました。今回予約する時にも「同じような状況になったら遠慮なくキャンセルなさってくださいね。」とご親切なメールをいただいておりました。でも二度までもキャンセルしたくなかったことと、前回の緊急事態宣言時のときとは気持ちも違いましたからビニールの手袋やゴーグルのようなメガネもして重装備ででかけました。5時の枠を予約しながら「早い時間帯のキャンセルがあったら変更したい。」とお願いしておいたらキャンセルがでたとのことで13時からの枠でお願いできてありがたかったです。地方から出てこられるような方は今回の緊急事態宣言でキャンセルなさった方が多いかもしれませんね。

遅ればせながらNetflix申し込みました。「アマゾンプレミア で映画は見られるから」と思っていたのですが、お正月にメールをくださった知人が<愛の不時着>にハマったとのこと。それが昨年の流行語大賞に選ばれたことさえも知らなくて主人にまで呆れられてしまいました。ネットフリックスはオリジナル作品が多くてNetflixじゃないと見られなかったりするのですよね。クイーンズギャビットというチェスのドラマのシリーズを見終えて<愛の不時着>を見始めたところです。日本語吹き替えに切り替えたので字幕を見ずに済むのも助かります。(韓国ドラマファンには邪道だと言われてしまいそうですが。)数ある作品の中から自分の好みの作品を選びやすいのも気に入りました。1ヶ月800円以上の値打ちはあると実感。以前から持っているアップルテレビの操作でテレビで簡単に見られます。これまでアマゾンプレミアをパソコンやipadからテレビへのミラリングで見ていた私は感激。(もしかしたらアマゾンプレミア ももっと簡単に見られるのかもしれませんが)それにパソコンで見るのだと速度も選べて、洋画だとちょっと遅めにすると英語の聞き取りが俄然ラクになることも発見。逆にちょっとだけ早送りしながら見ることもできます。動きが不自然じゃ無い程度の見やすい速度変化も気に入りました。ステイホームでの楽しみが一つ増えた感じです。

 

 

 

|

2021年1月12日 (火)

パーソナルジムへ

「矢野先生のお写真、欲しい方にはメールに添付してお送りします。」と昨年書きました。100歳までウオーキングから送られてきたのをスキャンしたのはメールに添付するには重たそう。A4に上下二枚、学会で発表なさっている険しい表情の先生とマスクしているけれど笑顔の先生。笑顔の方だけ写真に撮ってみました。スマホメールにはそちらをお送りしようと思います。(PDFの圧縮の仕方がわからないので)パソコン受信で重たいファイルでも大丈夫という方にはPDFの方をお送りしようかと。矢野先生のお写真手元におきたいかたがおいででしたらお送りさせていただきます。ブログでの公開は無断でしてはいけないことのような気がしますので。本来、写真をお送りすることも、しては良くないことなのかもしれませんが、矢野先生を慕っている人たちと思いを分かち合うことは許していただけそうな気がいたしますので。乗馬にでかけたりするのでお返事するのに数日余裕みてくださいますように。

宛先:sky.lavender○mac.com ○を@に変えてください。

きょうパーソナルジムでした。右肩が痛くなっているのを訴えたら、腕の前側ばかりつかっている偏りで、二の腕(腕の後ろ側)をもっと使うようにということで、セラバンド(薄いゴムチューブ)を使っての運動をいくつか教わってきました。<のびのび君>の話をしたら、私が最近始めた体操は私には良くなかったようでガックリ。頑張って良くないことしていたなんて‥。肩が痛くなったのも、ひょっとしたらそのせいだったのかもしれません。「そういう人(良いと思ってよくないことをしている)多いですよ。」とのことでした。

インナーマッスルが使えていないということは温泉病院でも言われてきたことですが、きょうも指摘されました。姿勢保持するための筋肉の代わりに動作するべき筋肉を使って支えている。施術していただくのに寝ていたのですが、そういうときにもお腹に力が入っていると言われました。温泉病院でも「寝ている時も力がはいっている。」と言われてプールに浮くときに脱力するように力を抜いたことをブログにかいた記憶があります。それから進歩していないんですね。体の癖みたいなものかしらね。

