« 第18回 | トップページ | 第20回 »

2007年6月16日 (土)

第19回

その43  爪もみ  ☆☆☆☆☆  
道具が入らない、どこでも出来るので五つ星にしました。

爪もみを最初に教えていただいたのは、浦和の整体のM先生。先生の療法は気の流れを整えるもので、身体の不調を訴えるとコチラの症状を聞いて「それは腎系が詰まっている」とかいうようなことで施術してくださるのです。それで手の小指の爪の生え際の外側あたりを揉まれると飛び上がるほど痛いことがあって、それが「何とか系(忘れちゃいました)の末端なので、そこを自分で揉んでもその何とか系が緩むのだ」というような話でした。でも自分で揉んでみると、その飛び上がるような箇所がどこだかよくわからなかったりして、ズボラな私は自分で揉むことはありませんでした。それがもう、7、8年前のことでしょうか。

それから何年かして、<薬指以外の爪の生え際の両側を揉む療法>というのが何かの健康雑誌に出ていたからと浦和のM先生がわざわざコピーしたのを渡してくださいました。薬指だけは刺激すると交感神経が活発になってしまう、それ以外の指の爪を揉むと副交感神経が働いてリラックスできるのだということでした。その時も、なんだか気やすめみたいな気がして本気で揉む気にはなれないで忘れておりました。

昨日、繊維筋痛症という症状になられて回復に向かわれている方が、これまでの体験談を話に来てくださいました。その方はある踊り手で、近々あるリサイタルのチケットの申込をメールでしたときに「御無沙汰しています。」ということ、近況報告として今、自分が変形股関節症であることを書きました。踊り手でいらっしゃるのでひょっとしたら腰痛や膝痛の情報を何かお持ちかもしれないという気持ちがあったからです。まさかご本人がそういう病と闘っておいでだったとは知りませんでした。繊維筋痛症というのは、何か関節を動かした拍子に雷が身体に落ちたような激痛が走るのだそうです。ガラスにピシッとひび割れがするような痛みと表現する人もいるそうです。痛くて動けなくなって、一番情けないのはトイレに行って自分で下着を上げることすら痛みのために出来なくなるようなことがあったそうです。動けなくて救急車を呼んだこともあったのだそうです。原因がずっとわからなくて更年期の専門家のところに一年半通われたりもしたそうです。

それで、その方のお話に、その繊維筋痛症ということがわかるまでに8年近もくかかり、病院も、慶応病院始め大病院にいくつも、ペインクリニックなども行かれたそうです。私も変形股関節症では色々試していたつもりでしたけれど、その方の話を聞かせていただいて、本当に熱心に色々訪ね歩かれたことに頭が下がりました。ようやく病名がわかって専門家の所にも治療に通ったけれど、薬を飲んでも一向に良くなる兆しも無いし、「これではダメだ」と自分で色々な療法を試されたのだそうです。

それで最後に出会ったのが東京女子医大の中の自然医療外来。最初に見ていただくまで数ヶ月待ちだったけれど、お話はじっくり聞いてくださるし、色々ためになるお話を毎回してくださるし、そこが改善の突破口だったというようなお話をくださいました。身体を温めることと刺絡療法だそうです。その療法は爪の生え際の両脇を注射針で刺すのだそうです。「でも自分でも刺激することは出来るのよ。」とのことでした。そのための<つめもみ太郎>という器具まで出ているのだそうで見せていただきました。ネットでみたらアチラコチラのサイトで売っているのでびっくりしました。

「もう新しい品は買わない。」と決めている私は、それは買わずに爪の生え際を手で揉もうと決めました。(昨日決めたばかりです。)寝る時に揉むとグッスリ眠れると言われて、昨夜早速試してみたら、暗示にかかりやすいのかもしれないけれど、遅く寝たのに、今朝は「眠い〜」という感じが残らず目が覚めました。薬指以外のどの指を揉んでも良いようですが、ツボの本等を見ると小指に色々なツボが集まっているようなので、まずは小指をほぐそうと思っています。これだと電車の中や、待ち時間始め、道具無しに出来るのが良いと思います。


長々書いて来てしまいましたが、この爪揉みは免疫力を高めて自然治癒力を上げるという間接的なものです。それで身体を温めるということについては、その方なりに色々試されて酵素風呂が最高とのことでした。きょう私も早速試して来たのですが、私にはちょっと熱すぎてダメでした。でも療法として挙げておきますね。私には合わなかったけれど、これが合う人もいるかもしれませんものね。私が行った所は米糠酵素に全裸で10分から15分入るというものでした。身体の悪い所が赤くなると言われました。全身同じように酵素に包まれているのに、確かにシャワーをあびるときにみたら右の股関節のあたりと、私の場合、腹部の左の方だけが赤くマダラになっていました。不思議だと思いました。

