« 一喜一憂しないつもりではいても | トップページ | 痛みその後 その2 »

2009年3月12日 (木)

痛みその後

本日の足模様 70  心模様 75

きょう銀サロでした。有楽町から銀サロまでいつもは歩くのですが、辛くてタクシーで行きました。ベロタクシー(自転車の観光用みたいな乗り物)は使ったことありますが、本物のタクシーに乗るのは初めて。歩いて10分ぐらいの距離を歩く気になれないというのは自分でもちょっとショック。整形外科などで「どれくらい歩けますか?」と聞かれると、これまでは限りなく歩ける気がしていたので返答に困っていたのですが、きょうみたいですと「痛むので歩きたくない。5分ぐらいなら歩けます。」と答える感じです。旅行などとても無理そう。

銀サロでは宮川先生がこのブログ読んでご心配くださっていて、状態を把握した上で丁寧にほぐしてくださいました。いつもとは違うところがアチラコチラ痛みました。足首に近いようなところも、これまで痛かった記憶ないのですが、きょうはすごく痛く感じました。ヒラメ筋の付け根部分だそうです。長い事正座していたり座っていたりしたところから急に立ち上がったりしたから“かもしれない(可能性)”とのことでした。帰りはいくらか痛みも薄らいだ気がしていましたが、家に帰り着く頃にはまた痛くて、家の中でも杖ついている状態です。私の場合、銀サロ効果はいつも2日後ぐらいに出るので、今回も期待しています。

それにしても、一昨日(通夜の日の午前中)お灸のときに「数日前から朝の一歩が全く痛くないのです。一日の始まりに気分がちがいます!」と話したばかりだったことを思うと本当にガッカリ。すごろくで<振り出しに戻る>みたいな気分です。

きょう銀サロで話しながら、冷えばかりでなく、精神的な面も大きかったと気がつきました。いつも奇麗で溌剌としている(亡くなった従兄弟の)奥さまが悲嘆にくれて涙しているのをまのあたりにしているのも、お嬢さんたちが泣いているのを間近に見てとても辛かったし、葬儀でお焼香するのにも大勢の視線を感じながら前に進み出るのに、跛行していて不調法な自分が惨めに感じられましたし、「足が悪いので通路側に座らせていただきます。」みたいな場面も何度もあって気疲れましたし、告別式に参列すべきかどうかでさんざん悩んで、「欠席させていただく。」という事で申し訳なくて心を痛めちゃったり、それをどのタイミングで申し上げようか悩んだり。ブログ読まれた何人かの方がメールくださって、皆同じ思いを体験なさっていること、こういう気持ちをわかってもらえるのは同じ症状をもっていればこそなのだとも思いました。わかっていただけるだけでも、本当に嬉しかったです。

宮川先生に温泉病院での話をしながら、宮川先生からも温泉病院に100日入院されて良くなられた人のお話や、温泉病院ではないけれど歩行器を使わないと歩けないような方が温泉に行かれて、どんどん具合が良くなっているような方々のお話をお聞きして、<温泉効果>ならびに<温泉病院効果>に希望をさらに持ちました。(変化の無い方も中には居るそうではあるのですが。)

ブログは3月で一度区切りをつけようと思い始めています。記事数455件にもなって、書きっぱなしの日記をもういちど整理したく思います。文中にリンク貼ってあっても、例えばフリップステイックの記事は「リンク先がすでに無くなっている。」とひとりしずかさんが新しいリンク先をお知らせくださって修正いたしましたが、そういう所も他にもあるかもしれません。確認しなくちゃと思います。本の表紙の写真が載っていたはずの箇所は<?>になってしまっているようです。私はホームページを作るような知識も無いのでアップルサイダーさんや3WMさん、ほがらかさんのようなきちんと整理された物は出来ないと思いますが、せめて紹介した本ぐらいは日記のアチラコチラではなくどこか一カ所にまとめて紹介しておきたいとも思います。

ブログをこうして書きながらその作業をするのも大変ですし、一度ここでスピードを落として日記を書くのは週に一度ぐらいにして、その作業にはいろうかと思います。それがそのまま自分が股関節とむきあってきたここ数年を振り返る事にもなりますし、あらたに温泉病院を組み込みながら股関節と向き合って行く再出発みたいな気持ちの切り替えにもなるだろうと思います。

話変りますが、4月中旬過ぎにカケユ温泉斎藤ホテルで一週間湯治をすることになっています。もし、行ってみたいけれどお一人での滞在が心細いというような方がいらっしゃいましたら、一週間私が滞在している間にご一緒できれば何かとお役にたてるのではないかと思います。お声おかけくださいますように。私も一人で滞在しているよりは楽しいかと思いますので。連絡先はプロフィール欄に入っております。こちらでの桜が終わった頃に遅い桜が満開で迎えてくれることと思います。

|

« 一喜一憂しないつもりではいても | トップページ | 痛みその後 その2 »