« 夫の膝の痛み完治 | トップページ | 痛みと呼吸のこと・他 »

2009年2月21日 (土)

宮川先生のブログ&脱力

本日の足模様 75  心模様 80

きょうは表で長時間立っていなければならないことがあって、以前と同じような痛みが出ました。長い時間歩くより、私の場合は「立っている」という方が痛みが出るのだということを再確認しました。

宮川先生のブログを<ブログお引っ越し作業中>に発見。これまで佐藤先生とご一緒のブログでしたが、佐藤先生の独立とともにこれまでのブログは佐藤先生用になさって、宮川先生は別に書き始められています。私は「第一発見者」というコメントの書き込みをいたしました。お引っ越し終えられたようで、銀サロブログの一番下にリンクされています。(佐藤先生のブログの次ぐらいの方がよさそうですよね。)今見たら、佐藤先生の新しい銀サロプラスへの道を写真入りで書かれていました。松本先生とご一緒に偵察に行かれた様子を書かれていて「アジア系とヨーロッパ系の観光客に見えたかな。」と書いてあったので、笑ってしまいました。確かに〜。銀座で元気に楽しもう

宮川先生は欧米系のハーフだと思われるのだそう。タレントのベッキーさんに似ていると昔から言われていて、それだと年齢がやや上なので<ベッキー姉さんと言われる宮川です>とご自分で書かれていたりします。

でも私は、最近見た<哀愁>のビビアンリーに似ていると思うのです。(<風と共に去りぬ>のビビアンリーも、また見てみなくちゃですが。)先日、友達に勧められた往年の映画<哀愁>のビビアンリーを見ていて、「この視線どこかで知っている、誰かに似ている、誰かしら〜。」と、じれったい思いをしながら考えていて「あ、宮川先生!」と思いました。“ふっ”とそういう表情をなさるときがあるのです。宮川先生をご存知の方、是非、哀愁をご覧になってみてくださいませ。切ないストーリーですが‥。TUTAYAに無かったので私はDVDを買ってあって、今度宮川先生にお貸しすることになっています。

痛みのこと、激痛に襲われるのコレで二度目です。(個人的な体験で他の人が同じかどうかはわかりませんが)痛みから逃げるコツをつかんだように思いました。深い呼吸をして、力を思い切って抜く、プールの水に浮く時のような感じで、重力に身をまかせる‥みたいにしたら、たまたまかもしれませんが、痛みが嘘のように消えました。息を深く吸うだけでも痛みに響きそうな感じなので静かに静かにですが深い呼吸をしてみます。痛いときって、身体にギュッと力が入るような締め付けるようなことになっているので、思い切って脱力してみるの、案外良いのかもしれないと思いました。突然来る痛みの場合のことで、慢性痛はまた違うと思いますが、参考まで。日頃から脱力(リラックス)を身につけておくとこういうとき役立つと思いました。

追記;パソコンの前で出来る脱力/肩を思い切り上げて力も思い切り入れて、ふっと抜きます。肩がストンと落ちます。肩を前に寄せてストン、後ろに引っ張り上げるようにしてストン。色々できます。椅子からずりおちそうな格好になって、操り人形の糸が緩んだみたいにしてみたり‥。

|

« 夫の膝の痛み完治 | トップページ | 痛みと呼吸のこと・他 »