大勢が出入りするトレーニングジムだとコロナ感染の予防難しそうだけれど、パーソナルジムでお互いにマスクをしているトレーナーと二人なので用心しながら何とか大丈夫ではないかと思って休まず続けています。相対のトレーニングはコロナの時期に控えたいという人もいるようでオンラインのズームで体を柔らかくする体操指導も始めるとのことで申し込んでみることにしました。

栄養指導も受けてみることにして三日間食べたものをすべて書き出して提出したところです。昨年のブログを読み返して、コロナ太りをなんとかしようと痩身で知られているような所に問い合わせたりしていたこと思い出しました。コロナ太りの2キロは戻せたのですが、そこから先が難しい。何年も前に問い合わせをした伊豆高原にある<やすらぎの里>という<優しい断食>をする宿からメールが届いて、メルマガをとるようになりました。伊豆高原に三軒もそういう施設を造ったのだそう。温泉もあるし自分をリセットする場として好評みたい。一週間のコースだけじゃなくて1泊や3泊などいろいろなコースがあって良さそう。ゆうゆうの里

 

 

|

2021年1月 9日 (土)

往復宅配便 /乾燥しています。湿度に注意。

緊急事態宣言でました。フルートの生徒さんたちも1ヶ月お休みになりました。来週、下田に行く予定にしていたので迷いましたが「埼玉から行ってもよいですか」と問い合わせをしたら「ぜひきてください」とのことだったので、最大の注意を払って出かけることにしました。私にとっては大事な足のリハビリで<不要>ではなくて<要>でもあると思った次第。昨年ステイホーム期間が長かったときに足の状態を一気に悪くして痛みまで出してしまったのでしたから。それにコロナの報道ばかりの日々にだんだん鬱々としてきそうで、私にとっては脚だけの問題ではなく自分をリセットする貴重な機会と思います。

旅行鞄転がして浦和駅から電車に乗るとヒンシュク買いそうなので、荷物を送ることにしました。パジャマや着替え洗面道具などコロコロバッグではなくコンパクトな鞄に詰めて送ります。最初乗馬クラブに送って預かっていただくつもりでしたが、ヤマト運輸で<往復便>という宿に送る割安で便利なものがあることを知りました。昨日、旅行鞄を入れる130円の袋と往復便の送り状を営業所でいただいてきました。この往復便は個人の家宛というのは無いのだそうです。実家に帰るので荷物を送るみたいなことはできません。乗馬クラブで荷物預かっていただくのだと、帰りにまたコンビニかどこかから発送しなくちゃならないわけですが、この往復便だと送り状一枚書くだけで宿まで届けてくれて、復路も回収に来てくれます。下田駅からのバスが前々回から変わって高いステップになってしまったので荷物持ち上げながら乗りおりするのが大変だったので、身軽で行けるのは助かります。私のカバンの大きさだと往復で2300円前後の送料のようで(もっと小さいと1800円ぐらい)、宅急便ってちょっとしたものを頼んでもそこそこの値段ですから旅行鞄のこのサービスは嬉しいです。コロナ終わってからも利用しようかしら?と思ったりしています。往復宅急便

話変わって、部屋の湿度をあげるためにここのところ我が家は鍋物が多いです。一昨日はすき焼き、昨日はミネストローネのようなポトフのような?もの。フルートの生徒さんからお歳暮でいただいた冷凍のアクアパッツアのセットは金目鯛にブロッコリやミニトマト、スープがセットになっていてシメに冷凍パスタまでついていました。 あさりを買い足して、テーブルの上で湯気を出しながらいただきました。部屋が乾燥して何もしないと湿度28%というとんでもない数値になります。空気清浄機と加湿器を兼ねたものを動かしても35%ぐらいから上がってきません。考えようによっては「動かしていないともっと下がる」ということなのかとも思うのですが。一番効果があるのはタオルを干すことで。床置きのエアコンの風の吹き出してくる辺りにタオルを数枚干しているのですが二時間もしないうちにカラカラになります。しょっちゅうタオル濡らしています。洗濯物もそこに干します。

