« 第38回 | トップページ | 枇杷の葉 »

2007年9月28日 (金)

第39回 入浴剤他

プレート療法について松本先生にお聞きしたら、小さな板を身体にあてて押し込むようにしたり、ハンマーでたたくようにしたり理学療法士の方などがなさるものだそうです。前回の写真の棒のついた道具の写真を見ていただいて、「何か活かせるでしょうか?」とお聞きしてみました。「さかさにして身体に押し付けるとかかなぁ‥」とあまりお勧めじゃないという雰囲気で回答くださいました。ご報告まで。もし同じ物をお持ちで活かしている人がいたら、ぜひおしえてくださいますように。

今回は入浴剤

その79  ☆☆☆
Photo_5

左からオリゴメール、(パイン)ハイセンス、 塩素を消す効能があるというボール。寝る前にリラックスしたり汗を流したりする意味での入浴というのは以前からフツウにしていたわけですが、朝、夜二度、半身浴をするようになったら、朝の入浴の方が<身体を温めてから動かし始める>という意味合いにおいて私の脚には良さそうに思います。(夏は汗がなかなかひきませんが)

主人が退職してから生活のリズムができるまでの間、朝の入浴はちょっと難しいものがありましたが、どちらか一回というのなら朝の方が(私の場合)効果的なので夜はちょっと汗を流す程度に入ることが多いけれど、朝はゆっくり温まるまで入るように(最近)なりました。温泉に行くといつまでも身体がポカポカしていますが水道水だと湯冷めが早い。そんな効果が普段もあったら良いな‥という意味で、入浴剤をつかっています。ハイセンスは昔オンセンスという名前で出ていた頃にも使ったことがあるのと同じ物だと思うのですが‥。針葉樹の精油が入っています。(私の使っている缶には針葉樹と書いてありますが、ネットで見たらは松の精油と紹介されていました。昔使っていたオンセンスも松の精油だったような。)オリゴメールは海の塩です。

塩素を消す効果があるというボールを使うようになったのは、前にも書いた<湯治力>という本に、塩素殺菌された水は飲むよりも浴びる方が数段危険だということが書かれていたのを読んでからです。塩素は皮膚から吸収されやすいから(!)なのだそう。それに呼吸からも入るのだと知ってビックリ。「15分間シャワーを出して検査した結果、呼吸によって吸収される揮発性汚染物質の量は、一リットルの水道水を飲んだ時に摂取されるのと同じ量だった」(サイエンスニューズ130号)という報告も同じ本に載っていました。我が家は台所の蛇口には浄水器を20年以上前からつけているのだけれど、お風呂は無防備。私は他の人より数倍長くお風呂の蒸気を呼吸しているわけですから、気になってしまってこの塩素を消すというボールを購入。でも塩素が消えているのかどうかはなんだかちょっと信じがたい気もしています。

友達には水道のメーターの近くに浄水装置をつけて、家中すべての水を浄水している人がいます。お風呂の水が違ったせいか、アトピーなども奇麗になる人が多いのだとか。30万ぐらいする物なのだそう。お皿をあらうような時にも洗剤がいらないので下水の水も汚さないのだとか。野菜もこの水につけておくと農薬が落ちるのだとか。私の脚にも良いからと(毎日飲んだり入浴したりすれば)勧めてくださったのをお断りしたので、危うく気まずい関係になるところでした。その前にも同じようなタイプの浄水器を別の人からすすめられたことがあって(水の分子構造がかわるのだとか)それが結構強引で悪い印象があって‥。それになんだかあまりに色々な種類があるので、どれが良いのだかわからなくなっています。使っている人はそれぞれに自分が使っているのが一番安全だと自信もっているわけですけれど‥。

オリゴメールは行きつけの美容院で勧められて購入したのと同じ物をネットだとはるかに安く(といっても高い)売っているので買うようになりました。美容院の担当者も「高いので、疲れた時、リラックスしたい時だけ使っています。」と言っていました。その贅沢な意識が<きょうは特別よ!>みたいな感じで良いのかもしれません。毎日使っているわけではありません。

その80  スーパーエレンマット  ☆☆☆

Photo_6


前に一度書いたことがあるスーパーエレンマットというものです。湯治場の原石と同じ成分、天然鉱石が(原石7種類・32成分)入っていて、マイナスイオン放射、遠赤外線放射と書いてあります。自然食品のアニューで勧められて購入しました。小石を集めたような物だと、ぬるぬるして来て洗ったりの手入れが大変なので、マットに練り込むような形で作って手入れを簡単にしたということでした。説明書には「入浴剤と併用できます。」とかいてありますが、これを買った時には「これがあれば入浴剤を買わなくて済むなぁ」と思ったのでした。説明会では、おおきなケースにこれをいれて参加者が片手を入れてみて、湯冷めしにくい感じを体験するというものでした。確かに水道水よりいつまでも温まる感じはします。


お風呂に入っている時間が同じなら(それもフツウよりかなり長い時間なので)、少しでも効果的に温まる方法を取り入れたいと思って、入浴剤やこのマット利用。これも<お勧め>というわけではなくて、「私はこんな工夫をしています。」という一端としてご紹介。

|

« 第38回 | トップページ | 枇杷の葉 »

コメント

>「15分間シャワーを出して検査した結果、呼吸によって吸収される揮発性汚染物質の量は、一リットルの水道水を飲んだ時に摂取されるのと同じ量だった」

塩素の恐ろしさはいろんなところで読んでますが、今年の夏は貧乏のためミネラルウォーターも買わずにハウスのミネラル麦茶をいれてごまかしてました。
やっぱミネラルウォーター買うことにします!

お風呂までは手が回りません・・・プールだって塩素ダバダバだし(^^;)。
それを聞くとプールも行けなくなりますね。

至急のメッセ送りましたので至急読んでくださいね(^^;)。

投稿: ぷりん | 2007年9月28日 (金) 20時13分

ぷりんさん、おどかしちゃってごめんなさいね。

シャワーは熱いお湯で湯気みたいに気化したり、細かいキリみたいになって呼吸で入るけれど、プールは水だから湯気はでていなから呼吸からはそんなに入らないような気がするけれど、どうなのでしょうね。それにプールって換気扇が回っているし‥。

皮膚からはいっちゃうのは確かにコワそうですよね。そういうのって、追跡調査してほしいものですよね。プールに何時間も入っていた人たちの健康状態ってどうなのかとか‥。

温泉の成分もちゃんと皮膚を通して身体にとりこまれるということなのでしょうね。

投稿: RE:ぷりんさんへ | 2007年9月28日 (金) 22時08分

はじめまして、いつも読ませていただいてます。お風呂の塩素については私も心配しています。三菱レーヨンのピュアピュアをシャワーに使っています。
http://www.cleansui-club.co.jp/cls/product/bathroom/sy101-iv.html
備長炭を浴槽にしずめるのは、煮沸が面倒で長続きしませんでした。今は、ビタミンCの結晶「アスコルビン酸 」を浴槽あたり1gを入れています(まず、洗面器半分以下で良く溶かしてから、満杯まで湯をふやして混ぜてから浴槽へ入れる)。 結晶は、楽天の店で200g、3000円くらいでした。
今回読ませていただいて、備長炭シートなど敷いてみようかと思いました。遠赤外線の効果を期待しています。これからも、いろいろな工夫、情報を読ませてください。寒くなりますね、お体に気をつけられますように。

投稿: chikon | 2007年10月 6日 (土) 21時17分

chikonさん、はじめまして。ブログ読んでくださってありがとうございます。

三菱レーヨンのピュアピュアって知りませんでした。良さそうですね。ご紹介いただいたページを見たらお風呂の給湯用にもあると知って嬉しくなったのですが、我が家の蛇口は取り付け出来ないタイプでした。とても残念。

本当にこれから寒さに向かいますね。冷えが一番良く無いですものね。chikonさんも、これからの季節、冷えに気をつけてお過ごしくださいますように。

投稿: chikonさんへ | 2007年10月 7日 (日) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第38回 | トップページ | 枇杷の葉 »