« 楽観的、悲観的、あなたはどちら? | トップページ | メトロノーム活用法 »

2009年2月 1日 (日)

靴のこと/股関節症最初の一歩

本日の足模様 80  心模様 85

きょう「何で検索してコチラのブログにたどりついたか。(右欄)」で一位になっている某健康器具は私が知らない物でした。ブログに書いた事もないので不思議。(その名称を書いちゃうとそれで検索して訪ねて来られる方が増えてしまうので書けませんが。)股関節症の患者向けではなく美脚にするのにというもののようです。ここのところ、<股関節症・靴>で検索して来られる人が多いので、靴について再度書いておくことにします。以前気に入って購入していた商品(すこぶるウオーカー)はその後デザインが変ってしまって取り寄せてみたら黒に派手なピカピカの銀色が(夜反射して危なくないようにらしいです)ついてちょっと普段に履くには抵抗があってやめました。そのことも追記でさかのぼって修正しておかなくちゃなりませんね。靴というより、私のブログでは右のブログ内検索で<インソール>で見ていただいた方が良いかもしれません。

現在どうしているかというと、市販の履きやすい靴の中の中敷を持ち上げて、ネットで購入した2センチ(見た目1、5ぐらいの印象)ハーフインソールを入れています。これは一般の人が背を高く見せるためのものなので左右一対で販売されています。左足用も裏返しちゃえば右になると気がついてからそうしています。多少ヘリの傾斜が裏表で違いますが、直接足がのるのではなく、中敷の下なので大差ないように思います。コレが便利なのは靴が傷んで処分するようなときに、取り出して別の靴に使えちゃうことです。一足ごとに補高するのでしたら靴が傷んじゃえば、せっかく高いお金だして補高しても、その部分だけ使う訳にいかないので処分ということになるわけですが。

股関節症と診断されたころにネットで探しても今のようにこんなに情報は得られませんでしたし、本当に「何も知らなかった」と我ながら思います。私がそうだったように、「股関節症と言われちゃったけれど、それって何?どうすればいいの?」状態で、全般に知りたいと思う人にお勧めなのは<変形性股関節症の運動・生活ガイド/日本医事新報社>です。この本の11章の「履き物の選び方と使い方は」という項目があって、必要にして十分なことがイラスト入りでわかりやすく書いてあります。

この中で最初に股関節症の患者さんにすすめられる靴の条件として<踵部分がしっかりしていることが上げられます。踵部分がやわらかい靴では股関節への力学的衝撃を強くする恐れがあるからです。>ということが真っ先に書かれています。以前書きましたが、私が最初に補高靴を作ったときの靴の踵の後ろの丸みの部分は指で押すとヘニャヘニャと芯が入っていませんでした。他のお店のシューフィッターに指摘されて「踏み返しもないし、こんな靴で歩いたら足を悪くします!」と言われてショックを受けました。一足3万円ぐらいの靴に補高をして5万円もしたのでしたから。思い出すと腹立たしくなってしまうのですが過去のことを悔いても仕方有りません。せめてものことに「他の人が同じような過ちをなさらないお役にたつのだったら、私の愚かしい体験も無駄ではなかったのだ。」と思いたいです。「ドイツで修行してきました。」みたいなことがうたわれている場合、何年間か本格的に修行したのか数日間の講習会をうけたような話なのか確認してみることも大事かもしれませんね。何しろ情報に踊らされないで、靴そのものをシッカリ自分で確かめることですよね。浦和にはベクエムシューエというそれこそドイツで修行なさってきた方のお店があるのですが、ホームページは無いようです。もう15年ぐらいになると思いますので口コミでこういう店は堅実に営業なさっていくのだと思います。

話は靴本体に戻ります。「地面を蹴る事が出来る人には、ある程度の重さも必要で軽い靴が良いというわけでも無い。」ということも、前述の本に書いてあります。前にヨガの先生が足首にオモリみたいなものを巻きつけて、それがあると足を前にまっすぐに振り出せるのだとかで、生徒さんたちが借りて試してみて「歩きやすい!」と口々に言って、まねをして買われた人もいました。私はそこまではしませんが、通販などで「軽い!○○グラム。」ということをうたっているウオーキングシューズみたいなものよりは、ある程度重さのあるものを履くようにしています。

家の中では、室内履きにオーダーメードのインソールを入れた物を履いています。(ブログに作っていただいたときの詳細書いてあります。)五本指の靴下と普通の靴下を重ね履きしているので、一枚目と二枚目の間にそのインソールをと以前書きましたが、それですと上に履く靴下を相当伸ばして引っ張らなくちゃで着脱が大変。今はおっこさんに紹介していただいた上履きエスパドの中にそれをセットする感じで履いています。

これまでもeccoとかアシックスとかハッシュパピーとか、履きやすい靴が好きでした。近くのデパートではそういう各メーカーの靴が限られているので先日銀座のアシックスの店に行った次第。自由が丘にはeccoの専門店がありますよね。ハッシュパピーにいたっては専門店はさいたま近くにはなさそうです。足は大事だから高い靴でもと思うこともあって何足かはそういう靴も持っていますが、高い靴をあまりみすぼらしくなって履いているよりは、手頃なお値段で買い替えやすい靴にしたいとも思います。
先日買ったアシックスをもう少し履いてみて、気に入れば、その場で色々な種類の靴の試し履きもできるわけですし、それが一番良さそうに思っています。

|

« 楽観的、悲観的、あなたはどちら? | トップページ | メトロノーム活用法 »