寝るときは空調機を切りますが、そのときにもタオルを濡らして干しておき、お風呂の蓋も開けて放置しておくようにしてみたら朝起きてきたときの数値が43%ぐらいになっていました。今朝、窓をあけて空気入れ替えたらそれが39%まで下がってしまいました。外の湿度が低いということなのだと思います。寝室の暖房、寝るまではつけていて寝るときにや湯たんぽだけで暖房は切っているのですが、それでも枕元に一枚だけ干してあるタオルがほぼ乾いてしまいます。寝ている間にお肌が乾燥しそうで気をつけなければと思います。お肌にもウイルス対策にも湿度管理は大事。<ウイルス/湿度>で検索するといろいろな記事がみつかると思います。一つご紹介しておきます。コチラ

|

2021年1月 5日 (火)

習慣にすること/ラジオ体操

昨年の5月からラジオ体操を始めてこれまで続けてこられたのは「毎日ではなく、週に5日ぐらい」と思ったからのような気がします。仙台の"のんのんさん"と月曜日だけご一緒に体操してきましたが、それもゆるくて「明日は朝から出かけるのでパス」だったりドタキャンで「今朝はパタパタして忙しいのでパス」とお互いに無理をせずにしてきたのが良かった気がしています。HAY HOUSEの講座を受けている中で視聴者からの質問で「どうしたら習慣化できるか?」というのがありました。「雪の積もった所を最初に歩くのは大変だけれど、何度か同じところを歩いていると道ができてきて歩きやすくなる。(脳の中に回路ができてだったかしら?)それと似ている。」という回答でナルホドと思いました。

「今年は毎年ラジオ体操をしてみよう」と決めましたが、これも昨年の「週に5日ぐらい」という習慣化した上でだからできることだと思います。ラジオ体操で朝体をほぐすようにして生活を始めるのが楽しくなってきたのでできることみたい。今後は何か習慣化したいものがあったら「週に5日ぐらい」から始めてみようと思っています。ラジオ体操も長く続けてきたら、you-tubeでテレビ体操のピアノ伴奏を聞いて「弾き方が違うみたい?」と思いました。低い音の強度がラジオで聴いてきたより、ほんのちょっとだけ強め、アクセントがついているみたいな感じ。ラジオ体操の楽譜がネットにあったので自分で弾いてみようと思ってダウンロードしてみました。子供の頃からラジオ体操しているけれど「ピアノで弾いてみよう」という気になったのは初めて。ネットにピアノ伴奏者、体操指導者のプロフィールが写真とともに紹介されているのも親しみを感じます。それぞれの演奏者が心を込めて弾いてくださるピアノにのせてきょうもラジオ体操これからするところ。

昨日ご紹介したトレーナーのことは昨年おしえていただいて「ブログにアップしよう」と思いながらyou-tubeを載せるのがちょっと大変で遅くなりました。昨日が初めてのジムで「私もタキミカさんが開脚始めたのとほぼ同じ年齢なのでチャレンジしてみようかと思います」と言いました。年齢は別として頻度はおおいに関係あるので毎日のようにジムに通うのと週に一度では、家で続けるにしても効果は出にくいように思いますが、何はともあれ始めてみます。

今年は「足首を柔らかくしたい」というリクエストをしたら「足首と股関節はセット」ということと、(足首にある)距骨ハマるような方向で曲げなくちゃいけないのに、私は<膝を内側にいれるようにして足首をまげる癖がある>と指摘されました。その状態で足首回しをしていると捻挫しやすくなるようなことも。そうしてみると私は椅子に座っていても内股みたいにすわるので不自然な角度で床に足をついているのだと気がつきました。ラジオ体操の前に音楽に合わせて踵上げ下げしてイイ気になっていましたが、きょうから正しい角度でしなくちゃと思っている所です。ラジオ体操の時間です。体操の最後に「皆様きょうもお元気で1日をおすごしください」というような声をかけていただけるのも1日のスタートに良さそうな気がしています。

ではいざ、ラジオ体操!

|

2021年1月 3日 (日)

89歳のトレーナー

you-tubeから動画の貼り付けができなくて、見慣れない編集画面に変更して四苦八苦しています。 スポーツジムで、「87歳でインストラクターデビューして89歳の今も現役のトレーナーがいる」と教えていただきました。 you-tubeタキミカさんで検索するとたくさん動画があります。 65歳でトレーニング始めて15キロ痩せて、痩せてから開脚の練習始めたということのようです。 <諦めなければ>という言葉に励まされます。

|

2021年1月 1日 (金)

