« いってきま〜す。 | トップページ | 義仲寺/びわ湖ホール »

2008年10月19日 (日)

神戸・琵琶湖・彦根の旅から戻って

本日の足模様 48点から70点に戻ったところ 心模様75点

昨日、米原からの新幹線で戻りました。新幹線ホームでは米原駅通過の新幹線が猛スピードで走り抜けていきます。遠くから新幹線をみる事はあっても、こんな近くを通過していくのをみるのは珍しい。あまりの早さに唖然としました。快速電車が通過していくのと違って飛ぶような速さ。旧中山道摺針峠(9月14日の日記)に行って来たばかりの私、江戸から京へ中山道を15日かかって、浦和の我が家のそばの道を通り、浅間山をみながら軽井沢のあたりを通り、さらに木曽路をぬけて‥旅していた人たちに思いを馳せていたのでしたから、このスピードを見て、私たち現代人が得たものと失ったものを考えてしまいました。桜田門外の変のとき、知らせの早駕篭は江戸から彦根まで四日で行ったそうです。ネットも電話も無いのですから、急を知らせる使者は、狭いカゴのなかで四日間昼夜なく揺られていったのですよね。

今回の旅行は、一日目は新神戸からループバスで神戸市内を見ながらホテルに。ループバスは一周75分というので、三分の一ぐらい回ってホテルに歩ける距離になった所でバスを降りました。ホテル前(オークラ)もバス停があるのだけれど、そこから先バスが、ハーバーランドなどを回るのでもう少し乗ってみてから降りることにしました。ステッキバッグコロコロ転がして路地を歩いて高層のホテルめざして歩きました。ホテルのエントランスが二階ぐらいの高さにタクシーが乗り付けるようなスロープになっていて、そこをコロコロのステッキバッグを押しながら「冗談でしょう〜!」みたいな感じ。途中で手を離したら、下までコロコロ落ちちゃうわけですもの。階段より始末が悪い‥。後で知ったことに全く反対側のすみっこの方にエレベーターはあるのでしたが、そこまで行くのも大変そう。神戸オークラを利用する人は、(玄関前に乗り付ける)駅からのシャトルバス(もしくはタクシー)に限ります。あのスロープをコロコロバッグを押して上がったなんていうのは、わたしぐらいかもしれません。(足の良い人ならスーツケース持ち上げて運ぶのでしょうし)

暑い日で、ホテルに着いたら汗びっしょりでお風呂に入って髪の毛まで洗っちゃいました。5時15分にロビーで待ち合わせ。クミコさんにロビーでお会いして早割で8500円という破格のお部屋を見ていただくべく部屋に戻ったら、ちょうど遠くの山並みに太陽が沈む所でした。27階から神戸の町越しにすべるように夕日が沈むのを2人で眺めました。ロビーに戻る途中、桃ちゃさんから携帯に電話。現地直行の予定だった桃ちゃさんもロビーに来て下さっていました。またまた部屋を「見てみて!」状態。ベッドサイドでカーテンもオートで閉まるのです。

タクシーでお店まで行くことになっていたのですが、予約した時間には早いし、歩くことに。杖をついているのは私だけでお二人とも、どこかが悪いなんてわからないぐらい奇麗に歩いていらっしゃいました。でも二人ともいっときは杖をついていたのです。杖をつくまでになっても、恐れる事はないと希望を持ちました。万歩計つけていった私はその日、7296歩。(朝からではなく旅行に行く時につけました。)その日が一番歩きました。後の三日間は5000歩前後でした。

お店は私が「個室があって、ほりごたつ風で足が出せて、眺めが良くて‥」みたいにありったけの条件を並べ立てたところをクミコさんが探しておいてくださいました。fooというところ。そのあたりはクミコさんのブログを読んでください。ビルに入る前にふりかえったら、ポートタワーと並んで奇麗なお月様が見えていました。「そういえばきょうは満月!」と思い出しました。

