« 海外事情 | トップページ | 股関節症のお仲間は大勢います »

2008年5月17日 (土)

入浴剤としての塩

ここのところ、クナイプのバスソルトを三種類購入して使ってきました。これまでの(美容院で勧められて使い始めた)バスソルトはちょっと値段が高いので「他に無いかしら。」と探していたら、アマゾンで扱っているバスソルトの中ではこれが人気商品だったこと、社名が神父様の名前に由来するということなどから試しに使ってみようかと思ったのでした。


私が試してみた三つの香り。主人が先に入った後、バスソルトを入れて入って、翌朝もう一度追い炊きをして入っています。つまり二回つかっています。(お風呂場を中心に)家の中にも香りが広がるような気がします。そういう意味でもアロマ効果もあるかもしれません。もともとアロマオイルをお湯に落として香りを楽しむという方法もありますものね。
Photo

850グラム入りというのもあるのですが、<お試し>ですから、40グラムが6袋入った三種類の香りのバスソルトを買いました。結果、どの香りも気に入りましたし、やはり入れた方が水道水よりも身体が温まるということは実感できました。ただ、お風呂の水に色と香りがついてしまうので、<わかし返して遅く帰って来た夫が後から入る>みたいな場合は使いにくかったりします。一人暮らしの人には良いかもしれなけれど、家族が居る人には入浴剤って好みがありますから使うの難しいですよね。それで「塩分だけなら無色透明だし、どうなのだろうか?」と思いついて、ネットで検索してみました。

<入浴剤としての塩>と検索してみたら、クナイプ社のページがヒットしました。ご紹介しておきます。クナイプ神父のことも合わせてご紹介しておきます

入浴剤としての塩クナイプ

クナイプ神父クナイプ神父

前にご紹介した<身体の冷えをとって病気を治す>という本では、温泉の効用を書いていて、でも誰でもが温泉に行けるわけではないので家庭で入浴剤を使って<疑似温泉をつくってみる>ということも提案しています。その中で<死海の塩>を勧めているのですが、死海の塩の成分ってほとんどがマグネシウムとカリウムでナトリウムは4〜6パーセント以下なのだと書かれていました。海水の方はナトリウムが77、8パーセントも含まれているのだそうです。

死海の塩の方が良いらしいですが、簡単に手に入りそうもないし、クナイプ社のページによるとフツウの塩でも効果があると書いてあったので試してみようと思っているところです。合成された塩化ナトリウムでは良く無さそうですけれど、自然食品の店の塩なら大丈夫そうですものね。我が家にある塩をみたら伊豆大島の塩と沖縄の塩、いずれも海水100パーセントになっています。塩も色々なので、色々試して自分なりに気に入った塩がみつかるのに時間がかかるかもしれないけれど、試してみるだけの価値はありそうに思っています。

塩なら入浴剤と違って、ご一緒のご家族にわからないで試せそうですし、入浴剤をあらためて買うことに比べて気軽にできることの一つかしらと思ってご紹介しておくことにしました。クナイプ社のバスソルトも香りを楽しみたい時には平行して(時々)使って行こうかと思っています。

|

« 海外事情 | トップページ | 股関節症のお仲間は大勢います »

コメント

こんにちは。
パソコンがやっと起動してくれました。
ウインドウズMeは少し気難しくて困っています。
ガス風呂釜を使っているのですが、ガス屋さんは入浴剤は風呂釜を傷めるのでできるだけ使わない方が長持ちすると言っていました。冠婚葬祭のお返しに、よく頂くのでこのごろはよく使っているのですが、塩って錆ませんか。身体の錆のほうがこたえているので、塩で温まれるのであれば強い香りや色を気にせずに入れられてすごく助かります。お鍋みたいにさっと洗い流せれば安心なんですけれど。しょっぱく感じるほども入れなくて良いんでしょうか。

投稿: のり | 2008年5月18日 (日) 13時19分

のりさん、給湯だけのお風呂なら良いけれど、追い炊きできる循環式のお風呂って入浴剤使うと確かに風呂釜いためるかもしれないですね。以前使っていたバスソルトはお高かったので「特別な日」疲れた〜というような時しか使っていなかったので、影響なかったのかもしれません。一日おきにしてみたらどうかしらね。水道水の日に、洗い流されて、また塩を入れてと交互にしてみようかしら‥。

塩はほんの少量で良いのではないかしら。そういえばヨガの先生が「日本酒を一升瓶で一本お風呂に入れると身体が温まって良い」と言われたことがあります。皆で「もったいな〜い!」と言いました。

投稿: RE:のりさんへ | 2008年5月18日 (日) 22時29分

おはようございます。お塩、ほんの少量でよかったのですか。入浴剤の一回分の袋の量くらいから試してみますてっきり「お吸い物」ぐらいの濃さでいれるものと思い込んでいました。(水戸泉関が撒いていた程のお塩が要りますよね。)日本酒一升は下戸の私が入れるとひっくりかえってしまいそうです。減塩で食事にあまりつかえないので死海はありませんが沖縄、モンゴル、赤穂、頂き物のお塩が何キロかあるんです。ありがとうございます。

投稿: のり | 2008年5月21日 (水) 09時49分

のりさんのところには多種多様な天然の塩があるのですね。実は私、この日記を書いた後に、以前私が買おうと思った時には品切れだった死海の塩がアマゾンにあったので、買ってみたのです。一回40グラムと書いてあって、小さな計量カップがついてきました。昨夜、初めて使ってみたところです。感想はあとで日記に書いておこうと思います。

お吸い物と同じだと、相当の量になりそうですよね。それじゃ、大変!のりさん入りのお吸い物ができちゃうところでしたね。spa

投稿: RE:のりさんへ | 2008年5月21日 (水) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海外事情 | トップページ | 股関節症のお仲間は大勢います »