« 安心10月号 | トップページ | 本年もどうぞよろしく! »

2007年12月21日 (金)

第52回

99と100は前に(9月30日に)書いたので、今回で私が股関節症と向き合うべく取り組んでいる100の方法を書き終えることになります。(我ながら買い込んでしまった物の多さにあきれながら‥。)

その98   引き寄せの法則  ☆☆☆☆☆

このブログに前に思いが物質化(現実化)することを書いたことがあります。私はそれを信じています。知人で「物事って思ったようにはならないものよね。」と言っている人がいました。「それは<思うようにならない>と思っていることが現実になっているからなのだろう。」と私はその時思いました。<心の底から思えば>なので、例えばの話「宝くじが当たると思えば当たるのか?」ということでいうと、いくら当たると信じようとしても、「当たりっこ無い」と思う気持ちの方が潜在意識の中で大きいので、こういうのって実現しないのだと思うのです。

潜在意識に思い込ませれば、ものごと実現するのだというような本を沢山読んで来ました。どの本も同じようなことが書いてありました。潜在意識には三人称と一人称の区別が無いので誰かの成功をねたんで「失敗すれば良い。」と思えば自分が失敗するようなことになる、逆に人の幸せを心から願うと、自分にもそれが返って来るような話。でも、これ(潜在意識に一人称が無いみたいな話)ってどこか変だな‥と思っていました。

最近読んだ<引き寄せ>の本、これはスピリチュアルな本で、信じない人にはとても信じられないと思うようなアチラ側(?)の世界からのメッセージの話として書かれています。それはともかくとして、それを読んで、上記の(他人の)<成功>とか<幸せ>を思うとそれが磁石のように引き寄せられる。<失敗>を描いていれば、それを引き寄せるということでなら妙に納得できるような気がしたのでした。

それで、話が飛ぶかもしれませんが、変形性股関節症に置き換えて思ったことは、<痛み>について知ろうして心が<痛み>にあるとそれを引き寄せてしまいそう。ここ2年位ネットでも<変形性股関節症>というのを、週に何度かはチェックして「何か新しい情報は無いか。」と探しまわっていました。そのおかげで銀サロ(当時はまだ場所が違いましたが)に通われていたさくらさんのことを紹介した松本先生のブログ、そしてさくらさんの感激のコメントを読み、銀サロに通えることにもなりました。松本先生、そしてきっかけを作ってくださったさくらさんとも出会えました。

ある時期にはそんな風に<探すだけ探してみる>ということも必要だと思います。私もそういう時期を長らく過ごしてきました。そして、出会うべき方法、出会うべき人々にはすでに出会っているのだと思えて来ました。もう探すのはやめて、股関節症の情報に関してはシンプルに<のぞみ会>と<股関節痛は怖くない/ブログ>に絞り込んで、後は他のことを考えていようかと思うのです。変形股関節症のことばかり考え居ていると、それを引き寄せてしまうことになりそうですから、<忘れていられるぐらいになりたい>と思うのです。現実には歩くと痛かったりすればそれは無理なのかもしれないけれど、でも他のことを考えていたら忘れられそうにも思います。やってみないで決めつけるより、ともかく<引き寄せ>を信じるのであれば、股関節症を考えるなら漠然とでなく<股関節症が改善する/良くなる>という所まで含めてということになりますよね。

100項目の最後までおつきあいくださって、本当にありがとうございました。‥ということで、また来年からは100書き始める前に書いたような<月記>に戻そうと思います。月末に遊びに来てくださったら一つか二つ更新してあるみたいな感じで参りたいと思います。

それでは皆様、どうぞ良いお年を御迎え下さいますように!引き寄せの法則 エイブラハムとの対話

|

« 安心10月号 | トップページ | 本年もどうぞよろしく! »

コメント

長い間、100のいろいろな情報を、ありがとうございました。
私は、自分で自分の股関節について本当に自覚してから24年が経ちます。紆余曲折ありましたが、今では、私なりに日常生活が送れる事に感謝しつつ些細な事も幸せに思って生きています。あるがままの自分を認めることが出来たら、そして身体からの声に耳を傾ける事ができたら、穏やかな気持ちで毎日を過ごす事ができると思っています。不便な事はもちろんありますが、完璧な人っていないのではないでしょうか?
こうしてラベンダーさんに出会えてよかったと思っています。これからもブログ楽しみにしています。今まで、ご苦労様でした。これからもよろしくお願いします。
I hope you have a Merry Christmas and all the best for 2008.

