« 温泉病院から帰宅 | トップページ | 笛吹権三郎のお墓探しの巻/笛吹市観光編 »

2009年2月28日 (土)

温泉病院体験記 その2 ビックリしてばかり

本日の足模様 90  心模様95

F温泉病院は、ぽちさん、野乃百合さんから、色々お話聞かせていただいておりましたので、初めて行ったとは思えないぐらい親しみが持てました。近代的な明るい病院から比べると確かに建物は旧そうで、廊下の照明なども暗いですが、「入れ物が良いか、中身が良いか。」と言ったら大事なのは中身、スタッフも皆さんとても親切ですし、患者さんたちもすれ違えばご挨拶しますし(‥と言ってもこちらから挨拶するから相手もしてくださったのかもしれませんが。)とても居心地良かったです。中庭の見えるラウンジもあって、野乃百合さんからアドバイス受けて本を持って行ったので、ラウンジは明るいので、そこで本を読んでいました。

昨日、足の状態がとても良かったので、「温泉病院でどんな治療をしたの?」と思われたかもしれません。温泉病院で受けたのは、理学療法3回、作業療法2回、プールが1回です。その他、泊まったホテルが温泉でしたので何度か入って温まってきました。夜は持参のエコウオーマー使っていました。野乃百合さんが掲示板に書いて下さった温泉病院のホットパック、理学療法の前に30分あててくださるの気持ちよかったです。エコウオーマーの三倍ぐらい大きくて、温度もやや高め。タオルに包まれている中身を触ってみたら固めのもので、エコウオーマーと仕組みは違うようです。エコウオーマーはふにゃふにゃしています。身体にのせたジンワリ温まる感じは似ています。ホットパックと同じ物を期待しちゃうとエコウオーマーはちょっと弱い感じがすると思います。

理学療法と作業療法の区別がつかなくて、特に<作業療法>って手先が動かない人が、台所仕事をしたり、工作みたいなことをするイメージでしたが、この病院はちょっと違います。<総合的に見て、全身をケア>みたいな‥上手に表現出来ないのですが、私の話を聞いた夫が「樽のタガを締めるのに似てるかもしれない。一カ所でギュッとしないで少しづつ繰り返しアチラコチラ締めて行くみたいなものかなぁ。」と言っていましたが、それに近い感じだと思います。作業療法士さんからは足首から脚全体を整体とも指圧とも違う不思議な感じで調整していただきました。私の場合、足の屈曲はみごとなほど一回の施術で変化がありました。

興味深かったのは、腰骨の出っ張りに(自分の)手の親指を置き、腰骨にそわせるように小指を置いて指を開くとひと差し指がちょうど大転子のあたりにくるので、そこを人差し指で押さえながら、「股関節(つまり大転子の奥の先)から足が曲がるイメージを持って屈曲させてみる。」私ここでもビックリ。代償運動についての知識はあったのに、股関節から足を動かさないで骨盤で代償運動していたのです。「え〜、いままで何して来たの私!」みたいな感じです。「股関節から動かすってこういうことなのよね。」という感じで動かせるようになって、それを滑らかにできるようになったら屈曲が改善していました。「正しい本来の位置で屈曲させるとこんな感じ」と作業療法士さんがしてくださったら(現在の位置より少し外側)「忘れちゃっていたけれど、そうそう、確かに昔はこういう感じだったわ〜。」と思いました。入院して毎日こうやって修正していたら確かに良さそうです〜。

翌日別の、作業療法士さんからは内転筋あたりを施術していただいているときに「今、力が入っているの自分でわかりますか?」と言われてビックリ。こちらは寝ているのだし、痛いわけでも無いので力を入れているつもり無かったのです。「え、そうなんですか〜」と先日の痛みが来た時に脱力した要領で、水に浮いているみたいな重力にまかせきった状態を試して「コレでどうでしょうか?」と聞いたら「力抜けています。良い感じです〜。」と言われました。「ヨコになったときも力が入っていると休まりませんし、身体が休まらないと神経も疲れますよ。」とのことで、「膝の下に枕を入れたりして(足枕のことは前にブログに書いた事がありますが)股関節周りの筋肉を休めるといいですよ。」とのことでした。


作業療法の方は30分で2日間それぞれ違う方でしたが、理学療法は3日間同じ人でしたし、時間も1時間近いので色々話す事ができました。理学療法士さんに施術していただいた時に「○○療法では内転すると足が短くなると言っていて、まさに自分がそうなので、それを直したら脚長差は無くなると思うので直したい。」と言ったら、「全身のバランスで必要があってそういう形に身体がなってきているので、部分で直しても、無理がある。逆にバランス失ってうまく歩けなくなる可能性もある。一カ所を直すのではなくて身体全体を見て行く事が必要。内転だけじゃなく、ちょっとづつアチラコチラ修正しながら行く方が良い。」というようなことでした。(私が聞いた範囲なのでニュアンスが違ったり自分が誤解している可能性もありますが。さきほどの樽のタガの話と同じことのようですよね。)私の場合「背中が酷い」ということで背中も丁寧にほぐしてくださったので、今朝起きて、いつになく身体が軽く(爽快に)感じました。

言われた事をすべて書いているとキリがないけれど、施術受けながらおしゃべりできるので、(銀サロで施術受けている人は想像しやすいと思いますが)白衣着たお医者様と面と向かっているときに話すより、施術受けている時の方が時間も長いですし「雑談みたいに」というのか、気楽に色々聞けたりアドバイスしていただけるように思います。

|

« 温泉病院から帰宅 | トップページ | 笛吹権三郎のお墓探しの巻/笛吹市観光編 »