« 徐々にですが明らかに良くなっています。 | トップページ | 筋肉のバランス »

2009年5月22日 (金)

二度目の温泉病院

Photo_2


今回も二泊三日でF温泉病院に行ってきましたのでコチラでご報告しておこうと思います。これからも三ヶ月に一度ぐらいのペースで継続して行けたら‥と思っています。Y先生の診察は水曜日に。火曜日、水曜日、木曜日と滞在中は毎日作業療法(OT)と理学療法(PT)を受けました。作業療法というと料理をしたり絵を描いたりみたいの作業をするようなイメージですが、こちらの温泉病院では足の場合、横になって施術を受けるので、理学療法との区別が私はよくわからないでおります。違和感があるところがあって「ここが緩むと脚長差が減ってきます。」と言われて希望を持ったり‥。

前回初めて行った時に<股関節らくらく日記>(名称変わったらしいですが)を提出せず、今回初めて1月からの分を提出。先生の診察までにグラフにしてくださってあって、それを見ながら先生が色々お話くださいます。棒グラフが痛み、折れ線グラフが歩数です。月別に1枚のグラフと一日ごとにまとめたグラフがあります。上の表が1月から5月18日までの月別。下は4月分です。日頃は手帳に歩数と痛みをメモしてあって、今回病院に行く前に表に書き写しました。先生がグラフをご覧になって「あなたは何千歩ぐらい。」と歩数制限をされる場合もあるらしいですが、私はそれもなく、歩いたら休むという<加減>を自分で上手に探し出すことというのが印象に残りました。「歩きなさい。」でも「歩かないようにしなさい。」でもなくて、「動かないのは良くない、動き過ぎも良くない」ということで何しろ加減が難しい‥という話。グラフをみると歩数は月ごとに徐々に増えて来て、痛みは減って来て良い傾向にあるということ。歩数が数字で並んでいるだけだとよくわかりませんが、グラフにすると確かに一目瞭然です。

理学療法士さんも作業療法士さんも、「生活全体を根底から変えるようなことをしていかないと改善は難しい。」というお話をされていました。私の場合、貸しスタジオを止めるのが足のためには理想。そうもいかないとすると人を頼むとか何か工夫が必要になるという話。そういう意味で保存療法で入院なさる方たちは、仕事からも家庭からも一度切り離されるわけですから、生活の中で弊害になっているような動きも取り除かれたり、色々得るものがあるのだろうと思います。

私の場合には、性格的に気が短く焦るので、もっとゆったりした気持ちで、歩くのももう少しゆっくりしてみてはと理学療法士さんからアドバイスいただきました。それと前々から腰方形筋の辺りが強張っている感じで気になっているわけですが、私が気にしていた奥の箇所って、作業療法士さんによると<寝ている時にも緩んでいない>しかも随意筋ではないので、そこ箇所を脱力しようとしても緩まないらしいのです。他の箇所を緩めることによってそこも緩んで来るような具合。文章にするのが難しいのですが、そこを休ませる方法を教えていただいてきました。そういうのは自分の感覚で覚えて来るしかないと思いました。早速、昨夜から寝る時にはその姿勢にしているのですが、「寝ている時も休んでいないとしたら四六時中緊張させてきたのだったか。」と思いました。ほぐすというのも大事だと思いますが、休ませることも大事だと思います。背骨の脇のその箇所が休んでいなかったということ「今頃気がついたわ〜」状態です。

それと「家でできること」を御聞きしたら、担当の作業療法士さんがお腹ブルブルみたいなものでほぐしておくと、表層筋がほぐれるので、自分たちがするのは<その先>ということになって効率が良いという話しをされていました。ネットで見たらお腹ブルブルも色々な種類が合って、中には問題をおこすようなこともあるようなのでした。どうしようか考えていたら、夫が前に何かの景品で貰って来た肩たたきみたいなのがあって、目盛りを細かくすると、トントンというゆっくりした動きから細かなブルブルになることを発見。何年も死蔵していたのでしたが昨夜から、股関節周りや内転筋のあたりに使い始めてなかなか気に入っています。新しく買うほどのものではないと思いますが、ご家庭にお持ちのかたは再度見直してごらんになってはどうかしら?と思います。(私が持っている品はネットで見たら古いのでもう出回っていないようです。その後に改良されてもっと良い製品が出回っているのだと思います。)


|

« 徐々にですが明らかに良くなっています。 | トップページ | 筋肉のバランス »