投稿: forget-me-not | 2007年12月22日 (土) 11時42分

forget-me-notさん、クリスマスと
新年に向けてのメッセージ、コメントを
どうもありがとうございます。

24年は、長い年月ですもの、
その間には色々なことが
あったことでしょうね。

<穏やかな気持ちで>って、
私も目指しているのは、forget-me-notさんと
全く同じです。

股関節症は、はたから見た目でわかるけれど
わからない辛さを抱えた人たちがいかに多いことかと
思います。完璧な人って、
forget-me-notさんの書かれているように
いないのではと思います。ご自分が健康でも
家族のことで悩んでいたり、人それぞれに
何かしら抱えているように思います。

ブログを書く頻度は減りますが、こちらこそ
これからもよろしく御願いします。

投稿: RE:forget-me-notさんへ | 2007年12月22日 (土) 22時00分

とうとう「変形性股関節症と向き合う100の方法」ゴールですね。おめでとうございます!そして長い間お疲れさまでした。
それにしても100ものアプローチ!ラベンダーさんの研究熱心さがそれを可能にしたのですね。誰にでもできることではありません。論文を書けそうな気がします、学者さんにもなれそうと思ってしまうほどです。
ほんとうにたくさんのことを教えていただきました。おかげで私は労せずしてたくさんのことを知りいろいろなことを勉強させていただきました。ほんとうにありがとうございました。

私は良いタイミングで松本先生に手術せずにここまで元気にしていただきました。
先天性の股関節脱臼でしたから足とは長い付き合いになりますし私的には今はもう足のことは一山乗り越えられたような気持ちでおります。
先日の施術の折ハワイで足はどうだったかと聞かれて「絶好調でした!」と答えて、「そういえば足のこと忘れてましたね~」と私言ってました。そしたら先生は「それがほんとうなんだろうね~」と仰いました。これからは足のことは自然に忘れていたいと思いました。

私も股関節のことはシンプルに松本先生の施術を基本にメンテナンスを続けてこのブログで勉強させていただいたことを思い出しながらこれからの人生を楽しくすごしていきたいと思っています。どうか引き寄せの法則があてはまりますように。

これからは月記でも度々でもこの貴重な股関節ブログを続けてくださいますように。ひき続き楽しみにしております。

どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

投稿: さくら | 2007年12月22日 (土) 23時26分

適切な時期に 適切な場所で 適切な情報をゲットできて本当にラッキーでした。
(自分は労さずして 得るばっかりで 申し訳ないです。)

今年の3月には手術するつもりで色々手配したのが嘘のような今の股関節の状態です。

これからも ラベンダーさんの教えを参考にして 頑張って 手術は延ばせるだけ延ばしてみようと前向きに思い始めました。

本当にありがとうございました。
コメント寄せられた方々へも御礼申し上げます。コメントにフムフムと納得したり 感心したものです。

最後の「引き寄せ」理論 生きる姿勢が問われますね。”しゃん”とせねば!! と まず体の姿勢を正したところです。(そう言えば ラベンダーさんの記事に 「姿勢を整えること」ってありましたね。)

これからも 集える所 教えを請う所としてこちらに寄らせていただきますので よろしくです。

輝く未来に乾杯♪

投稿: 桃ちゃ | 2007年12月23日 (日) 00時06分

さくらさん、いつもこのブログをあたたかく見守ってくださって、本当にありがとうございます。まだ終わっちゃったわけじゃありませんが、一段落‥という気がしています。

昨年秋に終わったブログを再開させようかどうしようか迷った時も、さくらさん後押ししてくださったのでした。そのおかげで100項目という取り組みも(自分でも思いがけず)始めることができました。散らかっていた部屋の整理みたいに、文章化して整理できて良かったです。「何か無いかな〜」とアンテナ張り巡らしておいて、見つけた物を皆さんと分かち合えて嬉しかったです。

足のことを忘れていられるって、理想。マーク先生が言われたようにそれが本当なのでしょうね。私はまだそこまでに達していませんが、私もさくらさんが書かれたように<自然に忘れていたい>です。「忘れよう忘れよう」として忘れるって無理がありそうですものね。

銀サロに通われて良くなられたさくらさんは、いつも私の目標です。キャッチコピーは「さくらさんに続け!」これからもどうぞよろしく御願いします。

投稿: RE : さくらさんへ | 2007年12月23日 (日) 11時19分

桃ちゃさん、100回シリーズの最後に御灸談義での盛り上がり、桃ちゃさんのおかげです〜!

