« 季粋の宿 紋屋 | トップページ | 第38回 »

2007年9月21日 (金)

第37回 足裏をほぐすために

足裏をほぐすために我が家にある品々を載せておきます。お勧めというわけではなくて、単に<こういう物を持っている>という報告みたいなものです。


その73 足踏みマット  ☆
Photo

このマットは(亡くなった)母が購入した物です。足裏の反射区が知られ始めた時期(15年ぐらい前)に購入しました。<足裏から膝上まで>をもみほぐすことを提唱した台湾の官さんという方の本に出ていました。今もあるのかどうかわかりませんが、玄関マット風に部屋の入り口などに置いて、生活の中で何気なく使っても良いとも書いてあったと記憶しています。色々なサイズの凹凸があり、親指で挟むようにしたり、使い方によっては色々に揉みほぐせるのでしょうが、日頃、補高したサンダルを履くようになってから、部屋の入り口にコレがあってもあまり意味をなさなくなりました。ネットで検索してみたら、今でも官さんの提唱した<官足法>というのは紹介されているようです。画像クリックすると大きくなるので、凹凸がはっきりわかっていただけると思います。(追記:ネットで紹介されているどころか道場みたいな所があったり、グッズも増えていてビックリしました。いつのまにこんなに知れ渡ったのか、友の会まで出来ているのは効果があるからなのかもしれませんよね。ともかく万病の対策として足をほぐすことを提唱なさっています。関心のある方は官足法で検索なさってみてくださいますように。)

その74  足裏をほぐす棒  ☆☆☆
Photo_2
これも(膝が悪かった)母の物です。台湾の留学生から貰ったのだということでした。これでギュウギュウ足のうらをほぐすと良いのでしょうが、私は肝心の悪い方の右足の足裏をほぐせるような形で身体に引き寄せることが難しいので足裏をこれでほぐすのは無理です。でも反射区をみると足の裏だけではなくて、くるぶしの辺りや、側面も
ほぐした方が良いようですから、それにはこういう物の方が良いのだと思います。くるぶしの周辺ってほぐしてみると飛び上がるほど痛いところがあったりします。私の場合、左右で痛みが違って、悪い方の右足首の脇(外側)が押すと痛いのです。こういうのも揉みほぐすと違って来るのかしら‥と思います。青竹踏みや、マットのようなものは足裏だけに限られるでしょうから。こういう道具を使わずに(手はつかれるかもしれませんが)親指などで押してもいいのかなぁという気もいたします。でもなかなか、足を自分でほぐす時間ってとれませんよね。電車の中などで移動中の時間を利用して出来ることでもありませんしね。

その75  足裏ローラー  ☆☆☆

これは電気店でおなじみ足裏ローラーです。床にすわってふくらはぎをほぐすこともできます。上二つの道具と違って自分は何もせずに足をのせているだけで良いのでラクチンですが、これも案外と使いません。使ってみると足裏などは痛気持ちよいのでなかなかなのですが‥。使わないのは置き場所によるのかもしれないとも思って、アチラコチラ移動してみているのですが、やっぱりあまり使わずにいます。Photo_3

|

« 季粋の宿 紋屋 | トップページ | 第38回 »

コメント

このひと月ほど 足のマッサージを根気よくやっています。
古武術ワークショップで習ったものですが、自力整体もほぼ同じ どっちが本家かはわかりません。

①足の指を一本ずつ20回ずつ回す。
②横に一本ずつ指のまたをひろげる。
③前に一本ずつ曲げる
④後ろに一本ずつ曲げる
⑤足裏の親指の下の丘のまわり 足裏の中央 側面 かかとをよく揉み解す。
⑥足指の五本の骨のあいだを割るように丁寧にもみほぐす...足の表

つぎに足首 からうえにあがるのですが大事なのは筋肉の一本一本をわけるようにすることです。

わたしはこれでだいぶ 膝が良くなりました。

投稿: luca | 2007年9月22日 (土) 05時40分

lucaさん<古武術ワークショップ>で教わった足のほぐしかたを教えていただきどうもありがとうございます。足の指も大事にほぐすのですね。半身浴中にお風呂の中でしてみました。足指の表側、指の骨の間というのも、やはり悪い足の右の方がイタ気持ちよい感じがします。股関節が固いので手を届かせるのが大変なのですが、それもリハビリになりそう。半身浴中の足指ジャンケンをした後でほぐしてみようと思います。ありがとうございます。

