« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の6件の記事

2014年11月29日 (土)

タオライアー

今月初めにライアー(竪琴)の演奏会があって、チェコから来日されている方の演奏を聴く機会がありました。その会場で受付のスタッフとして来られていたAさんが<タオライアー>という楽器を持ってきてくださって休憩時間などにご紹介くださいました。

ライアーの演奏もとても素敵でしたが、私はそのタオライアーの方にすっかり魅せられてしまいました。楽器の演奏は竪琴のイメージであるように立てて弾くのではなく、日本のお箏のように寝かせて弾いてくださっておりました。

楽譜があって曲を弾くというのではなくて、<光、水、 火、風、土 >などをイメージして音を奏でるのだそうです。。音程も私たちが聴く現代の楽器は440から442にラの音を合わせてあることが多いですが、432と低めにとってあります。

演奏会当日、私は疲れ切っていて、めまいを起こしてからの耳鳴りもずっと続いていて「時間ができたら耳鼻科に行こう。」とお知り合いの方に評判の良い耳鼻科も教えていただいておりました。それが横になってタオライアーを体の上にのせて弾いていただくというヒーリングを受けたら、長いこと続いていた耳鳴りがなくなってしまったんです。

最初に受けた時は体中が共鳴するように一緒に響くので衝撃を受けました。夜の演奏会も聞かせていただくことにして、午後の演奏会のあとに会場でうつぶせでヒーリング受けたら、そのあまりに優しい音に、涙が溢れそうになって必死でこらえちゃったのですが、私のあとに受けた人たちはそれぞれ泣いていて、お一人の方は終わったあともしゃがみこんでさめざめ泣きながら「悲しいんじゃないんです。」と言われていました。スピリチュアルな世界ですが心と体が浄化されるように思います。物理的にも体の水分が音に共鳴するのでしょうし、なにより内蔵まで震えるような音を体感できます。

話せば長いことながら、本来は合宿してその楽器を自分で製作するのだけれどAさんが代わりに彫ってくださるというのでお願いしました。彼女は長野での三泊四日の合宿に参加して毎日現地からの様子を報告くださるメールをくださって、私も同時進行で(自宅で)日々の感激をともにしながら完成。先日届けてくださいました。

あちらこちらに演奏に行かれている彼女のようには音を奏でられませんが、それでも自分で弾いてみる音も美しく、浄化される気がしています。Aさんが言われるにはお一人お一人の体にのせて弾く時には「その人に最善のことがおきますように。」と祈るのだそうです。「体が治りますように。」みたいなことではなくて。私が「股関節症のお仲間にもしてさしあげたい。」と言ったので、「股関節が良くなるように」みたいなことは我が入るので良くないのだということを言われました。股関節症が少しでも良くなるならもちろんそれは嬉しいことだけれど、「股関節症の人って自分に厳しすぎる。自分を責める人が多い。」と思うので、そういうことから解放されるのにこの優しい音がよさそうに思ったのでした。

「自分はこれまで本当によくやってきた。頑張ってきた。」と自分で自分を褒めることってなかなかなくて「もっとこうであったら。」みたいにいつもいつも自分に鞭打って、駆り立てるようにして頑張ってきちゃったのが私たちの足にきているのではないか?「精一杯やってきました。もう勘弁して。」と悲鳴をあげているのが股関節なのではないのか?と思えるからです。その悲鳴をあげている股関節に愛情を注ぐ代わりに「痛い」とか「歩けない」と不満をぶつけてはあまりに股関節ちゃんがかわいそう。自分にも股関節にも優しくするのにこのライアーの音色がぴったりに思えます。

ライアーが気に入ったのは、色々なヒーリングのものが講習会みたいなのでお金をとってランクアップしていくようなのに対して「少しでもこれが広まるように。」みたいなことでそういうシステムがないこと。逆に考えると同じタオライアーを演奏しても自分の我が入ってしまうような人と、Aさんのように愛情いっぱいに宇宙と一体化したような人の演奏では違ってくるのではないかと私は密かに(といってもこうして書いちゃうとおおっぴらですが)思っています。

彫っていただいたタオライアーの写真も近々のせますね。


|

2014年11月27日 (木)

スモールボール その2

温泉病院で「小さいボールでの運動が股関節に良いと言われた」という方から「スモールボールをどこで買い求めたのかしら。」というお問い合わせをいただきましたのでご紹介しておきますね。。今回、私はアマゾンで買いました。
黄色いボール
赤っぽい(オレンジ)のボール

