« 第十一回 | トップページ | 手術を決めるとき »

2007年5月26日 (土)

第十二回

100項目書きながら自分で気がついたことに、<何かをする>ということだと、とても100ものことを続けることは出来そうにありません。例えば、一日のうちに「エアロバイクを30分こいでバランスボールを30分、ストレッチポールの上に15分横になって、ぶら下がり健康器具にぶらさがって、マッサージベルトでお腹をブルンブルンして、腹筋や床に寝て腰を持ち上げる体操もして、ストレッチもいくつかして‥」なんていうのは、入院でもしていてリハビリだけが日課でしたら出来るかもしれませんが、フツウに生活しながらではとても無理。

<身体を冷やさない>というような<心がけ>のようなものでしたら、かなりのものが重なっても大丈夫。身体を冷やさないということで思い出したのですが、浦和の整体の松本先生の患者さんでいくら整体をしても良くならなかった人が「ビールは身体を冷やすからやめてみるように。」と前々から言っていたのを渋々守ったら身体の調子がすこぶる良くなった人がいるのだそうです。(股関節の話ではなくて体調がすぐれないというようなことではあるのですけれど。)それで松本先生が「アナタ(私です)も陰の体質なのでビールはやめた方が良いのだ。」と言われました。

それで、「どうしても生ビールが」というような場合以外は日本酒、それも燗酒にした時期がありました。コレは数週間しか続きませんでした。これは温度だけのことではなくて、麦から出来ているかお米から出来ているかということもあるのだそうです。(浦和の)松本先生によれば(他の色々な本にも書いてありますが)土の中の物、大根とか人参とか芋類とかは身体を温める、土から離れてなる果物などは身体を冷やす。あるいは南洋の果物等は身体を冷やすというような説です。「こういう食べ物の陰陽は昨今言われ始めたことだ。」という説も聞いたことがありますから信じるか信じないかは各自におまかせしますが、私自身は「暑い土地の果物は身体を冷やすようにできているのだろう。そんな風に食べ物にも陰陽があるのかもしれない。」と思うのです。

それを思い出して<主人は「とりあえずビール」というようなとき>にも、私はぬる燗のお酒にしてみようかと思っています。(我が家は毎晩のように主人が晩酌、わたしもお付き合いで飲むことが多いので。)先日、近所に出来たばかりの居酒屋さんに行った時に、私がお燗を頼んだら、最近亡くなられた日本酒の大御所が「酒は純米、燗ならなおよし」と言われたのだということで、杯の底にその文章が刻まれていました。最近冷酒ブームですが、本来吟醸酒というのはお燗をしても美味しいはずなのだそうです。温泉の偽物みたいなことを最近知ったばかりですが、そうしてみると消費者として日本酒でも「吟醸酒はお燗をするとまずくなる」と偽りの知識に踊らされていたことになります。

‥とお酒のことを長々書いたのは、ブログでお知り合いになった○○さんがかなりの酒豪であると聞き知ったからでもあるのですけれど‥。どうしてもビールという人は別として、日本の伝統文化である日本酒をみなおしてみてもよいのでは無いでしょうか。この項のまとめになります。

その34  お酒はなるべく日本酒、それもお燗にする  ☆☆☆(おすすめとは思うけれど夏場はツライものがある)

日本酒は健康にも美容にも良いということを紹介してあるページ
股関節にもちょっとは良いのではないのかなぁ。(願望デス)マッサージと同じように筋肉のコリをほぐすと書いてあるのだけれど‥どうなのでしょうか。

http://www.japansake.or.jp/sake/horoyoi/index.html

その35  靴の補高とヒールクッション  ☆☆☆☆☆

台所に(短い方の)右足だけサンダル置いて作業していると書きました。でも配膳などのために台所出たり入ったりするときにコレを履いたままダイニングに行って、食事のときに椅子に座ってサンダル脱いじゃってそのままになってしまったりすることがありました。台所に片方だけサンダルが置いてある分には<作業するためだ>と思っているのでまだ良いのですが、テーブルの下に片方だけサンダルが置いてあるのはなんだかとっても変。

フットケア(マッサージ)のお店に行って、足のケア用品を眺めていたら、<脚長ハーフインソール>(あしながと読みます。)というのがあって2センチメートル補高できるものがありました。一般の人が背をスラリと見せるためのものです。コレを買って来て家で履いている(前に書いた)看護婦さん用のサンダルに右だけ貼ってみたら、なかなか良さそう。靴に入れるのですと踵が2センチも上がる分、深いくつじゃないと難しいかもしれません。まだ試したばかりですが、ご紹介だけしておきます。yahoo などでも購入できます。一番図がわかりやすいところをリンクしておきます。http://www.footcare-goods.com/247/asinagaharf247.html前に補高靴を作ってもらったけれど、<踏み返し>が無かったり色々と不都合があって「こんな靴を履いていると足を悪くする」と銀サロの松本先生、フットケアのお店の人に言われて処分したことを書きました。その靴の補高が2センチ弱だったのです。それでとても高い値段だったことを思うと、この脚長インソールは嬉しい。ただクッションは良くありません。もとがクッションの良い看護婦さん用の靴だから良いのであって、フツウの靴にいれて長く歩くのはどんなものだろうかと思います。フットケアのお店の人は、「その上にさらにシリコンヒールクッションのようなものを入れた方がいいかもしれない。。」と言っていました。

