« 廣橋賢次先生の運動療法 | トップページ | 自分に合うことを »

2008年7月22日 (火)

続 運動療法のこと

昨日ご紹介した廣橋賢次先生は運動療法で有名な方で、のぞみ会でも講演会をなさっていると情報をくださった方がいらっしゃいました。(お名前の字の間違いも指摘いただきました。早速訂正しました。ありがとうございます。)その講演会の内容を知りたく思いまして、のぞみ会にその講演会が掲載された会報のバックナンバーがあるかどうか問い合わせてみようと思っております。

昨夜、<手術しないで乗り越えた股関節症15年の記録/渡辺千賀子著>の体操のページを「もしや‥」と思ってみてみたら、やはり‥というべきか、廣橋先生のお名前がありました。体操のイラストが載っている84ページに、それらの体操の出典として<股関節症:患者と医師のためのガイド/村瀬鎮雄 廣橋賢次著1996年>がページの下の方に紹介されております。その本はアマゾンで見たらまだ出ているようですが体操はこうしてコチラの本に紹介されているわけですし、学説・理論は、昨日注文した本の方で(新しいので最近までの研究が載っていそう)読んでみるので良いかしらと思っています。

どうして、その<15年の記録>の中で体操が紹介されているのに、その体操をしようと思わなかったかというと、著者の渡辺さんはトレーナーについて水中運動もかなりなさっていて、印象としてはそちらがメインのように思ったこと、体操が15種類も紹介されていることに加えて、それぞれ回数やら秒数やらまでの指示はなく、体操の方法だけが紹介されていたこと。「コレをしてみよう!」という意欲が湧かず「こういう体操もあるんだなぁ」と思っただけだったのです。

今回、サマースノーさんが送ってくださった、林先生とゆうき指圧整体院の共同研究による体操、なぜこれまで出会った体操と違って続ける気になったのかというと、体操が5種類と限られていること。秒数や回数も明記されているので、取り組みやすいこと。まず8の字の体操で股関節をほぐしてから、足の前(大腿四頭筋)内側(内転筋)、外側(中臀筋)、後ろ側(大臀筋)と足の周りの運動がひととおり入っていてわかりやすいことだと思います。カッコの中の筋肉の名称は私が勝手に入れてしまったのですが、要は足の周りを一巡しています。コレは吉川トレーナーに「足の太さを左右同じにしたい。」と言った時に教えていただいた体操と似ています。そちらも足の周りを一巡するのだけれど、体操がややこしくて覚えきれなかったのです。(weep

これまでの体操って、椅子にすわって足を前に伸ばすとか、腿をあげるとかいうような個別のことだけの紹介か、逆に種類が多すぎてしまうかみたいなことで、帯に短しタスキに長しみたいな感じ、そこにいくと足の周りを一巡するってまんべんなく筋肉を使うのでいかにも良さそう。しかもいきなりじゃなくて8の字でゆらして股関節緩めてからというのも良さそう。‥でも、やはり<サマースノーさんがカウンターを送って下さった気持ちに励まされて>というのが一番大きいのかもしれません。

☆西日本新聞で紹介されていた体操は四種類ですが、それに
仰向けに寝て膝の間に毛布やタオルケットをはさみ、両足を寄せる、7秒 20回というのが加わります。


         

|

« 廣橋賢次先生の運動療法 | トップページ | 自分に合うことを »

コメント

ここに書いていいかな・・・。
先日、無事に銀サロの予約が取れて宮川先生のところへお邪魔しました。
目の前で迷ってしまって。(だって看板があると思ったんだもん→すんません。思い込みって怖いです)
時折通っていたあのあたりに銀サロがあったなんて、びっくりでした。
先生はすごくお若くてきれいな方ですね。
初めての施術は、さいしょ、涙目でした。
おしりのあたりがコリコリ。
変な負荷をかけてあるいていたんだなあ、と反省しました。
でも、終わって歩いた時”つっぱらなかったあんよ”、に涙が出そうでした。
前にラベンダーさんおっしゃってましたね。。。おしりもぷわぷわでしたし・・・。
その後実は北海道に行ったのですが、初めてのスワニーでちょっととまどってしまったのと(持ち手の高さが不安定で、カクンってなったんです)、エスカレータとかエレベーターがあまりなくて持ち運ぶことが度々。
そのせいかちょっと痛みが出ています。
せっかく施術していただいたのに残念!!
また銀サロにうかがえたらなって思います。
大事にしつつ運動も適度に、がきっと大切なんですね。
ラベンダーさんをお手本に頑張ります!

投稿: うさこ | 2008年7月24日 (木) 12時33分

うさこさん、私も初回東京駅からタクシーで行って、運転手さんに地図を見せてもわからなくて、グルグルまわって先生に(運転手さんが)電話して聞いたりしたんです。いまだと先生は忙しくて携帯に出て下さらなそうですが、当時はまだ大丈夫だったんです。

でも他の人に話したら「え、どうして?あんなにわかり良いのに〜」と言われて、ショゲておりました。うさこさんも迷ったのだと、ご一緒なので嬉しい(?)です。看板ね〜、確かに浦和でも接骨医でも整体でも看板が大きくでていますからアルと思っても不思議じゃないですよ。

宮川先生素敵ですよね!お部屋も素敵で銀座の高級エステの雰囲気(行った事無いけれど想像で)みたいですよね。うさこさん、ふわふわうさぎさんになって帰って来たんですね。

スワニーのバッグ、エレベーターが使えれば一番良いのですが、階段は持ち手やキャスターの分重いからたいへんですよね。ご苦労さまでした。

地震大丈夫だったかしらと思いつつ。


投稿: RE:うさこさんへ | 2008年7月24日 (木) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 廣橋賢次先生の運動療法 | トップページ | 自分に合うことを »