« ステッキバッグのこと | トップページ | »

2012年12月15日 (土)

温泉病院レポート2012年12月

今回の温泉病院のレポート。診察の時には昨年撮ったレントゲン写真と今回提出した<痛みと歩数>をグラフにしたものを先生がご覧になりながらお話してくださいます。私は「痛みが無くなったのにも関わらず腰が逃げちゃうようなこういう歩き方になっちゃうんです〜。」と椅子から立ち上がって歩きながら「どうしてこうなっちゃうんでしょう?」とお聞きしました。先生はいつものようにニコニコなさりながら「それは身体を安定させて痛みの無い箇所を身体が探してそこに落ち着いちゃったからですよ。」というような解説をしてくださいました。

痛みの無い場所に落ち着いているから痛みが無いワケだったんだ〜と妙に納得。「そんな風に痛みのない落ち着き場所を探し当てておさまっちゃう‥って身体ってなんてケナゲなことかしら。」と思いました。でもケナゲだと感心ばかりもしていられなくて、可能であれば歩容を改善したいわけですから、そのことも質問。それにはやはり<私の場合>ポールウオーキングを1日おきでも30分ぐらいしてみるのが良いとのアドバイスでした。両肩をなるべくまっすぐにしたような身体の使い方をして、そこで安定できる場所を身体がみつけて変っていくように。逆にこのままどんどん身体が傾いてしまうこともあるようです。要は良い方にも悪い方にも流動的に変化していくということ。良い方に変化していきたいですものね。

理学療法士さんには<まっすぐ立つ>、私は脚長差があって、立つ時に長い方の左足の膝を曲げるようにしちゃうのだけれど膝を伸ばして腹筋に力を入れて立つ、その状態で右足に体重移動。この体重移動はこれまでもしてきたのだけれど、左の膝を伸ばしていませんでした。文章で書くのが微妙なのだけれど、私の場合、右足を補高してあることもあって長い方の足の膝を伸ばしても腰の高さはほぼ平行になるのだけれど、それでも左膝を曲げておく癖がついちゃっています。それと股関節からの前屈。立ったまま、長座、椅子に座った状態と色々な姿勢から自分の身体のどこが伸ばされているかを感じながら前屈するというのが今回の宿題です。右側の臀筋の方が伸びた感じがあって、それが姿勢を変えたりすることで微妙に伸びる箇所が変ります。

作業療法士さんは今回、ノロウイルスだったらしく長期間お休みとのこと。本人がなおっても周囲にうつしてしまうと大変ですものね。それで代わりに担当してくださったのが(いつもは男性の療法士さんなのですが)女性の方でした。同性だったせいか思い切りお尻の筋肉をほぐしてくださいました。それと腹斜筋と腹横筋が働いていないし弱っちゃっているということでその辺りにも刺激をいれていただきました。そのせいか帰宅してから<背中美人>の寝転んでする体操の時に「お腹の皮とその下の筋肉が伸びている〜」みたいな変わった感覚があるのです。そういう感覚が残っているうちにちゃんと<目覚めさせておこう>と思っています。

前回、コルセットのことをウエストニッパーみたいと書きました。試着品には棒はついていませんでしたが、これまでと同じように胸の方に向かって棒は左右に二本ついているそうです。これまでは二本のマジックテープでしめていた箇所の一カ所が金具止めみたいになって、幅広のマジックテープ一本で締めるようになっていました。(‥ってコルセット作ったことが無い人には想像しにくいと思いますので今持っているコルセットの画像を載せた日記コチラ。)素材のフィット感はこれまでより遥かに良いです。支持棒をとめるテープはこれまでどおりマジックテープ。私はセーターなどにくっついてしまうのでスナップにかえていただくことにしました。前回作業療法士さん今の私の状態にはコルセットを活用するのが良いかもしれないとアドバイスいただいたことも今回新調する動機のひとつになっています。

自分で前のコルセットの画像入りの日記を読み返してみたら、まだその頃は痛みがあったのだったか‥と思いました。やっぱり記録しておかないと忘れちゃいます。どんな風に自分の痛みが消えたのだったか「いつのまにか。」みたいな気がしちゃっております。

今回理学療法士さんに話したのですが、これまでも調子の良いときは何度もあったのだけれど、その度に欲張って「奇麗な歩き方をしたい。」みたいなことで変ったことをしてみては<振り出しに戻る>みたいになるので、「今回は慎重に。」と思っていることを言いました。理学療法士さんが「股関節症の人、そういう人が多いんですよね。ちょっと様子をみるのならいいけれど頑張ってやりすぎちゃう。すぐ痛みが出るようなことなら止めるわけだけれど<疲れが蓄積する>ようなことだと、痛みが出た時には<振り出しに戻る>状態とのことでした。私だけじゃなかったんだ〜と思いました。これも股関節症気質なのかしらね。

|

« ステッキバッグのこと | トップページ | »