本年もどうぞよろしくお願いいたします

暮れのご挨拶もできないでいるうちに新年を迎えてしまいました。門松や玄関にお正月用のお花を飾ったぐらいで高いおせち料理なども買わずに質素で静かなお正月を迎えました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

時差があることは承知していますが、17時間時差のあるロサンゼルスはまだ12月31日でこれから新年を迎えるってなんだか不思議。太陽に顔を向けている側だけが陽があたっている地球、壮大な宇宙を感じます。

きょうは8時40分からのラジオ体操をし忘れて、you-tubeで第一第二体操をしました。今年は「ラジオ体操し忘れた!」と思い出した時点でyou-tubeで体操をしていこうと思います。カレンダーに体操をした日に印をつけたりつけなかったりしていたのを、今年は定刻にできたときは赤、後からyou-tubeでした時には緑のスタンプを押すことにしました。100円ショップで買ったクマさんの顔の4色のスタンプ、赤系統が3色に緑が1色なんです。1月が終わったらカレンダーのスタンプ公開してみようかしらと思います。ラジオ体操、以前はできなかった体操もできるようになって、今は第二体操の片足跳びと、体を回旋させる体操の右足側に体を倒すのだけができないので、年末までにはそれができるようになりたいと思います。

昨日、仕舞い込んであった<のびのび君>を使ってみました。矢野先生の笑顔を思い出していたら、ニコニコなさりながら「宮下先生がこういうもの作ったのだけれど使ってみますか?」と紹介してくださったことを思い出したからです。ちょうど「来年(つまり今年)は背中を柔らかくしたい」と思ったこともあります。「使い方のDVDも要りますか?」と言われたけれど内心「引っ張ればいいんでしょ?」と思って買ってきませんでした。昨日、ネットで使い方をいくつか紹介しているのをみたら<椅子に座ってバックリリース>という体操が私にはとても良さそうなのでした。のびのび君

今年は12時前に、できれば11時には寝床に入るようにしようと思います。できなくても「挫折しちゃった」みたいに思わないで「週に5日ぐらいはそうしていこう。」と思っています。リフォーム後、和室からベッドになっていたのを、またお布団に戻すことにしました。寝室はカーペットなのですがリフォーム前の琉球畳をとってあったのを敷いてその上に布団を敷いています。7月リフォーム後にベッドにしてからどうも足腰が弱ったような気がするものですから。温泉病院に行き始めたばかりのころ、他の患者さんが「旅館で布団から立ち上がるのが大変で転がっていって座卓などに手をついて立ち上がる」というのを聞いてナルホドと思ったこと、私も当時は「宿もベッドのほうが」と思っていたのだったと思い出しました。今は乗馬に行ってもフツウの旅館で問題はないのですが、布団から立ち上がるのが以前より大変になってきているような気がしてきたところでした。

あ、ロサンゼルスも新年です。A HAPPY NEW YEAR! 

 

Img_1408-1

 

|

2020年12月25日 (金)

今年最後の乗馬

今年最後の乗馬に下田に出かけて来ました。爪木崎の水仙祭りが12月20日から始まっていて駅に水仙の鉢植えが置かれていいました。3年前にこの水仙祭りに仙台ののんのんさんのお誘いで出かけたことが下田乗馬クラブに入会するきっかけになりました。センタードライデイングという<人にも馬にも優しい乗り方>があることを教えてくださった股関節症のTさんも「自分が教わっているインストラクターしか知らないのでレッスンを見学したい」ということで後から一人で来られて、のんのんさんと一緒のお部屋に泊まって意気投合。「その最初の体験レッスンのことをこの水仙祭りの時期には毎年思い出すのだろうなぁ」と思います。

踊り子は来年3月から車両が変わって全席指定になるのだそうです。中央線の特急が取り入れたシステムと同じになるみたい。何時の列車にのるかわからないときは決められた指定席ではない切符を買って空いている席に座るような、ちょっとわかりにくいシステム。私がいつも自由席にしているのは指定席より安いこともありますが、自由に席を選べるから。4人で座席向かい合わせにして賑やかなグループがいたら隣の車両に移ることもできるし、コロナの今の時期、なるべく周囲が空いている席の方が安心ですから。車両が今は新旧混在しています。旧型は10両ですが新型は9両編成。さくらさんが旧型車両で伊豆に行かれたときにあまりに古い型の車両におどろかれていました。今は新旧両方の車両が同じ料金でなんだか不公平な気がしていました。現在は乗る時間が決まっているので行きは新型、帰りは旧型なのです。すべて新型車両になると良いのにと思っていたので願いがかなって嬉しいです。