私はネット購入するときは楽天とアマゾンを見比べてみて<価格がほぼ同じ>だとアマゾンの大半が<送料無料>なのでアマゾンで買うことが多いです。楽天は「⚪︎円以上送料無料」みたいなことが多くて、「あとちょっとで送料無料になるから」と余計に買ってしまったりもして。でも楽天は購入時にポイントがつくのが良くて、ネット上で楽譜を一曲だけ購入するような時に(クレジットカードをわざわざ登録したくないというような時に)お金同様に使えて便利だったりもしています。

9月の斎藤ホテルでのスモールボールの講習会は椅子を輪になるようにならべて、ボールをお隣の人に手渡して何かの合図で反対方向に回すみたいなこともして、なんとなくデイケアサービスでの一コマのような気分になっちゃったりもいたしました。内転筋を鍛えるのに両足の間にボールを挟んで両側からギュッと締めるみたいなのには良いと思います。ボール無くても、前にテレビでしていたのは椅子に座って両手の握りこぶしを二つ並べるようにして腿の間にはさみこんで両側からしめつけるという方法で、それだと内転筋の辺りに指圧みたいな刺激も行くので良さそう。

ボールを買うと運動の仕方の解説書もついてはきますが、股関節症の改善ということでは自分で工夫して色々してみた方が良さそう。ふにゃふにゃボールを足でつまみ上げる(グーみたいに足の指を内側に曲げて)とか、ころころ足の裏で転がしたり、貧乏ゆすりみたいにボールの上でリズミカルに足を弾ませているのだって良さそうですし。

こういうのは続けられるかどうかということになって、私は欲張らずにバランスボール代わりの例の骨盤の前後左右や回すのにもっぱら使うだけです。椅子の上にふにゃふにゃボールを置いてその上で体を弾ませるようにしても股関節に細かな動きが出るので<貧乏ゆすり両足バージョン>みたいな感じにもなります。(コレを書きながら時々弾んでみたりしています。)


先日買った砂時計の写真、載せておきますね。

Photo

1分計がラベンダー色です。3分計は抹茶色。5分計がオレンジ色。砂時計本体の色は他に黒と茶色があるのですが楽天でもアマゾンでも品切れで、このナチュラルだけが在庫ありでした。1分って時計の秒針見ているのも味気ないですしラベンダー色の砂時計、気に入っています。1分って長いです〜。


Photo_2


|

2014年11月26日 (水)

<ぶら下がり>をみなおす。

ぶら下がりのことはこのブログにも何回か書いたことがあるかと思います。最初に考案した人の書かれた本で「足をついた状態で膝の曲げ具合などでぶら下がりの強度を調節する」というのを知って、「そうだったんだ〜」と思いました。私は足がつかないぐらい高い位置に設定して、ぶらんと完全にぶら下がって「握力不足かしらもう少し長い時間ぶら下がれるようになろう。」と思ったのでしたが、それを読んで以後、低く設定して足がつく状態でのぶら下がりをするようにしておりました。

最近、大発見!というの大げさなのですが、私にとっては「どうしてこれまで気がつかなかったのだろう。」と思うことがあったので日記に書いておこうと思います。数ヶ月前からi-padのタイマーを使って5分のぶら下がりをするようにしておりました。ぶらんと足を浮かせてぶら下がるのだとそんな長い時間はとても無理なのですが、足をついた状態なら5分でも大丈夫。

短い時間のときにはぶらさがっているだけで精一杯だったのですが、5分もぶらさがっていると長いので色々なことに気がつくようになったのです。

一つには前回のブログに書いたような(ふにゃふにゃしたスモールボールでの動き)骨盤の前後左右などの傾きをぶらさがった状態でできること。寝た状態ではこれまでも腰を引き上げて反対側の踵を押し出すようにしてみたりしていましたが、それを立った状態でできるわけなのです。骨盤の右を前に出したり左を前にだしたり、上下にひきあげたり、前後に揺らしたり。要は3Dの三方向へ動かせます。この動きは立って歩くときにかなり近いのがよさそうに思いました。私は右の骨盤を引き上げるようにする癖があるので、そこを下にグイーと下げるようにしてみています。これがなかなか良い感じ。これまで「背骨をまっすぐに」みたいに漠然と考えていたのがもったいなかった気がいたしました。

もう一つは足にかかる体重が減る、水の中で重力から解放されるのと同じような状態を作り出せること。
これで足の裏の感覚をとぎすますようにすると、「良い方の足にばかり体重がかかっている。コレで均等かな?」みたいなことが余裕を持って感じられる。左右だけでなく「これだとつま先にかかりすぎかしら?かかとにかかりすぎかしら?」みたいなことで観察できるのが嬉しい。