お店はどこにでもあるチェーン店と違って、関西の食材を使ったメニューで、個室っぽい席だけれど、お手頃価格で3人で色々話す事ができました。会って話すとメール何十通分話せますものね。丹波の黒豆ってお正月などのあの黒豆のイメージでしたが、枝豆みたいに出て来て「これがその黒豆よ」と初めて青いうちにいただきました。ネットでの割引クーポンをシッカリ桃ちゃさんがプリントアウトしてきてくださって、それはくじ引きで値引率が決まるという仕組み。くじをひく人をじゃんけんで決めたり、ワイワイと賑やかな三人、印象としては修学旅行に来た女学生三人という雰囲気なのでした〜。桃ちゃさんクミコさん、楽しい時間をありがとうございました。

Photo_2
Photo_3
Photo_4

|

« いってきま〜す。 | トップページ | 義仲寺/びわ湖ホール »

コメント

お先にクミコさんの日記を拝見していました。
和気藹々と楽しそうです。
神戸付近に住んでいたら・・・と残念でした。

ホテルも早割りなんてあるのですね。
参考になりました。

投稿: サマースノー | 2008年10月19日 (日) 12時12分

サマースノーさん、ミクシイで股関節症の日記に力入れ始められたのですね。教えていただいた体操はすぐれものですし、サマースノーさんが体操の普及に貢献なさっていますよね。

ホテルの早割はいつもつかっている一休comからです。ホテル直接より安いことが多いです。今回も23000円の部屋ということでした。ひと月前までのところ、ひと月と一日前の予約だったので、とてもお得な気がしました。ツインのシングルユースで広々していました。

投稿: ラベンダー | 2008年10月19日 (日) 12時57分

ラベンダーさん、楽しい旅行をなさいましたね。ホテルまでの坂道のところのお話は、まるで自分のことのようです。
桃ちゃさんやクミコさんは、歩き方がキレイでいらっしゃるのですね。

私はもう、ビッコが隠せなくなっていますけど

①このままビッコをひきながら痛みが取れていくのか・・・
②ビッコをあまりひかないで痛みが取れていくのか・・・
③ビッコがほとんど目立たず痛みが取れていくのか・・・

欲張りなので、③を目指しています。
とはいえ、先が見えず、まずは1年後をメドにしているところです。

投稿: すずらん | 2008年10月19日 (日) 14時50分

すずらんさん、私も跛行しているので、今後の可能性はすずらんさと同様です。threeになれたらいいですよね。

歩き方を支えるのは筋肉でしょうから、やはり運動療法ということになるのでしょうか。8の字揺らし以外はどうもさぼりがちになっている昨今です。

投稿: ラベンダー | 2008年10月19日 (日) 20時51分

お帰りなさい。お疲れ様でした~(o^-^o)
あの日の夕日が沈む光景と満月、とっても綺麗でしたね~。
神戸ではだいぶ歩かせてしまって・・・足の調子、戻ってきたようでホッとしてます。
オークラの玄関までの坂道スロープ、神戸の坂道に慣れている私でもあれはきつ過ぎると感じました。私はシャトルバスで三宮から直行したんですが、あの坂道ではバスも唸ってました(@Д@;
会食では、学生時代に戻ったような気持ちでキャピキャピはしゃいじゃいましたね(笑)
ラベンダーさん、桃ちゃさん、楽しい時間を本当にありがとうございましたo(_ _)oペコッ

投稿: クミコ | 2008年10月20日 (月) 09時08分

クミコさん、色々とお世話になりました〜。旅行ではあの日だけでなく歩きまわりましたので、帰宅してほっとしたら、足やっぱり痛むんです。きょう銀サロだったのですが、途中で立ち止まって休み休み行きました。あの神戸で三人で歩いた勢いはすごかったです〜。楽しいと歩けちゃうんですね!

銀サロからの帰りにはだいぶ元通りになってきていました。銀サロは「後から効く」(私の場合)なので段々回復すると思います。

クミコさん、杖ついていたことがあるなんて信じられません。見た感じ、全くフツウですものね。今の状態を何としてもキープしてくださいね。私みたいになっちゃわないようにデス。お尻揺らし私もマネします。血液の循環良くなりそうですし、ラクチンですし。あ、ひこにゃんのクネクネにどことなく似ています!

投稿: ラベンダー | 2008年10月20日 (月) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いってきま〜す。 | トップページ | 義仲寺/びわ湖ホール »