乗馬は行く時はいつも「通うの大変だし、そろそろ終わりにしようかしら。」と思うのですが、行くと「これを辞めたら私の股関節症は進行するだろう」「こんなに自分に合った乗馬クラブは国内どこにも無いだろう。出会えたことが奇跡のよう。頑張って続けて行こう」と思います。前の乗馬クラブに居たら私に合ったお馬さんが居なくなってしまったこと他で乗馬を辞めていたと思います。本当に良い時期に南伊豆の乗馬クラブと出会えました。きょうは心地よい筋肉痛、それだけ日頃、筋肉使っていないのですよね。下田の駅前の徳蔵丸で大量に買ったものを持ち帰ったこともあって帰宅して荷物を測ってみたら15キロ。転がしているとはいっても路線バスに乗る時などはヨイショと高いステップ荷物もちあげるわけだから(徳蔵丸の買い物する前だと12キロぐらい?)それで行きたいところに行けるのだから手術しなくてもいいんじゃない?と思います。

帰宅したら、100歳までウオーキングの会から、会長の矢野先生ご逝去のお知らせが来ていました。名誉会長の宮下先生の弔文、それに矢野先生の2019年のお写真が二枚A4の用紙の上下に印刷されたもの。2019年の7月の学会での発表をする厳しい表情の写真と、7月のお誕生日に写した診察室での笑顔の写真。笑顔の方はマスクをなさっていますが「いつもこの笑顔で励ましてくださっていた」と思ったらまた涙。矢野先生と自分のツーショット、最初にウオーキングの会が石和で開催されたときにお願いして撮ったものが一枚だけあります。この笑顔のお写真を手元に置くことができただけでも100歳までウオーキング継続していて良かったと思いました。このお写真があれば保存療法でのりきれる!と思いました。矢野先生のこのお写真、欲しい方が居たらスキャンしたものを添付してお送りさせていただきます。年内いろいろ予定があって気忙しいので来年、メールアドレスを載せますのでそれからということで。

松本先生の股関節症のサロンは、ブログの中の赤い文字をクリックすると詳細が書いてありました。月々1500円(税込1650円)の会費とのこと。ブログで日頃発信してくださっている以上の価値ある情報が得られるのかしら?と思ったりもしますが、松本先生のファンクラブのような感じ、銀サロを支援しながら股関節症仲間と交流するということなのかしらね。股関節症でも銀サロという共通項があるわけだし価値観を共にする人たちが集うことになるから良いのかもしれませんね。私は2022年の何かが始まるまで様子見かしら。ネットは今、いろいろなオンライン講座を(ZOOMを含む)受講したりでパソコンに向き合う時間が長いので、なるべくパソコン使う時間を減らそうとしているところなものですから。Facebookやツイッター、インスタも避けているぐらいなので。入会された方に「どんな感じか教えてね。」といいたいところですが、入会の条件に守秘義務つきなので「こんなこと教えていただけた。」とは言えないみたい。そういう縛りが私は苦手「こんな良いこと教えてもらえたのよ。」と他の人に話したくなる方だから入会資格無さそうです〜。

|

2020年12月21日 (月)

来年はお月さまともっとお近づきになろうと思います

矢野先生のご逝去に次いで保存療法の先輩のSさんが手術予約入れられたことでショックを受けているところに、さらに同じ頃に知り合ったKさんも3月に手術予約を入れられたと知ってトリプルパンチ。診察をしていただいた先生から「末期で将来的に手術は免れない」と言われたのだそうです。<いずれ手術>ということになるのなら、早く手術したほうが良い状態の股関節で今後の人生の長い時間過ごせるわけですものね。先輩のSさんが「私たちが知り合った15年前に手術していたとしたら再置換をする時期になったはず、一回分手術しないで済んだので保存療法が無駄だったとは思わない」と言われていました。(当時の人工関節は15年しか持たないということでしたから。)入院期間も短くなっているようですものね。

