« 第49回   立ち方 | トップページ | 第51回 »

2007年12月12日 (水)

第50回

その95  使い捨てカイロを寒さに備えて持ち歩く/カイロは仙骨あたりに
             
            ☆☆☆☆☆

寒いとあらかじめわかっているときは、使い捨てカイロをしっかり身につけていくのですけれど、暖かい日だと思って出かけて、出先(公民館のような)が思いがけず寒かったりすることがあるので、この時期化粧ポーチにホカロンを予備に入れて持ち歩いています。出先でカイロを買えれば良いけれど、いつも具合よくコンビニや薬局が近くにあるとは限りません。寒いと思ったら、トイレなどで仙骨のあたりにカイロを入れます。

カイロを入れる場所は腰よりもっと下、「仙骨のあたりが良い。」ということをヨガの先生始め何人かの人に言われました。前回のヨガの時に言われたのは、350ミリぐらいのペットボトルにお湯を入れてそのあたりにタテに縛り付けておくと良いのだとのことでした。ペットボトルだと仙骨の上を縦長に温められます。ブログに書くのに(試さないで書けないので)試してみました。パソコンにむかっているときズボンと腰の間にはさんでみたのですがなかなか良さそうです。(ゆるいズボンじゃないと無理です。ズボンやスカートの上から縛り付けることになりますよね。)でもお湯の温度が難しそう。ポットのお湯などですと、やや熱い。さらしや手ぬぐいのようなもので包むようにして縛るのだとよいのかもしれません。ちょっと不格好なので外に行くときは無理ですが、タダなのは良いと思います。

このブログに私がイラストが入れられないので仙骨について解説しているページを探してみたら、仙骨の治療をしている所のページが出て来ました。その治療法を勧めているわけではありませんが、仙骨の重要性は分かりそうに思うので、一応ご紹介しておきます。http://www.mrt-jp.com/senkotsu/medical.asp

その96     (オリジナルの)つるの灸  ☆☆☆☆

お灸に行き始めたことを書きました。こういうのって「どこのお灸でも良い。」というわけじゃなくて、たまたま私が行っている所が私に合っているのだと思います。しばらく続けてみようと思います。本当は鍼との併用が早く治療効果が出ると言われているのですが、私がどうも鍼が苦手なのでお灸だけ。3ヶ月ぐらいで効果がわかるようになると説明書きが出ています。症状によって通うペースが違うようですが私は週に一度です。30分位。

図書館から早速何冊もお灸の本を借りて来てしまいました。「お灸で万病を治す方/堀越亀蔵著」によりますと、お灸によって身体に熱刺激を加えると血管神経は反射運動を起こす。これによって新陳代謝が盛んになるということ、もぐさの有効成分が皮膚を浸透して組織および血中に吸収されるのだとのことです。私が行っているお灸は<つるの灸>という、そこの治療院のオリジナルでニンニクをもぐさと混ぜ合わせて作った物なのだそうです。最近ではニンニク注射というのもあるそうですが、注射よりおだやかに身体にとりこまれそうに思います。お灸の跡も残らないし、思ったほどには熱くありません。一瞬「熱い!」と思った時には終わりです。

30年もその場所で治療院を続けているということで、座骨神経痛みたいな人が接骨医や整形外科ではラチがあかないからと遠くからもそこのお灸に通って来ています。私はヨガの先生とお仲間のご紹介。ヨガのお仲間のご主人が腰痛だったときに碁のお仲間のお勧めで行って良くなって‥ということで。こういうのって口コミが一番。お灸の看板だけみて通う気にはならなかったと思います。

お灸の先生から言われたのは私の場合、股関節の脇に冷たい所があって、そこにカイロを入れておくようにということでした。お灸をして「アツッ(熱い)」と思うこともあるわけですが、私の場合、その悪い所は<熱くなるぐらいのお灸をすえているのに>感じないらしいのです。そこも「アツッ!」と感じる(それが正常)ようになってほしいのだそうです。<冷え防止>にはカイロは仙骨あたりを温めるのが良いと先に書きましたが、<私の股関節のため>には、その冷んやりした箇所にも必要らしいです。

寝る時にはタオルを丸めた物で良いので膝の下にちょっとした枕を、横向きにねるのなら足の間に挟むように、それで筋肉が休まるからというようなアドバイスもいただきました。膝下の枕のことはこのブログに前に書いたことがありますが、整形外科などではなかなかそういう細かい日常的なアドバイスはいただけないのではないかと思います。我が家から車で15分位の所なので気楽に通えます。銀サロに毎週でも通えるなら良いけれど、施術希望者が多くてそんなに予約がとれるわけでもありませんし、私自身も銀座まで毎週はとても通えません。近くになんらかの方法で足をほぐしてくれて銀サロと治療が重ならない(全く異種)ということで、お灸は意外に良かったと思い始めています。

股関節が悪い人も沢山通っているし見ているけれど、私みたいに筋肉が落ちちゃっているのは二次的なものだというようなことを言われました。股関節が最初に痛かった段階でこういうところに来ていれば、筋肉の手入れをしながら足を使っていて、こんなに筋肉が萎えちゃったりしなかったのではないかと思います。ここまで落ちてしまった筋肉をつけるのは大変なことだと思うけれど、悔いてみても始まりませんから、前向きに何とか筋肉を取り戻したいところです。