歩くときには交互に足を出しちゃっていますからいちいち観察する余裕もないわけですが、ぶらさがった状態でどのあたりに体重をかけているのか確認しながら足踏みみたいなことをしてみたりもできますし、<何しろ色々なことができる>と気がついた次第。「これまでただぶら下がっているだけでもったいなかった。」と思いました。

I-PADの5分タイマーをセットしていましたが、毎回となるとI-PADのロック解除してタイマーを立ち上げてみたい手間がかかるようにも思って、砂時計を購入しました。1分3分5分が三角柱で一本にセットされているものです。きょうアマゾンから届きました。1分計はラベンダー色の砂なのも嬉しい気がしています。アキレス腱を伸ばすのも一般にされているように後ろにひいてというのもしていますが、段差のあるところで踵だけ落としてというのも時々していて、これも本では1分を勧めています。

砂時計の写真も今度アップいたしますね。ちょっとしたことだけれど砂時計が届いてなんとなウキウキした気分でおります。

|

2014年11月22日 (土)

スモールボール購入

もう股関節のリハビリのための物は買うまいと思っておりましたのに、今回スモールボールを購入してしまいました。どうしてそうなったかというと<はじめよう乗馬>というDVDつきの本を購入してみたら、そこにバランスボールと並んで乗馬用に開発された<Balimo chair>という椅子の紹介があったのです。動画で見てみたらバランスボール上の動きにそっくりな骨盤の動かし方をしていました。その椅子は輸入品で⒋万円ぐらいするみたい。お高い椅子ではなくてもバランスボールでこの動きができたら良いわけです。

以前、我が家にもバランスボールがあったのですが、愛犬と遊んでいたらパンクしちゃったのを幸い「場所ふさぎだからもういいわ。」と処分してしまっておりました。斎藤ホテルでスモールボールを使った講習会を受けた時に、空気を抜いてふにゃふにゃにしたスモールボールを椅子に座ってお尻の下に敷くと
バランスボールのような骨盤の前後左右の動きができることを教えていただきました。スモールボールって両手とか両足の間に挟んで圧を加えるみたいな使い方がメインと思っていたので「こんな風にも使えるのだわ」とその時知ったのでした。今回それを思い出して「乗馬の足しにもなるのなら。」みたいなことで購入することに。

you-tubeで見てみるとスモールボールを使った様々な体操が紹介されています。大半が老人ホームのようなところでの体操ですが、中には若い人が体型キープのためにしているような体操もあって、同じ見るならそちらの方がやる気がでるように思います。

Boru_2_3


二つ購入してしまったのは赤と黄色で迷ったこと、メーカーも迷ったからです。お高いものではないし、旅行先に持っていっても膨らますのもバランスボールみたいに大変ではないので、一つは旅行カバンに入れておくことにしました。長距離の場合、電車の中で背中のクッション代わりにもできそう。今もパソコンでコレを書きながらお尻の下に敷いています。すぐ飽きちゃうかもしれないのですけれど‥。私の場合、右に腰をヨイショと傾けるとツレているところが気持ち良く伸ばせるような箇所があって気に入っています。

同じようなボールでやや大きめのクノンボールというのもありました。「100歳まで歩けるクノンボールエクササイズ」という本があったので図書館で予約してみています。矢野先生の提唱なさっている<100歳までウオーキング>と似ていますよね。100歳過ぎて歩けなくなった方がコレで筋肉が復活して歩けるようになったというのには「何歳になっても筋肉はつかえば蘇る」みたいなことで希望がもてます。

さきほどの本の話に戻ります。乗馬上達法の本なので技術的なことが書かれているのだろうと思って買ったのでしたけれど。ちょっと驚いて嬉しく思ったのは、「理学療法士として馬をもちいたリハビリに取り組むスザンヌさん」という紹介があって歩行困難な人に馬を用いてリハビリなさっているようなことが書かれていたこと。理学療法士の観点からかかれた「バランスインムーブメント」という乗馬上達法の本がドイツではベストセラーになったという紹介がありました。

股関節症の私に健常者と同じ乗馬クラブでの乗馬は本来難しいだろうと思うので、親切で面倒見の良い稀有な乗馬クラブに出会えたことに感謝して月に2回ぐらいしか行けませんけれど細々続けていこうと思います。いつの日か緑の中を外乗ができることを夢見て。

|

2014年11月19日 (水)

まるさんのブログ「まるは元気です」

大腿骨頭壊死と診断された<まるさん>からメールを頂戴しました。私のブログから銀サロプラスの佐藤先生の所に行くことになられたということでのお礼メールでした。このブログはコメント欄がありませんし、ご報告メールを頂戴してとても嬉しかったです。そのまるさんがブログを始められました。これまでの経緯、そして今は同時進行で状況を書いておいでです。ご紹介させていただきますね。まるさんのブログ/まるは元気です読んでいる私たちも元気が出そうな素敵なタイトルですよね。

私のブログがちょっとでもお役にたったのだとしたらこんなに嬉しいことはありません。まるさんからのメールに「自分もブログを再開しよう。」という弾みをつけていただきました。まるさん、ありがとうございます!

