« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月の4件の記事

2008年1月23日 (水)

再び骨盤ベルト

先日、銀サロに行った時、先生から私が前にお見せした骨盤ベルトのこと聞かれました。「あれ、良かったけれど、今もしているの?」実は、金沢のホテルに置いて来ちゃったらしくて、いつもは銀サロにしていくのに、その日はしていませんでした。その話をしたら、お隣で施術していらした宮川先生が、「ホテルの忘れ物は一年はとっておくことになっているし、忘れ物に気がついてもホテル側では連絡してこないから問い合わせてみたら?」と言ってくださいました。帰宅してから問い合わせたら、ちゃんととってあって着払いで送ってくださいました。

先生から「あれの名称ってわからないよね。」と言われて、購入したネットの店で確認したら商品名はシリコンベルトでした。楽天やケンコーコム始め色々なところで扱っていますので、関心のある方はお試しください。フツウの腰痛ベルトのようにウエストあたりにしめるのではなく、私は大転子のあたりを内側に押さえ込むようにつけています。薄型骨盤シリコンベルト L-LL

銀サロの松本先生が「ソルボでも良い骨盤ベルトが出た。」と教えてくださいました。私は車の運転をするときに座面と背中の後ろにソルボのクッションを挟んでいてソルボの感触は気に入っていたこともあって、早速そのベルトを注文。きょう届いたので早速つけてみています。仙骨、中臀筋、骨盤上部にソルボバッドがついていて、フィット感はなかなか良いのですが、大転子を押さえ込むための私の使い方だと押え方がソフトすぎる気はします。こういうのって試してから買えたら良いのにね。試すといっても靴みたいにちょこっと履いてみてというのじゃなくて、半日ぐらいはつけて歩いたり寝たりしてみてから‥というのが理想という気がします。

銀サロで教えていただいた<ソルボ中臀筋サポーター>もケンコーコム始め色々なところで扱っています。私は楽天で買いました。楽天に登録してあるので、名前や住所などから入れなくても簡単ということでつい同じ楽天から何でも買ってしまいます。
(楽天のサイト2009年現在リンク先が無くなり削除しました。)

これまでお一人でなさってきた銀サロに宮川先生という女性スタッフが加わっての初日に施術を受けに行きました。ファッションモデルみたいにスタイル抜群、日本人離れした容貌ということは前もってお聞きしていたのですけれど、本当に素敵な方です。これから行く人はお楽しみに!私は、4歳の黒ラブちゃんがお家にいるということでも(我が家も黒ラブを昨年向かえたので)親しみを感じたのでした。

| | コメント (4)

脂肪燃焼スープ

さくらさんへのコメントのお返事にも書きましたが、脂肪燃焼スープの本を図書館に予約してあったのが、三ヶ月待ちぐらいで年明けに手元に来たので読みました。この順番待ちを考えると人気の本なのでしょうね。「三ヶ月も待つ位なら買ってしまったら。」と思うかもしれませんが、どのくらい待つかは予測できないのです。<さいたま市内の図書館に5冊あって順番待ちはあなたが15番目です。>みたいな感じの情報だけ。借りた人が数日で返却してくれればすぐ順番が回って来る‥というような状況。

それに脂肪燃焼スープの作り方についてはネットでも紹介されていますので、本が必需品というわけではありません。「どんなことが書いてあるのかしら。」という興味から一度目を通してみたいと思った次第。これを発案された方が<どういうことで、このスープを作ることになったのか>ということ、試された方達がコレで何キロ減ったとかいうような体験談が載っていました。こういう体験談って、ダイエット成功者が多いと<その気>になりますよね。

股関節症のお仲間である金木犀さんのブログで、この脂肪燃焼スープは紹介されていました。さくらさんがなさって、<なかなか良い>というご感想を聞かせてくださいました。私も、一度試したのですが、そのときは自然食品の店で買った液体のチキンスープの素がイマイチ味が薄かったことと、鰹節の量が足りなかったようで<?>という味になってしまいました。今回、スーパーで売っている一般のチキンコンソメと鰹節をたっぷり入れたら、しつこい味ではない分、繰り返し食べても飽きない美味しい味になりました。

