« さくらさんからいただいた“さくらちゃん” | トップページ | バイオラバー/あんあんさんへの回答 »

2008年6月13日 (金)

ヨガの教室、終了に。

パソコンの修理出来上がってきました。修理に出している間、(この3月に買い替えたばかりだったのですが)以前使っていた、ちょっと動きが悪くなっているパソコンでメールを読んだりコメントのお返事書いたりしていました。

きょうヨガに行ったら、ヨガの先生がお休みとのことで、生徒だけの自主トレ。先生からのおことづけで「今月いっぱいでお教室は止めさせていただきます。」とのことでした。何ヶ月か前にも「今月いっぱいで」と言われたのを生徒が「ぜひ続けてください。」と無理にお願いしたのでしたから、これ以上無理していただけません。(75歳なのだそうです。)姿勢も良くて歩き方も颯爽としていて、「後ろ姿はまるで30代」と先日も他の人が褒めていました。ポニーテールみたいになさっていて小柄で、本当に若々しいのです。でも毎週、指導していくというのは責任もありますし、一人で気ままにするのと違ってやはり大変なことでしょうものね。

私以外の人たちはきょうのような自主トレを皆で会場費だけ集めて続けて行きましょうという方向になり、私だけが止めることになりました。お教室が駅の反対口にあって、浦和駅というのは地下道を通らないと反対側に行けなくて、自転車で遠回りして坂道をヨイショヨイショとこいで行くのですが、それがシンドイことや、これまでは先生の魅力が大きかったこと、後半の15分ぐらいは毎回新鮮な日替わりメニューみたいな内容で「きょうは何をするのかしら。」という楽しみもあったのだけれどそれが無くなってしまうのでは通う気も失せてしまいます。

毎週金曜日に二時間弱していたヨガのお教室が終わってしまうとなると、さてどうしたものかと考えているところです。新しいヨガの教室を探して入ろうというほどの意欲もありません。一般のヨガはポーズが多いでしょうけれど、足を<蓮華座に組む>みたいなことは到底私にはできないわけで、これまでのヨガはフツウのヨガとはちょっと違って導引術に近いようなことでした。それに最初から私は足が悪いことをご存知で先生ご自身から「そのままだと筋肉がどんどん落ちちゃうから是非ご一緒にお教室に。」と誘っていただいたのでしたから。

その代わりとして考えているのが、ちょっと遠いけれど、先日見て来た桜区の温水プールに通うこと。でも教室じゃないと強制力がなくて「きょうは行きたくない。」と思えば行かずに済んでしまいそう。これまでのヨガはお月謝も払っていたわけですから休むのは勿体ないという気もはたらきますし、休むときは欠席届も他の生徒さん経由でしなくちゃなので<強制力>があったわけなのです。

自分で自分を律して行くって、難しいですよね。週に一度二時間のヨガを一人で続けられば良いけれど、とても無理そうな気がしています。何か良い方法がないかしら。きららさんの歩き方教室みたいなものがコチラ方面にもあればと思ってしまいます。DVDを買って椅子の体操をしてみるとか?

同級生でデパートにおつとめの人が居て、毎朝6時半のテレビ体操をずっとしているそうです。「その10分で一日が違う。」のだそうです。仕事で高いところの物をとったり、色々動く時にスムーズで、体操をしないと、ちょっと調子が(彼女の場合は)悪いのだそうです。私にも勧めてくださいました。あの体操も椅子に座ってというのがあるのですよね。確かに、号令をかけていただいたり、「一緒に動く」というのは、一人でしているのとはちょっと違うように思いました。その流れでテレビ体操が終わった後に足を上げたりのような自分の体操を生活のリズムに組み込めたらいいのだろうな‥と思います。皆様は体操をする時間って決めていらっしゃいますか?(‥というようなことをスカイプだとおききできるのになぁと思ったりしています。)

話は自転車で坂道をこぐ話に戻りますが、足が良かった頃は気にならなかったようなゆるやかな斜面でも足の力が落ちたらしく、必死でこがないと上れません。他の人は自転車こぎながら上がってしまうような坂道も降りて引っ張らなければなりません。これも一つのバロメーターで、降りないで坂道こげるようになりたいと願っています。

|

« さくらさんからいただいた“さくらちゃん” | トップページ | バイオラバー/あんあんさんへの回答 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さくらさんからいただいた“さくらちゃん” | トップページ | バイオラバー/あんあんさんへの回答 »