« カーラジオで偶然聞いた放送 | トップページ | 廣橋賢次先生の運動療法 »

2008年7月20日 (日)

8の字ゆらし

サマースノーさんからご紹介いただいた体操に入っている8の字を足で描く体操について、安心の7月号に<8の字ゆらし>ということで特集が組まれています。(私は例によって図書館で借りて参りました)股関節だけでなく、首の痛みや五十肩についてもそれぞれの関節を8の字に動かすような体操が紹介されています。股関節痛が治った体験談を3人の方が、膝が2人、五十肩四十肩の人の体験談も載っています。

前回銀サロの先生と一緒に取り上げられた2007年1月号では<ゆうきプログラム>は「私の開発した運動の数は99種類あります。」と書かれていましたが、今回見たら150種類に増えていました。首や腰や肩や手首やあらゆる関節の体操ですから、これぐらいになるのかもしれません。遠隔地の人にも問診をして体操を一人一人の状態に合わせて考えて下さるということがゆうき指圧整体院のホームページに出ていました。

8の字の体操を「やや特異な存在」として「他の運動が関節周辺の筋力を強化するのに対して、8の字ゆらしは靭帯をほぐし強化します。」とのこと。靭帯については「関節の骨と骨をつなぐ繊維状の組織」と丁寧に解説が入っています。「筋肉をほぐしても治りが遅いのは靭帯の硬直をそのままにしているからではないか」と思ったことが、この体操発案のきっかけのようです。「靭帯だけでなく関節包の緊張をほぐす効果もあるようです。」とのことで。関節包が柔軟になると関節腔の内圧が正常化して痛みがやわらぐということが図解されています。

体操を思いついた動機が面白いと思いました。お子さんの工作で打ってしまったクギを抜こうとして引っ張ったり回したりしたけれど抜けなくて、たまたま8の字に揺らしたら簡単に抜けたのだそうです。8の字はあらゆる方向にまんべんなく力がむかうからと思い当たったことがこの体操発案に繋がっているのだそう。

私が、心引かれたのが実は8の字体操そのものよりも(体操はすでに取り入れておりましたので)、この体操を取り入れる時期を「両足の長さがそろってきたとき」と大谷内先生が書かれていたことなのです。私が跛行しているのは、数年前から出来てしまった脚長差なので、その脚長差をとる体操も何かあるのだろうかと思い始めたらどうにも気になって仕方ないので、きょう問い合わせメールを書いた所です。遠隔地の人に運動のプログラムを作るのは3万円もかかるのだそうですが、大阪までの交通費と時間を考えれば、<脚長差も改善する体操があるようなら>申し込んでみてもいいかもしれないとも思います。(本来、礒谷療法がそうなわけですが‥)


大谷内先生のブログにサマースノーさんが聞かれた講演会の模様が書かれていて、興味深く読みました。
サマースノーさんが教えて下さった新聞記事のことを7月18日づけでお知らせとして書いておいでです。お知らせ

8の字体操は、手術前、手術後のリハビリにも良いということも書いてありました。

|

« カーラジオで偶然聞いた放送 | トップページ | 廣橋賢次先生の運動療法 »

コメント

ゆうき整骨院のHPは見ましたが、先生のブログには気付きませんでした。
お陰さまで8の字体操の詳しい情報を得ることができました。
直接メールを送られたなんて、ラベンダーさんの行動力何だかとても好感が持てます。
やはり「治りたい」との強い思いは、出会いを引き寄せる力があるのかも。

私も明後日は理学療法士さんから体操の確認をして頂きます。

投稿: サマースノー | 2008年7月21日 (月) 23時27分

さくらさん、ラベンダーさんのコメント欄を通してわたくし宛てに回答をありがとうございました。ラベンダーさんのブログを今年5月ごろから読むようになった”新入り?”だったため、さくらさんとラベンダーさんのこれまでの経緯を知りませんでした。それでこの2日間の休みを利用してラベンダーさんのブログとコメントを最初から辿って読んでみました。そこにわたしの知りたかったさくらさんのライフスタイルや症状の推移などが書いてあり納得した次第です。いろいろと試行錯誤をなさっているラベンダーさんのブログに出会えて、さまざまなことを教えていただき本当に幸運だと思っております。わたしもさくらさんに追随できるよう、手術を回避する方向でしばらくやっていこうと思っております。   ぽち

投稿: ぽち | 2008年7月22日 (火) 00時19分

今朝パソコンあけたら、もう<ゆうき指圧整体院>の院長先生からメールが入っていて、メールの内容より詳しいことがわからないと回答できないので、「電話連絡を夜(時間指定くださって)にしてください。」というご丁寧なメールを院長名で頂戴しました。素早い対応に、頼もしさを感じております。

サマースノーさんは脚長差が出ないうちに良い体操に出会われて良かったですよね。私も<痛み>と<脚長差による跛行>の二つが問題なので、痛みをとる体操と一緒に脚長差が改善する体操もできたらなぁと欲張ってみているところです。

投稿: RE:サマースノーさんへ | 2008年7月22日 (火) 10時40分

まあ、最初からコメントと日記を全部読まれたのですか!? 最初は三ヶ月でオシマイにするつもりだったブログ、いつのまにか膨大な量になってしまいました。再開するときも、さくらさんに相談にのっていただき、励ましていただいて再開したのでした。

私に<頼りになるさくらさん>が居て下さるように、このブログに来られる人の心に寄り添うように私も居られたらいいなと思いますが、いかんせん、私はまだ治っておりませんので‥。<さくらさんへのお取り次ぎ係>というのはどうかしらと(さくらさんの了解も得ずに一人で)思っております〜。

投稿: RE:ぽちさんへ | 2008年7月22日 (火) 10時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カーラジオで偶然聞いた放送 | トップページ | 廣橋賢次先生の運動療法 »