お膝が良くなってきて良かったですね!通わずに自分でできるっていいですよね。lucaさんが行かれていた(銀サロとは別の)銀座の先生も良さそうでしたけれど、通うって、やっぱり大変ですものね。

投稿: RE:lucaさんへ | 2007年9月22日 (土) 11時33分

ご紹介の「官足法」拝見しました。
なかなか良さそうですね。自分でも応用できそうです。
私は家の中で通称「いぼいぼスリッパ」なるものを履いていますがこのマットとは似て非なるものかしら。
私の持っている「ほぐし棒」は写真のようなT型でなくて細いほうの棒だけのI型です。(100均です・・)
私は足の裏を自分でするのは難儀ですので、棒が届く範囲の足やら手やら時々思いついた時に圧してみたりしています。
安いのになかなかすぐれものですがすぐ行方不明になるのが難点。(笑)

投稿: さくら | 2007年9月23日 (日) 00時36分

さくらさんの履いている<いぼいぼスリッパ>と同じ効果だと思います。私も同じの持っています。長い時間、飛行機に乗る時にはそれを履いています。温泉なども誰のスリッパかわからなくなるのでマイサンダルとして持ち歩いています。

官足法を読んでみて、足裏だけじゃなくて<膝上までほぐす>というのが前に書いた我が家の近くのメルテイという足のケアの店と同じだと思いました。青竹踏みなども足裏だけの刺激ですが、やはりリンパマッサージみたいに足全体をほぐしたほうが良いだとあらためて思いました。リンパマッサージはなでるようにだし、コチラはギュウギュウと揉みほぐすのだし、ちょっと違うので迷いますね。両方試してみて自分に合う方ということかしらね。

あら、さくらさんも!私も行方不明にするので、二本あるのが助かっています。ホームページで見た限り、押す棒はさくらさんがお持ちのと同じ形状(棒状)ですね。

投稿: RE:さくらさんへ | 2007年9月23日 (日) 10時33分

お久し振りです。成田の近くに引越ししてきて、約一ヶ月になります。まだ、完全に片付いていないので、まだいろいろな事に対して余り余裕がありませんが、とりあえず、ブログは時々見ていました。
今日見て驚いたのは、官有謀先生の事が書いてあったからです。二十年余り官先生の足心道を続けています。幸いにも、左足は4cm短いのですが、足の裏を自分で押す事ができます。たぶん、二十年余りほぼ毎日やっていたので、足の開きも二十歳代と変りません。たまに調子が悪くてやりにくいときは無理しませんが、妊娠中も臨月でどうしようもない時意外はしていました。”足の汚れが万病の原因だった”とその続編を何度も読んでマスターしました。その本の中に書いてありますが、足の裏が出来ない時は、手が同じ様に対応していて、足同様に手をもみほぐせば同じ様な効果が得られます。足の裏が難しい方は是非手を試してみられて下さい。足に比べると、小さい分やりづらい箇所もありますが、結構いいとおもいます。

投稿: forget-me-not | 2007年9月25日 (火) 16時11分

forget-me-notさんお久しぶりです。サプリメントの件では色々と教えていただきありがとうございました。

forget-me-notさんは官先生の足心道を20年も毎日つづけていらしたのですね。20年と一口に言いますが、大変なことですね。足裏を自分で押すことができるのは羨ましいです。足の開きが20代と変わらないというのは、それを続けていらしたからということが大きそうですね。

足の代わりに手を揉むのでしたら、乗り物の中でも出来るから良いですよね。足が悪いとどうしても足を揉む方が効果がありそうに思ってしまうけれど、反射区というような考え方からすると手も足も同じような意味合いになるのでしょうか。手の爪の際を揉むというのもありました。どれにしても、続けることが大事そうですね。


投稿: RE:forget-me-notさんへ | 2007年9月25日 (火) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 季粋の宿 紋屋 | トップページ | 第38回 »