銀座で股関節専門の施術を最初に始められた松本先生が<オンラインでの股関節患者さんのサロン>を始められるのだそう。スマホとクレジットカードが必要ということで「有料なのね。いくらなのかしら?」「どんなことするの?」と近々銀サロに行く人に詳細を聞いて来ていただくことにしました。

きょうトレーニングジムでしたので「以前より跛行が酷くなった気がする。片足づつ荷重するのに患足荷重がうまくできないのはどうしたものだろうか?」と聞いてみたら、「後ろからちょっと観察してみてください」と私の腰が流れてしまうような歩き方を真似て歩いて「どう思います?」聞かれたので「あきらかに中臀筋ですね。」一般的に中臀筋の鍛え方というと横向きに寝て足上げみたいなことだけれど、それは<荷重しない状態での体操で実際に歩くときに支えとするには効果的ではない>ということで、私の現状に合った体操を教えてくださいました。文字で説明できないばかりか自分でも覚える自信がなくて動画を撮らせてもらって来ました。

何を聞いても嫌な顔しないで親切に回答くださるので有り難いです。自信もあるのだと思います。保存療法の大黒柱のような矢野先生が居なくなってしまって心もとない気がしますけれど、こちらのトレーナーとの出会いで新たな局面(今流行のphase)に移ったのだと思います。

moonlogyというウエビナー(webのセミナー)が時差の関係で日本時間の朝5時からあって頑張って一回目を聴講。講座の後、24時間限定でオンラインで見られるとのことで翌日からの二日間は通常の昼間に見ました。三日間の無料の講座。最終日にもっと詳しく学べるオンラインコースの紹介があって「今申し込むと399ドルのところ199ドル、200ドルもお得!」というような言葉に惹かれて申し込んでただいま聴講中です。moonlogy は提唱者の造語だと思うのですが、お月様と一緒に願いを現実化していくようなスピリチュアルなこと。海水に満ち潮引き潮があるように私たちの体も大半が水分なのだし、お月様の影響を多大に受けているはずということ。これまでも<新月の願い>は気が向くと書き出したりしてきましたが、同じ新月でも<どの星座で迎えた新月か>で得意分野が違うということになっています。例えば先週射手座で迎えた新月では、射手座の性格の旅行とか冒険とか、働き過ぎないで楽しむことを取り入れるとか‥みたいなこと。

来年はもっとお月様と向き合って暮らしていこうとアマゾンでお月様のカレンダーも注文したところです。お月様の満ち欠けをカレンダーにしたものがたくさん出ていてびっくり。明日届く予定なので楽しみにしています。卓上カレンダーにしてみました。

 

|

2020年12月18日 (金)

ノルデイック ウオーキングを続けます

矢野先生のご逝去、あまりに突然で現実のこととは思えずにおりましたが、数日してから「二度と矢野先生から励ましの言葉はいただけないのだ。あの笑顔も二度と見られなくなってしまった。」と思ったら涙が溢れてさめざめ泣きました。矢野先生が考案された(と思います)湾曲したノルデイックポールを持って浦和郊外の公園に行って矢野先生をしのびながら歩いたり。私はその前に某トレーナーの勧めで購入したノルデイック ポールもあるのでそれは屋内で使ってみることにしました。要は矢野先生の遺志「100歳まで歩ける」ことを目標に、もっとノルデイック ポールを使っていこうと思うようになりました。

温泉病院に入院の経験のある方々は入院期間中に親しい股関節仲間ができますが、私は入院したことがないので、股関節症の先輩で銀サロで知り合ったSさんを中心にした6人姉妹のような会を心のよりどころにしてきました。そのお仲間にラインで矢野先生ご逝去のお知らせをしたら、長女格のSさんが3月に人工関節の手術を申し込まれているとのことでショック。おでかけがお好きな方でご旅行や美術館巡りのようなことをなさっていたのにこのコロナでのステイホームで状態が悪くなられたようです。私も同様でしたから状況はよくわかります。妹分(?)の一人は圧迫骨折をなさっているとのこと。「股関節症に加えて圧迫骨折で痛みがある」なんて考えただけでも大変。ネットで圧迫骨折について調べたりしておりました。