さくらさんへのお返事コメントの中でも書きましたが、足のくるぶしの下とかカイロでは温められない場所、しかもツボにはることができて、火を使わないお灸は本当に優れものですね。しかも安売りのことまで教えていただきありがとうございます。惜しげ無く‥とまではいかないけれど、正規の値段よりは思いきって貼ることが出来ます。

桃ちゃさんが手術を手配なさった先生がベテランで人気のため手術まで待ち時間が長くて、色々試したり考えたりなさる時間的な余裕があったことも、巡り合わせですね。

振り返ってみると私は100項目書いているということそれ自体が情報を引き寄せていたのだと思います。
(桃ちゃさんから火を使わないお灸の情報も引き寄せちゃいました。)

桃ちゃさんのコメントに前向きの明るい勢いがあって、「あ、桃ちゃさんは、これからこの明るいものを次々ご自分に引き寄せて行くことになる!」と感じました。喜びの波動は喜びを引き寄せると信じます。

これからも遊びに来てくださいね。よろしく御願いします。

投稿: RE:桃ちゃさんへ | 2007年12月23日 (日) 11時37分

ラベンダーさん。
たっくさんの情報発信 お疲れさまでした。
そして ありがとうございます。
まだ全部 読みきれていませんが 変わり玉のように
楽しみながら読ませていただこうと思います。

ラベンダーさんのところから見知らぬ方へ空メールを送るという 恥ずかしいことを
しでかしたのは 私です。
嬉しいこと・辛かったこと 全部ひっくるめて 面白い1年でした。

寒くなると元気な ノロウィルスやインフルエンザに負けないよう
お元気で 良いお年をお迎え下さいね。
今年も ありがとうございました。

投稿: ruri | 2007年12月30日 (日) 20時35分

ラベンダーさん~100項目も書き上げて
お疲れ様でした
なかなか出来る事では無いと思います

股関節に真っ向から向き合った日々の努力の賜物だと思います

これからもラベンダーさんのブログ楽しみに
しています

おまちゃは、最近めっきり更新がとぎれて
せっかく遊びに来て下さる方々に申し訳ない
気持ちで一杯ですが、少しずつ続けていこうと思っています

来年もどうぞよろしくお願いします
良いお年をお迎え下さいませ

投稿: おまちゃ | 2007年12月30日 (日) 21時52分

ごぶさたです!&100の情報、おつかれさまでした。
ながらく壊れたPCをそのままにして、自宅でのPC作業を止めていたのですが、年末新しいPCを買って復活。
またお家でも仕事モードにもどりつつあります。いかんいかん。

大みそか、いろんなことを思いつつ、今年はラベンダーさんとの出会いを神様に感謝。

自分の心の持ちようで、なんとでもなる。
前向きにがんばっていきたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします!

投稿: うさこ | 2007年12月31日 (月) 11時29分

ruriさん、おひさしぶりです。
一年があっというまですね。

今年は私も春先になってインフルエンザになって
タミフルのまずにのりきったのでしたけれど、
辛かったので、今シーズンは
気をつけようと思います。

私も自分のブログ読み返して、
ヘンテコリンな箇所があったら加筆修正しようと
思っています。長期にわたって書いたので、
違って来ていることもあるかもしれないので。

雪の金沢からきょう戻って来ました。
近江市場すごい人出でした。

もう数時間で年越しですね。
良いお正月をお過ごし下さいますように。
来年も良い年でありますように!

投稿: RE:ruriさんへ | 2007年12月31日 (月) 22時10分

おまちゃさん、お久しぶりです。
28日から三日間金沢の方に行っていて、
お返事遅くなってごめんなさい。

ブログ更新を続けて行くって
時間も労力もいることですものね。
お互いに気長に続けて行きましょうね。
おまちゃさんたちの
とっても仲良しさんの輪から、
私はちょっと離れちゃっていますが、
同じ、銀サロ仲間という親近感持っています。

皆一緒に良くなれたらいいですよね!
私たちが良くなることが、一番
先生への恩返しになるでしょうし、
銀サロに通っている人たちの励みになりますものね。
「さくらさんに続け!」と思っています。

どうぞ良いお年をお迎え下さいますように!

投稿: RE:おまちゃさんへ | 2007年12月31日 (月) 22時17分

うさこさん、ミクシイの日記復活!と
思ったらお近くの火事のお話、大変でしたね。

ブログの更新、アチラとコチラと二つだと、
それだけで精一杯で、
メールがなかなか書けずに居たりもして、
皆様に御無沙汰しておりました。

ラベンダーブログを減らすと
その時間、メールを書いたりもできそうと
思っています。

今年は思いがけずお会いできて
私も嬉しかったです。
また何かの機会にお会い出来たら良いですね!

