« 宮崎より戻りました | トップページ | 痛みが消えています〜! »

2009年3月 7日 (土)

股関節ブログのことなど

本日の(というより今朝の)足模様 90  心模様 80

昨日は旅行疲れもありましたが、今朝の足の調子は元通り。今回の旅行前に温泉病院に行ったおかげです。これまでの私でしたら歩き回って足の具合悪くしていたと思います。飛行場で初めて車椅子をお借りしました。車椅子に抵抗無かったのは先日の山梨の博物館のおかげ。それに<将来もこのままずっと自分の足で歩き続けるための車椅子>と意識が変りました。ご承知のように障害者は優先搭乗させていただけるので、ゆったり席についたり荷物を棚に上げていただいたりできて有り難いです。

行きの羽田では木の杖を貸して下さって金属探知機のあるゲートをくぐりました。(杖つかなくても歩けるのだけれど車椅子借りている手前、杖をお借りして通りました。)帰りの宮崎空港では空港係員が車椅子を押して金属探知機を通り、当然ピーピー探知機はなり、女性の係員からボデイチェックを受けました。「飛行場によって色々なのだなぁ。」と思いました。「人工関節が入っている人は医者の証明書などを持っていた方が良いのだ。」と前回のフランス旅行のときの添乗員さんに教えていただきました。

私の旅行中に、クミコさんがブログを削除なさいました。「消しました。」とご連絡いただいているのに、いつもの<お気に入り>からクリックしてみて「本当に無くなっちゃった‥。」camuiの靴以来姉妹ブログみたいにしてきましたので、寂しくなりました。クミコさんとメールで繋がっていられる私でさえそう思うのですから、ブログの繋がりだけのクミコさんファンはなおさらかもしれません。

私が<最初に出会った股関節ブログ>は右でリンクしてあるアップルサイダーさん。手術後、今は普通の生活に戻られて、お仕事もお忙しそうですし、ご家族も色々大変だったようでブログはあまり更新されていらっしゃいません。手術体験を綴られたホームページはとても充実しています。同じ頃に股関節のことをブログに書かれていた金木犀さんも、今はほとんど股関節のことは書いていらっしゃいません。以前のブログを読み返してみたら、今回私が診ていただいたY先生のところに早々行かれて、私と同じように「二泊三日で温泉病院に来るように。」と勧められていたのでした。

ブログを止められたクミコさん始め、股関節以外のことを書くようになられた方々、<足の状態が良いからこそ>ですから喜ばしい事だと思います。金木犀さんも保存療法で股関節の状態を良くされているので、股関節のこと書かれたページ、リンクしておきますね。金木犀さんはラベンダーブログに(一番最初に)コメントくださったアップルサイダーさんのリンクからアップルサイダーさんのぺージへ飛んでさらに銀サロ(銀座に移る前ですが)のリンク先へ飛び、施術を受けられた方です。今はこちらのブログではコメント欄閉鎖しちゃいましたが、過去にはそういう出会いもあったのだなぁと懐かしく思い出しています。金木犀さんが股関節のことを書かれたページ

私はこのブログで何を伝えたいのかしら‥とあらためて考えてみました。一つは同じ股関節症の人と情報や気持ちを分かち合って共に改善する方向にしていけたらということ。前にご紹介した「身体に聞いて心を整える。」という本で、心臓疾患が少ないある村について研究したら、人々が健康的な生活を送っているのだろうという予想に反して不規則な生活だったり飲酒を始め不健全な暮らしをしていたのだけれど、<人々の繋がりが密だった>ということが紹介されていました。人と人の心が通い合っているってそんなにも身体に影響を及ぼすのですよね。孤独に股関節症に向かい合っているより、周囲に股関節症の人がいなくてもブログを書くことで「ここにも股関節症有り。」と名乗りをあげておきたいと思いました。クミコさんもブログ止めようかどうしようか迷われていたのが、<ここにも一人股関節症だけれど(明るく)頑張っている人がいますよ>みたいな存在があった方が良いのでは‥ということでしたから、ブログを書いている人は同じ思いをお持ちの人が多いのだと思います。思い切り良くブログ削除なさっちゃったのは残念でしたけれど、クミコさんという股関節症が改善した人がいるということは私たち股関節症の者にとっては本当に希望の星。さくらさん、きくさん、クミコさん、‥皆さんそれぞれ乗り越えられているのですものね。

もう一つは、もっと早い時期に色々知識があれば、ここまで悪くしないで済んだのではという気が自分にはあるのです。整形外科では「半年ごとにレントゲン撮って様子見ましょう。」だけの所も多いかと思いますが、きちんとしたリハビリがある所を探されて、あるいはご自分なりの方法を探されて、手をこまねいているうちに進行してしまうことのないようにしていただきたいと切に思います。すべての人が筋肉をほぐすことで良くなるのかどうかは私にもわかりませんが、身の回りの道具を使って<使用後の筋肉のお手入れ>をすることで、かなり進行は遅らせることは可能なのだと思います。冷やさない事も本当に大事で、今年我が家は何年ぶりかで掘りごたつ復活。今おこたでコレを書いています。

|

« 宮崎より戻りました | トップページ | 痛みが消えています〜! »