富士温泉病院に通い始めて「このままの状態でも(これ以上改善しなくても)満足」と思いながら病院の玄関を出た日のことが鮮明に思い出されます。あれは最初の作業療法の先生の頃なので(その後、お二人担当が代わっています)温泉病院に通い始めて1、2年のことのように思います。それまではペインクリニックを検索して、交通手段も検索したりしていたのに「あれ?どこだっけ?」と一所懸命思い出したら加茂整形外科というところでした。まだブログ読んでいないのですが、全部読み終えてからだと時間がかかるのでリンクしておきますね。サイトの右脇に読んでみたくなるような本が何冊かありました。図書館にあるかしら?痛みが解消した私としては、どうして他の患者さんたちの痛みが解消しないのかが不思議なのです。心理的な影響も大きそう。ブログよりこちらの方が良さそう。下の方にずっとずっとスクロールして痛みのサイクルのような図が良いと思います。加茂整形外科ホームページ

このブログの右に富士温泉病院のリンク貼ってありますが、矢野先生がいなくなってしまった後の富士温泉病院がどうなのか、近々温泉病院に行かれる方たちのお話をうかがって考えたいと思います。駆け込み寺的な意味合いでは、巣鴨の均整センターとか、吉祥寺の大原先生、銀座の松本先生に行かれている知人も多いので、リンク貼ろうかしら?と思ったりしているところです。

「歩容を治したい」と口では言いながらも、内心「痛みはないのだし、特に不自由なこともないし、今の状態のままで満足」と思ってしまっていることが改善しない1番の理由だとここで猛反省しました。さらに改善させるべく作戦を立てようと思っているところです。せっかく良いトレーナーと出会ったのですし、疑問もたくさんぶつけてみようと思います。まずは、「歩行は片足づつ交代に重心を移すもの。私が右足一本で立っていられないのは、どこの筋肉が衰えている?働いていないのか?」を聞いてくるつもり。

 

|

2020年12月11日 (金)

矢野先生ご逝去

昨日の朝、富士温泉病院の矢野先生が急逝なさいました。前日までお元気で診察なさっていたそうです。お知らせいただき呆然。30年来矢野先生の患者さんで一番親しかったと思われる方にお電話してみました。矢野先生の秘書のような存在のKさんから直接お知らせいただいたとのことで、状況を詳しく話してくださいました。その方は「これだけ患者さんたちに慕われて、矢野先生は医者冥利につきると思う。もともと『自分は走り続けながら(現役で)亡くなる』と話されていたのだということもうかがって、少し気持ちが落ち着きました。78歳?かなり前に大病をなさっているのでよく激務をなさってこられたと思ったりもいたします。

でもお知らせくださった方への折り返しのメールは尻切れとんぼのヘンテコリンなもので「メールはだめそう。ブログにも文章を書かない方が良さそう。」と思いました。温泉病院につい最近11月に入院なさっていた方や野のゆりさんと電話で話したりもしました。

私は今年2月1日(土)股関節外来で診ていただいたのが最後になりました。「半年に一度のペースで」と思って8月の予約を入れて帰ってきたのですがコロナでキャンセルしてしまったので。作業療法の先生はそれを最後に「故郷に帰ります」ということでお別れし、その後、病院の体制が変わって理学療法の先生も担当が変わったという連絡を受けて「あらら〜」と思っておりました。三上先生という方に昨年の12月に一度診ていただいて温厚な良い先生でしたけれど10年来診ていただいてきた矢野先生が居なくなられてしまったことで「今後どうしよう」と思っているところです。

2月に診ていただいたときには、ジグリングの井上先生が亡くなられたことを悲しまれていて「同じ保存療法に理解のあるドクターが居なくなってしまって本当に残念」と嘆かれていました。その矢野先生ご自身が亡くなられてしまったなんて。私は矢野先生からレントゲン写真を見ても骨頭の縁が綺麗に整って良くなってきたり「自己管理がよくできています。あと30年は持たせなくちゃならないから大事に使っていくように。」とニコニコなさりながら励ましていただいておりました。先日<100歳までウオーキング>のお知らせが来た時に「富士温泉病院から足が遠のいてもこちらの会で矢野先生と繋がっていられる。」と思ったのでした。