うさこさんにとって
ますますご活躍の良い一年でありますように!


投稿: RE:うさこさんへ | 2007年12月31日 (月) 22時27分

ラベンダーさん、あけましておめでとうございます。
とうとう書き上げたのですね。お疲れ様です。
とても参考になる記事をいつもありがとう
ございました。
沢山の内容を詳しくササッと書き上げていく
ラベンダーさんを本当に尊敬します。
私はなんだか、長い文が書けなくなってしまいました。というか、ブログもあまり書けない時が多くなってます。(苦笑
私はまめじゃないので、みなさんのところに
コメントするのもなかなか行けず、自分の
ところで手いっぱいだったりしてます。
でも、今年も欲張らずに無理せずに・・・
消えない程度にぽちぽちやっていこうと
思ってます。
なんだか、関係ないこと書いちゃってごめんなさい・・・。

今年も楽しみに読まさせていたただ来ます。
どうぞよろしくお願い致します。

投稿: りんご | 2008年1月 3日 (木) 23時00分

ラベンダーさん
あけましておめでとうございます。
長い間100ものいろいろなことを書き出してくださって、ありがとうございました。先日ご報告したように、手帳も取得できました。ありがとうございました。年末ぎりぎりに伺った銀サロでマーク先生にご報告したら、ラベンダーさんから聞いたのは貴女のことだったのですねといわれました。手帳や診断書のコピーも差し上げてきました。
それからもう一つご報告。房総の宿「紋屋」に今月友だちと宿泊してきます。これから女将さんにメールで銀サロ仲間ですと、自己紹介させていただこうと思います。斎藤ホテルは残念ながらもうちょっと先になりそうです。
こちらとか銀サロに書かれていらっしゃる皆様には、お目にかかってはいなくても、自分ではすっかりお知り合いのような気分になっております(読み逃げばかりで申し訳ありませんが)。
これからもラベンダーさんや他の皆さんの言葉を読ませていただいて、自分の励みにしたいと思っています。(さくらさんがハワイで足のことを忘れていたって、すごいことですね!)
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: mmk | 2008年1月 4日 (金) 12時05分

りんごさん、mmkさんコメントありがとうございます。パソコンもたずに軽井沢で初めて慣れない携帯から御返事書いてみたのですが何回もきえちゃって悪戦苦闘しています。6日に浦和に戻ってからあらためて御返事書きますね。

投稿: ラベンダー | 2008年1月 4日 (金) 17時05分

りんごさん、お返事遅くなってごめんなさい。
離れていても
同じ銀サロのお仲間ということで
いつも繋がっている気がしています。

先生が北海道に出張なさるようになった
きっかけは、りんごさんの
勇気ある行動からだったということ、
先生からお聞きして感動しました。
今でこそ希望者がいっぱいいるけれど
最初は‥ということも。

私も自分のブログで精一杯で
なかなか他の人のブログへコメント
書けずにいます。
ブログでりんごさんの様子がわかるので
いつまでも書き続けてくださいね。私も
ポツリポツリ書いていこうと思っています。

今年もどうぞよろしく!


投稿: RE:りんごさんへ | 2008年1月 6日 (日) 20時12分

mmkさんお返事遅れてごめんなさい。

mmkさん、そうなのです。
マーク先生にお話するのにご本名が
思い出せなくて、ハンドル名のmmkさん
ということでお話してきました。
障害者手帳をとることにしますという
メールをくださって、その後に
手帳いただきましたという結果もご報告くださって、
このブログでお一人でも、
その気になってくださった人がいらしたことが
とても嬉しくてマーク先生にお話してきました。

銀サロのお仲間でもメールだけで
お顔を知らない人が多いですが、
マーク先生は皆さんのお顔がわかるのですから、
なんだか不思議な気がします。
いつか、前後の時間になったりしたら、
お互いに「まあ、貴女がそうでしたか〜」
みたいになることもあるのでしょうね。

まあ、紋屋さんに行かれるのですか。
「階段が多いから股関節症のお仲間に
来ていただきにくそ‥」と
話されていたので、若女将も喜ばれると思います。
若女将にお会いになれるとよろしいですね。
こうして、股関節症のお仲間の輪が
広がって行くのですね。励まし合いながら
乗り切って楽しい人生にしていけたらと
思います。


投稿: RE;mmkさんへ | 2008年1月 6日 (日) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安心10月号 | トップページ | 本年もどうぞよろしく! »