皆様もご近所に(通いやすいところ)に筋肉をほぐしてくださる所を見つけられたらいいですよね。銀サロもいよいよスタッフを増やしての施術体制にはいるようで、股関節症の人には朗報だと思います。

このブログに<股関節症/手術しない>などの検索で来てくださった方へ:
<銀サロ>と私が書いているのは右欄外でリンクしてある<股関節痛は怖くない>というブログを書いている銀座で施術なさっている理学療法士の方の所のことです。

|

« 第49回   立ち方 | トップページ | 第51回 »

コメント

私はまだお灸は未経験です。
熱いのは一瞬で跡も残らないお灸は良さそうですね。
股関節まわりにするのですか。
近いところによいところが見つかって良かったですね。
お灸をすると体が温まるのですね。体を温めることはやっぱり良いことですよね。
私はもっぱら使いすてカイロ愛用です(汗)。

投稿: さくら | 2007年12月15日 (土) 23時26分

私も鍼とお灸に通っています。ただそこは鍼中心でお灸は時々ですので 自分で「千年灸」というのをやってます。使い捨てカイロの簡単さとお灸の点(つぼ)を温めるという利点があります。あまり熱くないので たまに 低温やけどしてしまうのが欠点ですが・・・・・

投稿: 桃ちゃ | 2007年12月16日 (日) 18時16分

さくらさん、私もお灸初体験です。
股関節周りだけじゃなくて、
背中の方とか足全体に、経絡のツボのようなところに
たくさん並べて行くんです。
おわると(感触としては)ゴムベラのようなもので
とりのぞいています。多分何十カ所も置いています。
その後、熱いおしぼりでふきとって、
軽くもんでくださいます。ほぐれたような気がします。
最初うつぶせ、よこむき、あおむけ、と
身体を回転させます。それぞれたくさんおいて
お線香で火をつけてからは数分という感じです。
足全体がスーッと風通しが良くなった感じがします。
鼻づまりがスーッと治った感じと言ったら良いかしら。

でも症状はいまのところ、変化無いんです。
体重かけると痛むのは相変わらずなのです。
でも、他の人たちからあれだけすごい人気なのだから、
しばらく通ってみようと思います。


投稿: RE:さくらさんへ | 2007年12月16日 (日) 19時58分

桃ちゃさん、ご自分でもお灸なさっちゃうってスゴイ!
私も「自分でできたらいいかな‥」と思って
図書館でお灸の本を数冊借りて来たわけですけれど、
経絡の場所を探すのが、むずかしそうなのと、
私の場合、うつぶぜになって背中とか足のつけねにしたいので
自分では無理そうなのです。
仰向けで股関節だけでも自分ですると良いのかしらね‥。

投稿: RE:桃ちゃさんへ | 2007年12月16日 (日) 20時02分

説明が少なくて誤解生じたようです。ごめんなさい。
このお灸は火を使わないタイプで 直径二センチ位の丸いものを肌に直に貼り付けるのです。だから脚の付け根とかにもOK、ただ長時間貼り付けていると 低温やけどしちまいます。(苦笑)
冷え性なので お尻のえくぼとかにも貼り付けてます。(使い捨てカイロの小型、じか貼り版と言ったほうがいいかも)
従来のモグサのお灸が自分で出来るといいのですが、これはやっぱり困難ですね。

投稿: 桃ちゃ | 2007年12月16日 (日) 21時11分

桃ちゃさん、ごめんなさ〜い。
「使い捨てカイロの簡単さと」と書いてあったので「?」だったのですが、
前にネットでビワの灸とか色々調べた時に、
火を使うのしか見ていなかったので、
千年灸に<火を使う/火を使わない>と
二通りあるのを知りませんでした。

もぐさの成分が浸透するのだったら、
温めるだけのただのカイロより良さそうですよね。
2センチのものの他にミニカイロぐらいのもあるのですね!
わ〜!私もカイロじゃなくてコッチにしてみます。
(低温やけどだけ心配だけれど。)

これなら背中でも大丈夫ですものね。
私背骨の脇に気になっているところがあるのです。
そこに試してみます。
これから早速ネットで注文してみます。
良いことを教えてくださってありがとうございます!!

投稿: RE:桃ちゃさんへ | 2007年12月16日 (日) 21時27分

コメントをありがとうございました。
田舎の片隅にて、なんとか、ほそぼそと、生きております。
また、勉強しにこちらへ参ります。ヨロシク‥( ^_^)/

投稿: 紫117 | 2007年12月17日 (月) 16時34分

紫117さん(というハンドル名だったのですね!)
早速“遊びに”来てくださってありがとうございます。
(勉強しにじゃなくて‥)

紫117さんのブログを読んで、安心10月号を
読んでみたくなって、図書館で予約申込しました。
そういう健康雑誌のバックナンバーが図書館で予約して
借りられるって、今まで知りませんでした。
過去の健康雑誌で股関節特集があるのも、ちょっと眺めてみたい気が
してきました。

股関節症と診断されたのが同じ頃ということや
手術しないで乗り切ろうとなさっていることが同じなので
ブログよんで親しみ感じちゃいました〜。
心強いです!腰を痛めちゃったのですね、お大事に!

投稿: RE:紫117さんへ | 2007年12月17日 (月) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第49回   立ち方 | トップページ | 第51回 »