« 箱根旅行記 その3 | トップページ | CW-X対SKINS »

2008年9月22日 (月)

仕切り直し/徹底してほぐしてみます。

ここのところ一泊旅行やら、その前後の準備やなにやらで体操はさぼり気味。体重も「ここのところ、ちょっと計っていないみたい。」と思うと、あっというま一週間過ぎてしまっていたりで、本日より仕切り直し、出直しの一日目。

私のブログ読んで「前向き」とおっしゃってくださる方が多いのですが、落ち込んでいる時はブログ書かない(書く気になれない)元気な時だけ書いているだけのことで、私もしょっちゅう落ち込みますし悩みます。股関節症のお仲間が増えて来て、色々な方とメールのやりとりをするなかで元気づけていただいています。

話飛びますが、先日、ある友達と「今後の人生で何をしていくか。」というような話になりました。彼女は仕事は成功していて起業家をめざす女性のための講演会みたいなことの講師にまねかれたりする成功派。その彼女が仕事は軌道にのっているので5年ぐらいのうちには人にまかせられるようにして、自分は後進国に行ってストリートチルドレンを育てるようなことをしてみたいと話していました。そして私にも「あなたも今の仕事を発展させるとか次の段階のことを考えてみたら?」と言われました。

私は、そういう意味では自分の股関節症をなんとか保存療法でのりきるということが、自分のためだけでなく、他の人たちにも、一つの可能性を示せるということでもあるので、それにチャレンジしてみたいと思っています。さくらさんに「回復歴を書いていただけないか。」とお願いしたことがありましたが、私が書いているこのブログが、いつの日かこのまま回復歴になったら「こういう時期にはこんなことで迷いながらも乗り切れた。」と月日を追ってわかることになるわけですもの。

ラベンダー広場(スカイプをつかった7人でのおしゃべり広場)のお仲間のFさんがコチコチだったお尻が、前回、銀サロに行った時にはフニャフニャに柔らかくなって、その代わり別の固い所がみつかったような話をされていました。先日銀サロに行った時に(私も同じ宮川先生なので)その話をしたら、「Fさんはご自分で中山式快癒器でほぐされたり、足裏をほぐしたり色々なさっていますから。」と宮川先生に言われました。(「私がほぐしました〜」みたいじゃなくて、宮川先生、謙虚なんです〜)

私も銀サロの<らっこちゃん>を買ったのですけれど、時々寝る時に使ってはみるものの、徹底して「ほぐす」という心意気にかけていたと昨夜思いました。私は内転筋に問題アリみたいなのですが、内転筋は、らっこちゃんではほぐしにくいのです。「バスタオルを使って厚みを出してその上にのせてこんな風」にと宮川先生がしてみせてくださったことがあったのですが、やはり自分ではあまり上手につかいこなせません。それで思いついて昨夜、自分の肘で押してみたのです。コレがなんと大正解!左足は右足の腿の上にのせるようにしてして出来ますが、(患足の)右足は左足の腿の上にのせた状態では内股を上にはむけられないので、足を投げ出してなのですが、何しろ工夫すれば、自分の肘で押せる事を発見!「二年も銀サロに通いながら、コレに気がつかなかったなんて〜」みたいな気持ちです。

まずは銀サロへの回数も月に一度だったのを増やすことにして、それに加えて、徹底して自分でもほぐしてみようと思います。一回にやりすぎることのないように気長に。それにゆうき体操。この二つを軸に、これまで続けてきた半身浴、体重管理をしていこうと思います。一応これは目標を一年にしてみます。一年後にどこまで改善しているか‥にチャレンジです。ゆうき体操もなかなか良いと思いますので、この組み合わせで成果だせそうな気になってきています。きょうからスタート一年計画!


|

« 箱根旅行記 その3 | トップページ | CW-X対SKINS »

コメント

やはり解しに戻ってきましたね。^^
お帰りなさい(*^ ^*)
自分でも肘や指で結構解す事が可能です。
しんどいな~と思う事も多々ありますが、痛みが出だしたら言ってられないですものね。
やっと本来のラベンダーさんの戻ってきて嬉しく思います(^_-)-☆

投稿: クミコ | 2008年9月22日 (月) 19時36分

クミコさんはパートナーが上手にほぐしてくださっていいですね〜。さきほどブログ読ませていただいて、「いいな〜、いいな」と思いました。

その節は色々とお騒がせいたしました〜。今後ともどうぞよろしくおねがいいたします〜。落ち込むのは以前と一緒なのですが、「立ち直りが早くなった」と周囲にも言われますが、自分でもそう思います。以前は3、4日落ち込んでいたのが一日半とか二日とか‥みたいな。これもちょっとした進歩。励ましてくださる人がいるからなんでしょうね。ありがとうございます。

投稿: RE;クミコさんへ | 2008年9月22日 (月) 23時33分

私もこれまでは随分落ち込みました。
一喜一憂しながら、五味先生の言葉を思い出し、また知り合いの外科医の言葉を思い出しながら自分に言い聞かせてきました。「これでいいのだ。」と
それでも、又悪化するのではないかと、何時も戦々恐々としていました。