ネットでは<脂肪燃焼>と呼ぶことがどんなものだろうか、現実に脂肪を燃焼するわけでは無いのに、というようなことが書いてあったりしますが、名称はともかく、こういうのって自分で試してみて合うか合わないかですものね。本の体験談にもありましたが、お通じは増えるように思います。繊維が多いからでしょうか。それに、他のダイエットに比べれば自然で無理が無いと思います。<この野菜スープを元に一日目は他に何をとる>というような一週間のメニューが限定された方法もありますが、そうではなくて、ただいつもの食事の前に、この野菜スープを食べるだけ(スープというより野菜が沢山あるので“食べる“”という感じ)という方法もあって、私はそちらをしてみました。本の分量など何回分かあって煮返して食べることも可能になっています。月に一度か二度取り入れていこうかな‥と思います。夫が不在で私一人ときには、この野菜スープに納豆/卵に玄米みたいな食事にしちゃうとラクですし‥。

以下のページは、その決められた7日間の方法について書いてあるページですが、材料は同じです。‥と書きながらそのページを今見直してみて気がついたのですが、そこには書籍の材料にはあった<鰹節>と<昆布>が入っていません。ですから前回私が作った<?>の味は鰹節が足りなかったのではなく全く入れなかったのかもしれません。今回鰹節の風味が効いて美味しいと思ったのでしたから。

http://allabout.co.jp/fashion/diet/closeup/CU20051006A/index2.htm


毒出し脂肪燃焼ダイエットスープ―6つの野菜でいますぐできる 食べれば食べるほどやせられる 書き込み式即やせダイア (セレクトBOOKS)


| | コメント (8)

2008年1月14日 (月)

you-tube/股関節関連など

股関節症の方のブログも増えて来ました。たまに、このラベンダーブログのアクセス解析を見ることがあります。どこのページをたどってこられるのか、そちらのページを私も訪ねてみたいと思って見るようになりました。現在は銀サロの松本先生のページにリンクしていただいているので、そちらから来てくださる方がほとんどです。後は検索サイトから来られる方たち。どういう言葉で探されたのかもわかります。<股関節痛>だったり、<温存療法>との組み合わせだったり、情報を求めてあちらこちらのサイトを一所懸命探されて、不安な気持ちで来られている人もおいでになるのだろうな‥とおいでくださる方たちに思いを馳せて見たりします。

それで逆にその検索ページをたどって、私のブログと並んで紹介されている他のブログやホームページを訪ねてみたりして、参考になるページがあるとブックマークに追加していました。いつのまにかすごい量になってきたので、数えてみたら<脚関連>だけでサイト数150を超えてしまっていました。この他に温泉のブックマークや別に健康という項目も作ってあるので、純粋に股関節症関連だけで、これだけあるのです。(補高靴やインソールみたいなものも含めます。)

滅多に行かないサイトもあって、久々に見てみました。ご覧になっている方もいるかと思いますが、you-tubeもhip-jointで検索すると色々でてきます。http://www.youtube.com/watch?v=gHAsRMqj034、これは電気マッサージを静かにかけるようなことから始まりますが、後半に内転筋を鍛えるのにクッションを脚の間にはさむ体操がちょっと紹介されています。

私の場合、体操をするなら<患足に体重をかける練習>と<内転筋を鍛える>その二つが重要と銀サロで言われています。足を上げたりするような体操はあちらこちらで紹介されていますから、内転筋を鍛える体操をここで紹介しているのは良いことのように思います。その他にも股関節関連のものが情報としていくつか上げられています。<転んでもただでは起きない精神>で、足のおかげで英会話の勉強も一緒にできちゃうわ‥ぐらいの感じで見たりしています。スポーツによる股関節の痛みのビデオhttp://www.youtube.com/watch?v=R4_3Fem4bM0&feature=related(どちらか一つ見るならコチラをお勧め)はアクセス数が相当数あったので、「こんなに股関節に悩みをもっている人たちが大勢いるのだわ。」とあらためて思いました。

