« 温泉病院 3回目 | トップページ | part2 書き続けることにいたしました。/うがいの話 »

2009年8月 3日 (月)

大人用アシストつき三輪車

Photo_2

part2のブログでご紹介した最近購入した大人用三輪車。「子供用三輪車みたいで気恥ずかしい気がするかしら。」と思っていましたが、そんなに格好悪くないと思います。これまで乗っていた自転車も前後にカゴがある自転車だったので心理的な抵抗が少ないかもしれません。「後ろに荷物が沢山のるので便利そう!」という印象ではないかしら。(写真クリックすると大きくなります。)

車輪が小さいのでこぐのが大変かしらとアシストつきにしました。バッテリー部分がはずせて、屋内で充電できます。アシストには<入り>という他に<エコ>というのもあって、軽いアシストになります。アシスト入りにしないでフツウにこいでも、それほど重くはありません。ただ向きを変えたりするのに、自転車のようにヒョイとは持ち上がりませんし、旋回させて向きを変えようとしても、慣れないせいか回転半径が大きいせいなのか、自在には向きを変えられないじれったさがあります。門の幅など無いところでは出入りに後輪だけぶつかったりしちゃいます。道のデコボコも自転車なら避けて通れそうなところも後輪の片側だけが凹みに入っちゃったりします。

購入した時点では、自転車に乗れない人のため後ろ二輪を本体に止めつける物があって、それをはずすまでは<自転車のバランスと全く別物>で乗りにくくどうしようもない感じでしたが、はずしたら大分自転車に近いバランス感覚になりました。後ろ二輪あるので、自転車を立てる支柱みたいなものは無くて置いておけます。ただし坂道などは転がって行ってしまうので前輪に鍵をかける必要があります。

最初は「高い買い物しちゃった。」とちょっと後悔しましたが、乗り馴れてきたら、まだ電動カートには早すぎるし足の運動にもなるわけですし「コレで満足」と思えるようになりました。バランス崩したようなときに患足側に倒れかかったたら足をついて支える自信無くて、これまでも何度かヒヤリとしたことがあったので、安全対策として早めに三輪車にして正解だったと思います。

こういう買い物は、足の状態だけでなくどういう生活スタイルか、使用頻度も人それぞれなので特にお勧めというつもりではなくて現況報告です。私の場合、自転車が杖代わりみたいな生活なので、自転車に乗れなかったら手術も決断していたかもしれないと思います。自転車に乗れるようになったのは30歳過ぎてからでしたがこれまで自転車に乗れて本当に助かってきました。


|

« 温泉病院 3回目 | トップページ | part2 書き続けることにいたしました。/うがいの話 »