ところが銀サロの先生のブログを拝見して、
これでいいのだ!と本当に心が明るくなりました。
ありがたいブログでした。

ラベンダーさんが落ち込むお気持ちは、凄く分かります。
でも、乗り越えるのも自分の気持ちです。
頑張ってくださいね。

投稿: きく | 2008年9月23日 (火) 11時48分

股関節症を乗り越えられたきくさんも、不安に思われた時期があったのですね。本当に自分の気持ち次第ですよね。銀サロの先生方に直接お世話になれることを感謝しつつ、私もきくさんのように乗り越えたいと願っております。

気持ちを明るく前向きにするのに、音楽の力って大きいですよね。きっときくさんも小唄が乗り越えるのに大きなパワーの元だったのではないかしらと思ったりしております。私もフルートが大きな力になっています。

投稿: Re:きくさんへ | 2008年9月23日 (火) 21時20分

いつも元気はつらつラベンダーさん!って感じています。
たとえ落ち込む時がおありだとしてもじきに立ち直りすぐにブログをこんなに立派に書けてしまうってすごいなぁといつも感心しています。
私はあまり落ち込みはしないのですが書くことが苦手でコメントさえなかなか思うように書けないことが多いのです。(コメントが遅くなる言い訳・・)

ラベンダーさんのブログをこのまま回復歴にできたらすてきです。
回復へのヒントがたくさん詰め込まれているので後に続く同病の方々の大いに参考になりますもの。

私にも回復歴をと勧めていただきましたが、書くまでもなくいわば私のは単純明快、「銀サロ」だけなんです。
何しろ自分で努力するのが苦手で磯貝式も骨盤体操も続かなかったのです。
まして自分でこつこつすることになるリハビリや体操が続くわけもなく・・(恥)

しかし松本先生に施術を受けたら何の迷いもなくすべてをお任せしようと思えたので銀サロだけは一生懸命通いました。
(お出かけ大好きなので銀ブラ(古い!)もできたし)
結果今は私的には「回復」と思えるほどになったのでそれはほんとうに嬉しいです。

ラベンダーさんは「銀サロ」通いを増やされるのですね。賛成!!
ランチもできる日も増えると嬉しいです。

投稿: さくら | 2008年9月24日 (水) 00時12分

初めて、銀サロでほぐしてもらった時は、直ぐに筋肉の状態がよくなるのかなって、漠然と思っていました。しかし、現実は違いました。
月に一回を4~5回続けるうちに、気づいたことがあります。それは足心道を主人に始めたころのことです。主人の足の裏は異常に固く今でこそ棒で押していますが、初めのころは、手で押しても痛がり、大変でした。特に、足の裏のつぼと内臓が対応していて、弱っているつぼはこちこちでした。それを毎晩30分から一時間ほぐしていました。多分2年ぐらい経って完全にほぐれてきて、今では22~3年になります。御陰でここ十年は風邪を引くようなことも無く、体調管理に役立っているのではないかと思っています。
この経験から、月1の銀サロでは、早くて2年、遅くとも5年くらいを目標に、身体中の筋肉の状態をよく出来たらいいなと考えています。自分でほぐして、筋肉管理が出来るようになるのが、私の夢です。
ラベンダーさんも一緒にがんばりましょう!

投稿: forget-me-not | 2008年9月24日 (水) 15時20分

さくらさん、いつも色々相談に乗っていただいたり励ましていただいたり、本当にありがとうございます。「銀サロに通っただけ」とおっしゃいますが、それもなかなかできないことだと思います。私も回数を増やそうとは思いますが、さくらさんほどには通えそうになく、自分でのほぐしも加えていこうと思った次第です。

二宮さんに続く三宮サン目指しております。またランチご一緒したいです~。前回のランチでミクシイの方にきくさんの日記があること教えていただいたのでした。いつも色々おしえていただけてありがたく思っております。

投稿: Re:さくらさんへ | 2008年9月24日 (水) 21時09分

forget-me-notさんの足心道のキャリアはすごいですよね!ご主人の足の裏をほぐされた体験は貴重ですね。

私は月一の銀サロを二年続けてきて、「これだけでは無理そう」ということを感じています。その人の体の硬さや条件はいろいろ違うと思いますので、<私の年季の入った硬さだと>ということですが。

<自分でほぐして筋肉管理ができるようになる>というのが確かに理想的な最終目標ですね。股関節症は卒業することは無さそうですから<自分で管理>できるようにして、車検みたいにたまに銀サロでチェックみたいなことが出来たらと私も思います。

forget-me-notさん、ご一緒に(あまり力まず楽しみながら)頑張ってまいりたいと思います。よろしくお願いします。

投稿: Re:forget-me-notさんへ | 2008年9月24日 (水) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 箱根旅行記 その3 | トップページ | CW-X対SKINS »