最初に電話した人に話戻ります。彼女の話ではここ数年で人工関節の手術は素晴らしく良くなった。これからは手術の時代。矢野先生の保存療法はますます先細りになったはず。そういう意味では良い時期に逝かれたのかもしれないというようなことも話されていました。確かに私がこのブログを始めた頃には「人工関節は15年ぐらいしか持たない。再置換になるので60才すぎてから」と言われていましたし、このブログに私が手術しない理由としてお会いした人工関節の方の禁忌動作やできない動作が多かった、特にショックだったのは足が開かないから公共機関(バスの高いステップやホームと電車の間が離れているようなところ)がダメで運転免許を取られたということ。温泉浴場にあるような低い椅子もダメということなどなど。今はそういうことは全く無くなっていますものね。入院期間も短くなっています。なにもかも良くなっています。

なんだか保存療法を続けている自分が<時代遅れの遺物>みたいな気がしてきちゃったりもいたします。でも矢野先生を信じて自己管理をつづけた結果、せっかく痛みもなくなったのだし、特に生活の中で不自由を感じることもないのだから、私はこのまま保存で行こうと思っています。でも「手術との間で迷っている方の足をひっぱりたくないなぁ」と思っています。

 

 

|

2020年12月 7日 (月)

昨日のつづきをちょっと

股関節症のブログなので股関節症のことも書いておこうと思います。先日、久しぶりに電話で話した方から「何が良くなった要因か」と聴かれた時に「アラインメントを整えるということを温泉病院で知ってからのような気がする。」と話しました。痛いのでかばって歩いているうちに体の歪みを増してしまったようなことで、歩けば歩くほど歪みを増してしまうような。ニワトリが先か卵が先かみたいな話になりますが、痛みをとらないと変な歩き方は治らないし‥ということで難しいですが。変な使い方をして使いすぎて硬くなった筋肉をゆるめたり、縮んでしまった筋肉を伸ばしたり、寝てしまって使えなくなっている筋肉を揺り起こすようなことはやっぱりプロの手が必要なのかもしれません。

〜〜

昨日、中世の英国を舞台にした<恋するエマ>を見ていると書きました。四話しかないのでを昨日すべて見終わりました。第三話は舞踏会が開かれて当時の音楽に合わせて優美な舞踏、王宮のような豪華な部屋での舞踏会のシーンは映画でもよくありますが、村の建物でというのは珍しく、後日また見てみようと思います。こんなふうに「もう一度見たい」というぐらい好きになる作品ってあまりありません。今でも日常的に聴かれているような英国発祥の音楽が当時の楽器伴奏で奏でられたり歌われたりする場面があるのも、馬車や馬が交通手段としてたくさん登場するのも馬好きな私には嬉しいです。

貴族の乗る馬車なのでシンデレラが乗るような馬車。映画で乗合馬車のようなのが出ることはあってもこんな素敵な馬車は滅多に見られないような気がします。前後に御者が立っていたり、前に二人立っていたりするスタイル。到着すると御者がドアを開けてくださるのです。乗馬を始めてから乗馬にはウエスタンとブリテイッシュとあって、乗馬鞍も違うことを知りました。ウエスタンはカウボーイが使う縄をしばるような角のようなものがついていますし鎧も全く違います。衛星放送で週に一度西部劇の名作を放送しているのを録画してあって、クリントイーストウッドやジョンウエインが登場するような西部劇も時々見ています。アランドロンが出演した<テキサス>や邦題はあまり良くないけれど<真昼の死闘>もシャリーマクレーンが乗るロバも可愛いかったしユーモアたっぷりで面白かったです。西部劇でも馬がたくさん登場しますものね。

<恋するエマ>に話戻ります。主人公の信頼する相手方にはエレメンタリーでシャーロックを演じていた俳優さん(ジョニー リー ミラー)がシャーロッック役の時よりずっと素敵。主人公のお父様役にはハリーポッターに出演していた俳優さんが。映画俳優の名前を覚えないのは覚える気がないからなのかもしれません。カタカナの外国人名はどうも覚えられません。

追伸:huluでもみられるようです。二週間無料の のお試しもあります。何回か映画化されているようでyou-tubeには私が見たのと違う映画もありました。

https://www.hulu.jp/watch/60187542

 

 

 

 

|

«100歳までウオーキング ホームページができました