これは同じ店で以前勧められ使ってみてなかなか良いので色々な靴に入れています。厚さは数ミリなので補高という意味合いはそれほどでもありませんが、着地するときに衝撃をやわらげるので股関節に優しいような気がしています。東急ハンズのようなところでも、きっと探してみると色々足に優しい商品ありそうですよね。

MOVI シリコンヒールクッション L MOVI シリコンヒールクッション L

発売日:2003/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 第十一回 | トップページ | 手術を決めるとき »

コメント

最初の7行笑いました。
そりゃー全部やってたら身体がいくつあっても(笑)。
おもいっきりTVなどでも、1日にコーヒーを何杯飲むのがいいとかココアが何杯とか納豆を・・・etc・・・毎日身体に良い食材を取り上げてましたけど、全部それ食べたらどんだけ食べるの!?って思ってました(笑)。
それと同じですかね。

それに私なんて、決めたことを実行出来るような人間だったら今頃もっとスバラシイ人生を送ってることでしょう(^^;)。

毎日どれか股関節に良いことを1つでもやれたらいいかと!
今日は自転車たくさんこぎました。

投稿: ぷりん | 2007年5月27日 (日) 01時16分

「体を冷やさないこと」これ、股関節に、だけでなく大切なことのようですね。

一時期 東洋医学整形のようなところに通っていたことがあるのですが(いまは行っていません。先生のおっしゃることは すごくいいことばかりだったのだけど、施術がわたしには合いませんでした)
そこでもアルコールはやめなくてもいいから ビール(わたしの場合発泡酒でしたが)はやめるように言われました。

で、焼酎のお湯割を飲んでるのですが、これからの季節、、、やっぱ 一番美味しいのは ビールなんですよね・・・(^_^;)

酒豪のお知り合い、、どなたか存じませんが(笑) わたし、、、日本酒は なぜか飲まないんです。。


投稿: 万華鏡 | 2007年5月27日 (日) 15時14分

ぷりんさん、「毎日、股関節に良いことを1つでも」って同感!それが二つだったらもっと良い‥みたいな気楽な気持ちで。何しろ短距離決戦ではなくてマラソンみたいに長期戦ですものね。

私の場合、エアロバイクこぐのも飽きちゃうので落語のCDとかラジオ番組とか聞きながらです。外を走る自転車だと景色が変るから良いですよね。

投稿: RE:ぷりんさんへ | 2007年5月27日 (日) 20時58分

万華鏡さん、私も家ではビールではなく発泡酒。ギンギンに冷えたのを飲むのが好きで、やっぱりコレは身体を冷やすのだろうな‥とおもいながらなかなかやめられずにいました。焼酎のお湯割りというのも身体を温めそうで良さそうですね。万華鏡さんは日本酒は召し上がらないのでしたか‥。

ビールをやめた方が良いと言われたのが私だけじゃないと知って、ブログに書いてみて良かったと思いました。これからは生ビールが美味しい時期ですから、難しいけれど、極力ビールやめてみようと思います。


投稿: RE:万華鏡さんへ | 2007年5月27日 (日) 21時05分

お久しぶりです。

私はもともとそれほど飲めないのですが、冬にはお燗したお酒も好きなので、お猪口に3杯ぐらいを夕食時に飲んだことがありました。すると、その晩はなんだか股関節のまわりの痛みが軽くなったような気がしたことがあります。血液の循環もよくなったし、緊張もほぐれたんですね。(安上がりな体質です。)

日本酒のリンク先でお肌にいいとかお風呂もいいとか書いてありますが、昔、まだ股関節なんてなんともなかった頃に試したこともありました。ものぐさなので続きませんでしたが。煮魚にはかなりドボドボと使いますし、中華のときにも使ってしまいます。これはおいしくなりますしね。

ついでですが、私はあまり飲めないので、お酒のときは必ず水を一緒に頼みます。お酒と水を交互に飲んでいます。これも日本酒のリンク先に書いてあって、あら私がやっていることだわ、と思いました。

ラベンダーさんの記事のおかげで、痛みが軽くなったことに納得しました。ありがとうございました。身体を冷やしたくないので、ビールは控えるようにしたいと思います。

投稿: mmk | 2007年5月27日 (日) 23時32分

mmkさん、日本酒飲まれて股関節痛が薄らいだような体験をお持ちなんて、心強いです〜。やっぱり血行がよくなるから体質によってはそういうこともあるのですね。

お酒のことって、変形股関節症のブログにちょっと浮いちゃうかな〜とも思ったのですが、でも<思いついたことは書き留めておく>という方針で書いてみて良かったです。ヨガの先生に言われて私も一度だけお風呂にドボドボ日本酒入れたことあったのですが、勿体なくてその一度きりでした。

お料理には私も入れます。あ!そうですよね。身体があたたまるのだったらお料理にも積極的に使った方が良さそうですね!それだったらお酒飲まない人でも生活に取り込めますものね。

投稿: RE;mmkさんへ | 2007年5月28日 (月) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第十一回 | トップページ | 手術を決めるとき »