« 第13回 | トップページ | お風呂場での足湯のための板 »

2007年6月 3日 (日)

第14回

きょう日曜大工の店に行って<浴槽の上に置いて足湯をするための板>を買ってきました。切らなくてもちょうどピッタリのものがありました。画像のアップというのがこちらのブログではイマイチわからずにいるのですけれど、後で何とか画像で様子をご紹介できたらと思います。

家電量販店に寄ったら、<スチームで足浴、コップ一杯の水でできます>というようなものが一万円代で出ていました。まあ、色々な商品が出回っていること…と思います。今、足湯はブームで、温泉地などでも無料の足湯をあちらこちらにつくっているようですものね。私が足湯に興味を持ったのは、ブームになるずっと前のことで、エドガーケイシーのことを紹介した本の中だったと思います。

エドガーケイシーという人は1945年に亡くなった人ですが、心霊と交流できるということで、高級霊のような存在から聞いた様々な治療法を残しています。これについても後日書くかもしれません。先日読み返してみたら、関節炎や脊柱に問題があるひとに小麦胚芽油を勧めている箇所がありました。小麦胚芽油も試してみようかしらと思って見たりしている所です。関節のことについても他に色々な療法が載っているのですが、温熱パックやら大げさになるものが多くて、なかなか試してみるところまでいきません。

私がもっている本は1995年のものですが、この本の前に知人が数冊ケイシーの本を貸してくれました。貸していただいたのと同じ本が書店に無かったので、分かりやすく書かれた本を買ったのでしたけれど、図書館でもういちどエドガーケイシーの本を読み直してみたくなりました。私が持っている本がまだあるかと思って検索してみたらありましたので後で紹介しておきます。

電気店に先日軽井沢で使った機械と同じ物が置いてあったので名称がわかりました。エクササイズマシーン、DEIETTRAINER EFFECTというものです。街角で最近みかける看板で<このマシンに立っているだけで××分ジョギングしたのと同じだけカロリーを消費します。会費月々××円>というのがありますが、きっとこういう機械のことなのだろうなと想像しています。20万もする機械ですしそれこそかさばるので家にまで置く人は少ないと思いますが、300円の使用料で(身体障害者手帳があれば200円)こういう機械も使える軽井沢町の施設はなかなかだと思います。

つづきを書きます。

その38   低周波治療器  ☆☆☆☆
これは、かなり前にカード会社のポイントをためてもらったもので、実は最近まで乾電池が切れて放ってありました。(小判型をした粘着性のものを二カ所体にはり、コードで繋がったI-POD ぐらいの小型の操作機で低周波が流れるもの。)でも「梨状筋」あたりに貼付けて使ってみたら、結構良いように思います。私は<たたく>というより<もむ>という方があっていました。あえて買うことはお勧めしませんが、私が使っている物の紹介ということで載せておきます。

こういう商品って、例えばストレッチポールは「道具としてはお勧めだけれど、家に置いておくのはかさばる」というデメリットがあるわけですが、それに比べるとコレはかさばらなくて値段もそうしないのは良いと思うのだけれど、チリチリ、チクチク感がイヤな人はダメだろうと思うのです。それで、それについて興味深いページがあったのでご紹介しておきたくなりました。つまりこの低周波治療器を使った感想というのが集まっているページです。これをみると、「この1つの方法についてかくも意見、感想が分かれるのか‥」と感心(?)してしまいます。

http://www.kingdom.or.jp/nanchie/html/09/07_03.html低周波治療器の感想のページ

ですから、私が例えばストレッチポールなどにいくら感動しても(それがこのページを読んでくださっている)皆様にあうとは限らないということが、(こんなにも賛否分かれるのを見ると)「人それぞれなのだな〜」と納得できるように思います。





新版 エドガー・ケイシーの人生を変える健康法


新版 エドガー・ケイシーの人生を変える健康法


著者:福田 高規

販売元:たま出版

Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« 第13回 | トップページ | お風呂場での足湯のための板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第13回 | トップページ | お風呂場での足湯のための板 »