« 久々に股関節関連グッズ | トップページ | 2年ぶりにレントゲン撮影/骨密度 »

2008年9月 1日 (月)

検索サイトの話

こちらのブログにどこを経由して訪ねて下さるのかアクセス解析を見ることがあると前回書きました。昨日初めて知ったページに、GUIDE MEというのがありました。何と変形性股関節症で883000件もあるのです〜。それでそのトップ10が挙げられていたのをみてビックリ。たまたまだとは思うのですが、銀サロのブログとこのラベンダーブログが仲良く3つずつ、10のうち6つも入っていて、しかも交互に上位4を占めているのです。恐縮しちゃいました。(今見に行ってみたら交互に上位5つになっていたので日替わりランチじゃないけれど、日々変わるようです。)

銀サロブログはその筋の専門家ですからわかりますが(あら「そのスジの」と書いたら、筋肉の筋なので紛らわしい。)他にも股関節症を直されている整体院のようなところが沢山ブログを書いているのにどうして素人の私のブログなのでしょcoldsweats02
(追伸;またまたオッチョコチョイの私の早トチリ。更新された日時順みたいです〜。)

のぞみ会の投稿欄に書き込まれている人たちで、質問なさって誰も回答をしていないような書き込みをみると、ほがらかさんのページでは稲葉先生がお答えなさっていますし、銀サロの別ブログでも佐藤先生が懇切丁寧に回答なさっているので、そちらを紹介したい気になってしまうのですが、特定の
先生を紹介してはのぞみ会の趣旨に反するのかもしれないと思って、それが出来ずにいて、なんだかじれったいです。

銀サロの佐藤先生、宮川先生が書かれている別ブログも右欄でリンクさせていただきました。佐藤先生のブログは図解がわかりやすいですし、宮川先生はアロマとか銀座の美味しいものとか、またちょっと違った角度から書かれています。

私も先日佐藤先生のブログで書かれた内容のことで質問してご丁寧な回答をいただきました。足の屈曲が悪いと足の振り出しが悪くて代償作用として骨盤が上がることがあるようです。私の右の骨盤が上がっているのを改善するのに、右の腰方形筋を柔らかくという風に思っていましたが、屈曲をもう少しよくすることも大事かもしれないと思いました。

可動域の話ですが、「正常歩行には解剖学的肢位から股関節に30度の屈曲と10度の伸展が必要である。」ということが前にもご紹介した<筋骨格系のキネシオロジー>という本にありました。思いのほか正常歩行に可動域は少なくても大丈夫なのだなぁ、30度なら問題ないなぁと自分では思っていたのでしたけれど‥。どうなんでしょうね。また疑問になってきちゃいました〜。(正常の屈曲は125度らしいです。私は90度強ぐらい。)


|

« 久々に股関節関連グッズ | トップページ | 2年ぶりにレントゲン撮影/骨密度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々に股関節関連グッズ | トップページ | 2年ぶりにレントゲン撮影/骨密度 »