« あちらこちら出歩いております。 | トップページ | 神戸のクミコさんが来てくださいました »

2014年5月 4日 (日)

乗馬体験

私が乗馬体験に行って来たのはコチラ

カーラジオで「関越道、花園で事故のため所沢まで40キロ渋滞」というようなことでしたので下道で行きました。浦和から郊外に向かう道路がすでに渋滞。川越は連休中に催しがあるようですごい人出。レッスン枠は私が調べた時点で11時からの時間枠だけが空いていたので申し込んで10時30分までに駐車場に行くようにということでした。10分遅刻。もう一組もちょうど同じ頃遅れて着いて駐車場から送迎車で現地に向かいました。ご一緒だったのは小学生の女の子とお父さん。お馬さんが大好きなんだそうで4回目とかのレッスン。場所が不便で親が連れて来ないと通えないので小さいお子さんは比較的少ないそうです。現地までどうして車で行けないのかというと、すごい坂道で四輪駆動じゃないと上がれないのです。行ってみて納得。

すごく景色の良い所でした。見晴らしが良くて、はるか遠くの山並みたいなことじゃなくて、近くに新緑のお山が見えていて、馬にのるとよけい眺めが良くなるんです。到着した建物からかなりの急斜面を上がらなくちゃで「次回から杖持って来ます。」みたいなことでした。以前の私だったらとても無理そうな坂道。「この坂道が杖無しで登れるってやっぱり相当足は良くなって来ている!と思いました。

ヘルメットと脚に装着するのと、落馬した時に空気が出てクッションみたいになる胴着みたいなのを(名称がすべて不明)お借りして、いざお馬さんに会いに。我が家に居た愛犬と同じ名前のバロンにも会えました。きょうがお誕生日なんだそうです。そして私が乗せていただいたお馬さんはジュピター。天文同好会のメーリングリストのアドレスに私はジュピターを使っています。ハンドル名でも使っていたことがあります。木星が大好きだからなのですが、そういうことも運命的なものを感じちゃいました。

「果たして馬にまたがれるのだろうか。」と思ったのだけれど、辛うじて乗れました。でもコワかったです〜。馬のたてがみみたいなのとココをつかんで、「え。たてがみにつかまっちゃって馬は痛く無いんですか?」私は右足が悪いので左足を軸にまたぐので何とか可能なのだけれど、それでもその左足をのせるアブミが高くてそこに足をのせるには右足で踏ん張らなくちゃでとても無理なので脚立を持って来ていただきました。馬から降りる方はもっと大変でした。乗った以上降りなくちゃ‥なわけですが足下の脚立が見えないのでどこに足を下ろしてよいのか心もとない感じ。脚の良い人は台の上だと狭いので地面に直接飛び降りるみたいな感じで降りるらしいのだけれど。

馬に乗ってみたら右股関節の開きが悪いのでかなり違和感があって「降りた後に痛みが出てあるけなくなるかもしれない。杖ももってこなかったし。」みたいにちょっと不安でしたけれど、開かない股関節が押し付けることによって続けていたら徐々に開くようになりそうにも思いました。それに何しろ揺れるのでインナーマッスル総動員みたいなことです。骨盤立てなくちゃだけれど、ソファにドテッと座るみたいに骨盤が倒れそうになるのを立てておくのに腹筋も背筋も何しろ「これはすごく私には良い運動」と思いました。
引き綱はつけずにたずなの操作を教えていただいてポコポコひたすら歩きました。

最初コワかったけれど、ポコポコ歩いているうちに、そのリズムがゆったりしていてすごく心地よくて、なんともいえない良い気分。眠くなって来そう。お母さんがあかちゃんをあやすのに揺すったりするけれど、自然なゆれって心地よいですよね。コレが機械的なものだと合わなそうだけれど。そういえば健康器具でジョーバとかいうのが流行ったことありましたよね。今聞かなくなっちゃいましたけれど。

40分ぐらいポコポコのって、その間スタッフの方がずっとついてくださって、「では反対周りをしましょう。」みたいなことでした。きょう習ったのはたずなの持ち方、スタートすること止まること、進行方向を変えること。あとはポコポコの揺れに慣れるようにということでスタッフの方と色々おしゃべりしながら乗っていてすごく楽しかったです。こういう楽しさって、子供の頃、縄跳びとか石蹴りとかして遊んでいたころの気持ちに似ています。

施設に戻ったらEQUUSという乗馬の雑誌があって「乗馬天国ハワイ」というタイトルで中身をパラパラ見ていたら、股関節症の私向けの体操が出ていたので、記念に買って来ました。体操は今もしているようなものですが、「馬の動きにバランスを崩さずに合わせられるポイントは胸椎と骨盤の柔軟性」ということで「胸椎と骨盤の動きをよくして骨盤背骨肩甲骨の順番での連動性をたかめることが大切」コレってまさに今私がリハビリでめざしていることなわけで骨の図解から体操まで、知らない人に見せたら<股関節症患者向け>と思っちゃいそうです。「鞍に安定して座るために股関節の動きをよくする体操」なんてなんだかうれしくなっちゃいます。乗馬のためのアレクサンダーテクニークみたいな講座もあるみたいで、人の身体を整えてすることって、なんでも繋がっているものだなぁと思います。

そのアレクサンダーテクニークなどをみてくださる彼女に乗馬の相談をしたときに「遠いから通えないのでは。足が悪いから乗れないのでは。」というネガテイブな波動を出していると引き寄せない、「緑の中で気持ちよく乗っている自分」を考えると引き寄せることが出来ると言われたのでした。私はネガテイブなことを話す時に身体の右側の縮んでいる方に固まるような姿勢をとるのだと彼女から指摘されました。気持ちから直す方法と姿勢から直して行くアプローチの仕方がありそうという話にもなりました。

乗馬を続けて行けるかどうかわからないので、メンバーにはならないで、4回コースみたいなのを受けてみようと思います。乗り降りがスムーズにできないことにはちょっとね。ポコポコ乗っているだけで幸せで上達しなくてもそれはそれで私は満足な気がしました。

|

« あちらこちら出歩いております。 | トップページ | 神戸のクミコさんが来てくださいました »