人気で結構混んでいましたから、効く人も多いのだと思います。でも、他の人が入った後、あの糠はまた何回も使うのかしら‥とちょっと気になりました。あれだけ熱いのだから雑菌は繁殖しないのかもしれませんけれど。私の場合、ちょっと遠くて不便な所にあることもあって体験だけで通う所まで行きません。でも免疫力を上げるということでは、効果ありそうですし、両足の人工関節の方、片側人工関節の方も通われているのだということでした。筋膜を柔らかくするので具合が良くなるのだそうです。合いそうと思われる方は試してみる価値はあるかと思います。酵素風呂から出た後、汗をどっとかくので30分ぐらい横になって休みます。紹介してくださった人はそれが「至福の時間」と言っていました。トロリと眠くなるのだそうです。私の隣りで横になっていた人もイビキをかいて気持ち良さそうに寝ていました。私はひたすら汗をぬぐいながら横になっていました。岩盤浴以上にこちらの方が後々まで長い時間汗が出るようです。

その44  酵素風呂  ☆☆

爪もみと身体を温めることで免疫力をあげることを書いた本を頂戴しました。通われている所の先生が書かれた本だそうです。(身体を温めることの大切さが書かれていますが、酵素浴を勧めているわけではありません。)

「体の冷え」をとって病気を治す! 効果バツグン!「湯たんぽ」と「爪もみ」でみるみる丈夫になる

|

« 第18回 | トップページ | 第20回 »

コメント

>手の小指の爪の生え際の外側あたりを揉まれると飛び上がるほど痛いことがあって

今一どーやるのか分かりません(^^;
あんまし痛くないのでやり方が違っているのだと思います。

先日整骨院の先生に肩がゴキゴキなると言いましたが、指を折り曲げてぐっと押すと(これも分かりにくい表現ですが(^^;))良いと言われ、やったらすごく痛くて何回かやったら肩のゴキゴキがとれました。
不思議ですが、肩のそのゴキゴキなる部分とその指が繋がっているので、そーすれば治るとのことでした。

身体って繋がってるのですね。

酵素風呂入ったことありますが、悪い部分が赤くなるとは知りませんでした。
今度は確認してみます。

投稿: ぷりん | 2007年6月17日 (日) 18時06分

ぷりんさん、確かに文字だけだとわかりにくいかもしれません。絵があるページって無いかしらと探してみたら
爪の角の位置が書いてあるのがありました。http://www.tfk-corp.co.jp/mamepage/byouki13.htm(すみませんコピーペースとで見てください)

私が最初に浦和のM先生に押されると飛び上がるほど痛いのに自分で探すとよくわからなかったみたいに、コツがあるようです。私は自分で自分の指については痛い所が探せるようになりました。他の人の痛い所も探せそうな気がします。

でもそこまで痛い所をみつけなくてもその当たりを揉んでいれば効果はあるみたい。今ネットで見てみたら色々な人が爪揉み健康法のこと書いているようですよ。そんなにポピュラーだったとは‥と驚きました。

投稿: REぷりんさんへ | 2007年6月17日 (日) 23時16分

「爪もみ」良いことをお教えいただきました。以前にテレビで見てやってみたことがありましたが、すぐ忘れてしまっていました。
ちょっと痛いくらいにするのが効果があると聞いたのでその通りにしたのでしたが、痛いとあまりしたくなくて。今度は忘れないように続けてみます。
道具がなくてもできるしちょっとした時間にできるのでいいですね。

酵素風呂はまだ経験ありません。指宿の砂風呂を思いだしましたが、砂でなく酵素なのですね。一度体験してみたいですが、結構熱いものなのですね。酵素自体が発熱するのですね。それだけでもすごいパワーで何か効きそう。

投稿: さくら | 2007年6月18日 (月) 16時58分

ラベンダーさんの文章はとっても読みやすくてスバラシイ文章を書くなあといつも思っています。
けど、私の説明したいことが上手くコメントで書けなかったので、なんだかラベンダーさんの文章が悪いからやり方が分からないように受け取れる文章になってしまって申し訳ありません。

私って本当に文章力がない上読解力もないため、今一やり方が飲み込めなかったのでラベンダーさんの文章が悪かったわけではないのです(TT)。
誤解を受けるコメントですみませんでした。

投稿: ぷりん | 2007年6月20日 (水) 11時52分

さくらさん、爪の脇の痛い場所をちゃんと見つけられるのでしたら優秀!
私、最初はわかりませんでしたもの。先日もそのお知り合いの方に「ちょっと手をだして」と親指の爪の脇を押さえられたらとても痛いのに、自分ですると、やっぱりあまり痛く無いんです。電車の中やホームで待っているときなどでも出来ますからいいですよね。

砂風呂も熱そうですね。身体を温めるという意味では同じようですね。糠って独特の匂いもあって、それが大丈夫な人と苦手な人といると思いました。

投稿: RE:さくらさんへ | 2007年6月22日 (金) 00時55分

ぷりんさん、<誤解を受けるコメント>とお気遣いくださってありがとうございます。ご心配おかけちゃって、かえってごめんなさいね。私が自分でも「なんだかわかりにくいなぁ」と思っていたものですから。イラストとかお人形さん使って動きを現したホームページとかあって感心しちゃいます。なかなかそういうことが出来ないので人のページを借りて来たりしちゃいます。

インターネットすぐ切れちゃう軽井沢に居たのでお返事遅くなってごめんなさい。

投稿: RE:ぷりんさんへ | 2007年6月22日 (金) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第18回 | トップページ | 第20回 »