変形性股関節症と診断された当初は、聞いたこともないような病名で「これは何?誰もわかってくれない。」みたいな孤独感のようなものがある場合が多いように思います。ネットでご覧になると、手術・未手術それぞれですけれど、本当に多くの方々がこの症状と向き合っていることがわかります。時代の恩恵を受けていると思います。インターネットがあって良かったと、あらためて感謝!

| | コメント (4)

2008年1月 7日 (月)

本年もどうぞよろしく!

今年初めての書き込みです。きょうまでが松のうちなので遅ればせながら「新年おめでとうございます。」

昨年最後に書いた<引き寄せの法則>、頭ではわかっていながら、ものの考え方って習慣というのか癖になっているようなところがあることに気がつきました。例えばですが、昨年、従姉妹の隣りの家が火事でほぼ全焼ということで、後日火事見舞いに行ったのですが、その現場が強烈で一度見てしまうと、やはり思い描いてしまいそう。火事の現場を忘れようと思えばおもうほど、そこに思いが行ってしまう‥みたいな感じなのです。火災のニュースをテレビなどでみますが、その被災者たちも数日前には別の火災のニュースを見て「まあ、大変」と思っていた人たちのはずだから、ひょっとしたら無意識に火災をひきよせちゃったのかしら‥とふと思って見たりしています。

あるいは「周りに意地悪だったりイヤな人がいないのは幸せなことだ。」と思って、「あら、これってイヤな人を引き寄せてしまうかもしれない。」と思って「周囲が良い人ばかりで幸せ」と思い直したり‥というようなことを繰り返しています。美輪明宏の本に「ピアノの御稽古と同じ」というようなことが書いてあったように記憶しているのですが、ものの考え方もピアノの御稽古と同じ、ですぐにはそうできなくても繰り返していればコツがつかめるのだと思っています。

お正月の3日から6日まで軽井沢で過ごしました。寒いので朝の半身浴は省略、それに外は寒いし、家でも動かないし‥みたいな生活をしていたので、足の調子をちょっと悪くしてしまいました。久々に寝てからも痛みが出ます。<温めること>というのが今の私には一番なのだと痛感しています。きょうから心機一転半身浴再開です。

昨年、縁があってまたワンちゃんを我が家に迎えました。パワフルな黒ラブちゃんなので私が長時間御散歩するというところまでは無理かもしれないのだけれど、ドッグランのようなところに連れていって他のワンちゃんたちと遊ばせることが出来るようになるぐらいまでになれたら嬉しいのだけれど‥と思っています。前にも書いたと思いますけれど、漠然と「足を直そう」と思うより動機付けって大事だと思うのです。

現代医学では手術としか言われない変形性股関節症、手術してもなお足の状態の悪い人たちのケアも含めて、銀サロの松本先生は旋風を巻き起こしそうな勢いです。私は読み落としてしまって後で知ったのですが、暮れの銀サロの松本先生のブログ(股関節痛は怖くない)に、股関節症の銀サロのお仲間のブログ(私のブログも挙げてくださって)、新患の方たちが来られると話題になっていることが多いのだとのことでした。その方たちに励ましと力を与えているのだということで、先生が感激してくださっていました。骨の変形が治ることは無いでしょうけれどそれはさておき、筋肉をほぐすということを提唱されています。今年中には本も出されるようです。手術された方も、迷っている方も、温存で行こうと思われる方にもおすすめです。何の療法でも100人居て100人に合うパーフェクトなものは無いと思いますが(だから巷にこれだけ接骨とか整骨とか鍼とか民間療法があるのでしょうから)股関節症には限りなく合っているのだと思います。

今年も銀サロで筋肉をほぐしていただきながら、前向きに暮らして参りたいと思います。どうぞよろしくおねがいいたします!

| | コメント (4)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »