« 第37回 足裏をほぐすために | トップページ | 第39回 入浴剤他 »

2007年9月26日 (水)

第38回

その76   名称不明 ヨガの教室で購入した物  ☆

Yoga

前回紹介した足裏をほぐすのに(仕組みは)似ていますが、これはヨガの教室で二年位前に購入して、やはり死蔵してしまっているものです。ヨガの生徒さんで<ふっくらなさった方>がスマートになられたことがあって「近頃ずいぶんスッキリしたわね。」と皆が褒めたら、先生から勧められて、コレで身体のあちらこちらほぐしているのだとのことでした。それを聞いて皆が我も我もと「先生、私も!」と紹介していただいて、手作りの物で量産していないこのツボ押しみたいなのを購入しました。

私も飛びつくようにして購入したのだけれど、ずっしりと重いのです。仕舞っておいたのを出して来るのに億劫になります。それに高さがあるのでコレに仰向けにごろりと横になるのでは首の落ち着く先が無いみたいな感じで、座布団を敷いて身体の高さを調節したり、色々工夫してみたのだけれど、イマイチ‥。「他の人が使って良かったからと聞いて、すぐに飛びつくものじゃないなぁ」という苦い反省をしました。以後、健康食品など先生が食べて良いというと「私も!」みたいに他の生徒さんが購入していても私は買うのを控えています。

先日、銀サロの松本先生のブログを読み返していたら<板プレート療法>ということを書かれていて、ネットでその言葉で検索してみたけれど、その療法は見つかりませんでした。その板って、ひょっとしたらコレと同じようなものなのかしら。明日、施術を受けに行くので、コレの有効利用、つまりはコレで足の筋肉などをほぐすことができそうかどうかお聞きしてこようと思っています。

その77  良いと思った本(ネットのページ等)は一度だけでなく、
時間をおいて繰り返し読み返してみる。☆☆☆☆

今、私は銀サロの松本先生の<股関節痛は怖く無い>のブログを読み返してみています。gooのブログは左下の方に検索する言葉を入れる枠があるので、そこにキーワードを入れてみます。ブログですから色々なことが書かれている訳ですが、そのテーマについて書かれているものをまとめ読みすることができます。私は今歩き方に関心があるので<跛行>だとか<歩行>だとか<歩容>など色々入れてみています。<痛み>とかそれぞれ関心のある言葉で検索して、あらためてそれを並べて読み返してみると、前に読んでわかったつもりでも、あらたな発見があったりするように思います。

これは本でも同じことで、私は結構色々な本を買い込んでしまっていますが、新しい本を買うことよりも、これまで買った本をまた読み返してみることも大事かなという気が最近しています。

胴体力のことを書いた<身体革命>という本があります。そのまえがきに「膝が動かないのは、股関節の動きの悪いことが原因なので、股関節を楽に動かすトレーニングをしていると、自然に膝はなおります。<股関節が痛い>のは、背中の動きが悪かったり、かたいため、股関節に無理がかかっていることが考えられます。」と書いてありました。前書きだったせいか、見落としていたみたい。私も背中が固いのです。それも一理あるかなと思いました。

その78   ( 股関節にとらわれずに)身体全体のことも考えてみる

前にスキーのポールのようなものを持って歩くポールウオーキングのことを紹介しました。Dr.カリエの1987年に書かれた本を読み返してみましたら(The rejuvenation strategy/原書)、上半身の動きが大事。ウオーキングをするときも手を振ること、両手に石をもって腕を振るように歩くということを勧めていました。指揮者があれだけストレスのある生活をしているのに長生きなのは上半身の動きが多いからということも、トスカニーニが90歳で亡くなったこと、ストコフスキーが95歳で8年契約をしたこと(その半分位は実際に指揮出来たらしいです)など書いています。健康のために歩くことが難しくなっている私は、上半身の動きをもう少し大事に考えてみようかと思いました。さきほどの<その77/読み返す>に戻るようですが、こういう箇所も「何気なく読み過ごしてしまっているなぁ」と思いました。ポールウオーキングに関心を持ったあとに、この本を読んでみたからこそ「あら、ポールウオーキングで腕の振りが大事と言っているのと同じだわ。」と意識にのぼるみたいです。その時々の自分の状況で心に残ることが違うように思います。

|

« 第37回 足裏をほぐすために | トップページ | 第39回 入浴剤他 »

コメント

確かに、こ、この棒は高さがあるので使い難そうですね(^^;)。

最近猫背がすごく気になってます。。
身体も固いし、全体が柔らかくなれば股関節の動きが良くなりそうってのは分かる気がします。

投稿: ぷりん | 2007年9月26日 (水) 23時00分

ぷりんさん、そうなんです。
ヨガの先生はこれで背中伸ばしているというので、
みんなで「え〜、どうやって〜!」と言っています。痛くて私たちには無理。
バスタオルをこの上に敷いてみたり
色々してみたけれど断念。
先生はとても細い方なので、
体重の重みがかからないのかもしれません。
それにとても身体がしなやかなのです。

私も猫になって来ています。
身体全体が柔らかくて股関節だけ固いということ
なさそうですものね。全体が緩んで来たら
いいなぁと思います。

投稿: RE:ぷりんさんへ | 2007年9月26日 (水) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第37回 足裏をほぐすために | トップページ | 第39回 入浴剤他 »