« DR.CAILLIETの痛みと機能障害の本 | トップページ | 湯治レポート現地報告 その1・ワッツのことなど »

2007年4月18日 (水)

減量/経過報告

55キロから56キロ周辺をいったりきたりしている体重を連休明けまでに52キロ切るぐらいまでに減量すると1月17日の日記で宣言しました。良い感じで少しづつ減って来ていたのがフランス旅行でまたすっかり元に戻ってしまってイチからやり直し。なかなか減らないので困っていた所にインフルエンザで玄米粥の生活をしていたら53キロ近くまで減っていました。インフルエンザは辛かったけれど体重が落ちたことだけは嬉しかった。現在少し増えて来て53、5キロ前後。

湯治に行ったら体重を目標の52キロに落として来ようと思います。具体的にどうするつもりとかというと、私が申し込んだ<一週間お部屋に滞在する権利を買い取る>バカンス倶楽部というのは食事は基本的についていなくて毎回申し込むことになっています。ミニキッチンがついていて自炊も出来るので、夜はおそばやレトルトの玄米粥などに納豆とかちょっとしたサラダというようなことにしてみようかと。夜あまり食べなければ体重は落ちます。斎藤ホテルで知り合ったホテル住まいの方の自伝をお借りした時に、その本に健康管理のことも色々書いてあって、体重が増えたと思ったら<翌日のうちに>夜ご飯をほとんど食べないようなことで調整してしまうということが書いてありました。

斎藤ホテルの食事は美味しいので毎回自炊というのも寂しいですから何回かはホテルでの夕食もいただこうとおもいますが、そういうときには食後にプールで運動をするようにしようと思います。

一週間の湯治で足にどういう効果があるかは行ってみなければわかりませんが、一日に3回ぐらい温泉につかって身体を温めること、前回お世話になったトレーナーにみていただくこと、自分でもお風呂上がりに柔軟体操など(日頃忙しくてなかなかゆっくり出来ないけれど)入院したつもりで専念してみようと思います。一週間ですっかりよくなるとまでは思っていませんが、上向きであれば、二泊三日でも年に何回か行ってみようと思っています。今回検索していたら鹿教湯のクアハウスかどこかの投稿に変形股関節症がラクになったような書き込みを見かけて嬉しくなりました。鹿教湯はもともと中風に効くということで有名な温泉です。

前に温泉を沢山検索したなかに自然食でデトックスやダイエットもできる湯河原の温泉もみつけので、そちらも関心もっているところです。斎藤ホテルも一汁三菜を始めたというニュースレターもいただいたのでそれも興味もっています。

「湯治に行ってどうなるの?」と思われる方もいると思いますけれど、漫然と足が悪くなるのを待つようなことだけはしたくないのです。何かアクションを起していたい。テニスでいえば相手に振り回されているのでなく自分から打っていくような姿勢で変形股関節症とむきあっていたいのです。湯治もその一つです。手をこまねいているよりは何でも良いと思ったことはしてみようと思います。一週間の湯治というのは私としてはかなり思い切ったこと(時間とお金)ですが、温泉病院などに入院するのと気持ちの上でほぼ同列に考えています。

|

« DR.CAILLIETの痛みと機能障害の本 | トップページ | 湯治レポート現地報告 その1・ワッツのことなど »

コメント

伊豆の温泉から帰りました。昨夜は雨風はげしく嵐のようでしたが、温泉は快適でした。
今回の温泉はひととき雑事から離れられる息抜きの時間でした。っていつも息抜きばかりの日々ですが・・汗汗。
普段からお忙しい日々をお過ごしのラベンダーさんは湯治にもアクティブな考え方をなさるのでひたすら感心!見習わなくては・・。

ダイエット、目標に近ずいているのですね。うらやましい。
私は太ったのがわかるので勇気がなくて体重計を横目で見ています。
せめて計るだけダイエットを決心した時の体重に戻りたいのですが、この時期は大好きな筍ご飯の誘惑が待っているのです。あ~ぁ。

投稿: さくら | 2007年4月20日 (金) 01時21分

さくらさん、おかえりなさい!<ひととき雑事を離れられる>って本当にそうですよね〜。豊かな自然と温泉とおさんどん無しの生活と。

計るだけダイエット、それまでの200グラム単位の体重計から100グラム単位に買い替えたのは、さくらさんの影響大。お会いした時に「100グラムの体重計を購入して早速始めましたのよ。」とおっしゃっていて、私も「やっぱり続けるなら100グラム単位にしようかしら」と思ったのでした。(あら、これは本文にも書いておこうかしら)それで、やはり効果は違うと思いました。100グラムの変化はすぐ出るので張り合いになるので効果倍増という気がしました。さくらさんのおかげ!

さくらさんは銀サロに行かれるようになって体重も落ちて来られたということでしたもの、大丈夫ですよ、きっと。でもタケノコご飯の誘惑はコワいですね〜。美味しいからいくらでも食べられそうですものね。あら!今すぐにでも食べたくなって来ちゃいました。(笑)

投稿: RE:さくらさんへ | 2007年4月21日 (土) 08時11分

ラベンダーさん、そろそろ斉藤ホテル到着のころでしょうか。
あかはねさんにも会えて再会をよろこんでいらっしゃるころかしら。
今回はしっかりゆっくり湯治なさってきてくださいね。
あかはねさん吉川トレーナーさんによろしくお伝えくださいね。
ラベンダーさんの湯治レポート楽しみにしていますよ。

投稿: さくら | 2007年4月21日 (土) 15時14分

お返事遅れてごめんなさ~い!湯治先で持ってきたパソコンで書くのはなかなかキビシイことがわかりました。

図書室の低いほうのテーブルで正座して書いているのです。私が居る部屋にも高い机とかテーブルが無いのです。図書室の高い方のテーブルは御利用者が居て。こういうことも実際来て見ないとわかりませんね。

吉川トレーナーさんにさくらさんからヨロシクを昨日お伝えいたしました。さくらさんのこと、勿論ちゃんと覚えていましたよ。

投稿: RE:さくらさんへ | 2007年4月23日 (月) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DR.CAILLIETの痛みと機能障害の本 | トップページ | 湯治レポート現地報告 その1・ワッツのことなど »