« 摺針峠(摩針峠) | トップページ | 箱根へ一泊で行ってきました。 »

2008年9月15日 (月)

おっこさんから教えていただいた室内履き

先日、夏の初めにお会いしてきた(木島平のペンションの)“おっこさん”から電話をいただきました。こちらに戻って来てからも折りにふれメール交換をしていましたが声を聞くのは木島平に行って以来です。ブログがきっかけで最近知り合ったばかりなのに、旧知の間柄のような気がするのが不思議。

電話の内容は、私が「9月中旬に法事があって、脚長差があるので外では補高しているけれど、お寺の本堂などで歩く時に体が揺れるので気が重い。」というようなことを書いたか話したかで、おっこさんも同じような心配をなさっていたけれど室内履きの良いのをみつけたのでというお知らせなのでした。中敷(前にご紹介した脚長ハーフインソールなど)で片方の高さを上げて履いてみたらどうかしらという訳です。製品は徳武産業(株)というところの品だけれど、扱いは山下コーポレーションというところで、全国に営業所があるのだとのこと。(こちらのページの福祉用具からシューズで探します。)あゆみシューズ

早速ネットで見てみたら外で履く靴とちがって、ソックスカバーの延長みたいな感じでもあって、これの黒なら、法事のときの黒い靴下に履いたら目立たないし、お寺のタタミの上を歩いてもそう違和感はなさそうなのでした。大宮にも営業所があったので「品物を見たいのだけれど」と電話してみました。ショールームでは無いので実物は置いていないのだそうです。価格も高くはないし、大きさも23、5〜24、5がLというような幅があるものなので(それ用の大きさ調節の中敷きも別売)お願いしました。きょう品物が入ったと持って来て下さいました。山下コーポレーションの人が配送して集金となります。

この靴は、先日ご紹介したコカンセツバトルの中でリンクされていた<股関節ネット>というところで小田急デパートが扱っている靴として取り上げられていたので「あら、同じ!」と思いました。欲をいうともうちょっと深いと、前につくったサポートベルトで足につける補高する装具をつけて履けるのだけれどとちょっと残念。私は2、5センチの装具を作ったので、1センチぐらいのことでしたら十分大丈夫です。

山下コーポレーションという会社は福祉専門。介護をなさっているような人たちは(御病人を置いて)出歩きにくいでしょうから、家庭に担当者が出向いて下さるって重宝だろうと思ったことです。きっとその方面では、(私が知らない)サービスも色々あるのでしょうね。自分が健康なときには考えもしなかったような分野があるのだなぁと思ったことです。

一度お会いしただけなのに、こんなふうにおっこさんからお知らせいただけて嬉しく思いました。同じ悩みを持つ者どうし、こんな風に情報交換しながら、のりきっていけたらいいですね。おっこさんどうもありがとうございました!

追記;
徳武産業からネットで直接買うこともできそうです。
あゆみ室内シューズ
これのエスパドとケアフローラルを買ってみました。両峰で4200円(税込み)

あら、見ていたら、外用の靴も色々とあるし、補高もお手頃価格でしていただけるみたいですね。


|

« 摺針峠(摩針峠) | トップページ | 箱根へ一泊で行ってきました。 »

コメント

もう少しプログを読めばわかるのかもしれないのですが、もともとどうして保存療法でいかれようと決心されたのでしょうか。
 私はこれから骨きりの手術をうけようとしているので、少し参考にお伺いしたいと思いました。失礼な質問ですみません

投稿: ゆめゆめ | 2008年9月16日 (火) 11時26分

ゆめゆめさん、アドレスが無いので質問公開させていただき、コメントでお返事させていただきますね。

保存療法で行こうと思っているのは、<今の私の状態だと>手術しても<元気だったころ>と全く同じようには戻らないだろうと思っているからです。これは人それぞれ違うので、ゆめゆめさんが私と同じだということではありませんので、誤解なさらないでくださいね。

手術しても、何か不具合はあるのではなかろうか。その不具合が今の状態に比べて、遥かに良いものであるならいいわけですが、<私の場合は>そんなにメリットが無さそうな気がするのです。(お医者様にもレントゲンを診てそう言われたことも最近書いたところなんです。)

正座もできますし、自転車も車も痛み無しに乗れるので移動に困らないことも大きいだろうと思います。寝るときの痛みもありません。跛行と歩くと痛みがありますが杖をつくと軽減されています。

投稿: RE:ゆめゆめさんへ | 2008年9月17日 (水) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 摺針峠(摩針峠) | トップページ | 箱根へ一泊で行ってきました。 »