ときどき<スフィンクスの謎かけ>のアレーズさんやモン・クールかほさんのブログ読みにいくことがあります。「もしかしたら続きをまた書かれているのではないかしら。」と思って。クミコさん(それまでの記事も削除なさってしまいました)や金木犀さんはじめ、以前は、保存療法のブログのお仲間がいたのですが、やめてしまわれる方が多い中でこうして、まるさんのように新たに始められる方がいるのは心強いです。きょうも明日も、整形外科で「変形性股関節症です。」と診断されて「え?なにそれ?私どうなっちゃうの?」と思う人が居るのでしょうものね。「お医者様の対応がもう少し親切でわかりやすかったら良いのに」思うのですけれど。お医者様にとっては日常茶飯事に近くて「また股関節症の患者だ。」ぐらいのことなのかもしれませんし、数多くの足のひとつ(?)でしかないわけだけれど、私たちにとっては唯一かけがえのない自分の足なのですものね。(親身になっていただけるお医者様も世の中にはおいでになるのだと思いますが。)


|

11月の温泉病院

ひと月に一度は更新したいと思いながら、一ヶ月半間があいてしまいました。きららのケイコさんのブログが更新されていないことが気になって、メールするとそれでなくても大変な時期に<お返事かかなくちゃ>ということになっても申し訳ないし、思い切ってお電話してみたら、おばさまが亡くなられてご葬儀から戻られたところでした。ブログの更新ができないことを気にされていましたが「ブログは後回し!ゆっくり寝てください。」と申し上げました。ケイコさん、本当にご苦労様でした。

かたや私の方ですが、いろいろ忙しかった時期を終えました。「忙しくて目がまわりそう」と言っていたら本当に目がまわってしまって、夕食の支度を途中でやめて倒れこむように横になったりしたことも。温泉病院へは11月の11日一泊で行ってきました。今回の診察では「都内に出かけるような時に痛みがあって、きょうは痛みのスケール2ぐらいかしらと思っても、出歩いているうちに痛みは無くなってしまって、<1日を終えて寝るときに直感で>ということになると<痛み0>になってしまうんです。」ということを申し上げました。「運動開始時に痛みが出ることはありがちなことなので、<痛みと歩数の表>の脇にそういうこともメモっておくと良いでしょう。」ということでした。

理学療法では「肋骨、肩甲骨の辺りを。」ということでお願いしました。帰りに「え!こんなに軽くなるの。」と驚くぐらい肩と背中が嘘のようにラクになって、翌日の施術で「マッサージなど受けたりしてもこんなにまでラクにならないのに不思議。近かったら毎週来たいようです。」と言って笑われちゃいました。みぞおちの辺りを押さえておいて筋膜をいろいろな方向に引っ張っているみたいな感じ。ツレテいる箇所をみつけて伸ばしてくださっているらしいです。私の場合、みぞおちのあたりが固いので自分でほぐしても少しは(やらないよりは)効果があるかもしれないとのことでした。

もともと<上半身がしなやかになると足への負担が軽くなる>と言われていたのですが、これだけほぐれてみると<いかに自分の上半身がガチガチだったか>実感できます。股関節が悪いのでかばって歩くために体が緊張して固まってしまうようです。腕をふって歩いてみて「背骨のキワから動いてる〜!」みたいな感じです。これまで肩から先の腕しか動いていなかったような。「他の人たちは皆さんこうやって歩いていたの?!昔の私もこうやってあるいていたのだったかしら?」みたいな感じです。でも翌日には少し戻ってしまっている感じでした。7割から8割ぐらいほぐれた感が残っている感じで、きょうあたりは6割ぐらいかしら?背骨のキワから腕が動く感じを思い出しながら座ったまま腕振りだけしてみたりしています。

作業療法では足首から先の施術をしてくださいました。「これだとリフレクソロジーにそっくり」と思いました。終わったあとに「歩いてみて。ラクになっていると思うけど。」と言われて靴をはいてあるいてみたら、たしかに踏み込む時の安定感が5割り増し(?)ぐらいのシッカリした感じ。ちょうど日経グッデイというのの記事に足裏をやわらかくすると歩くときに安定するようなことが書かれていました。足裏ストレッチ
最近知ったのですが、この日経グッデイ、お役立ち情報が多くて良さそうです。実はきょう早速、近くのリフレクソロジーのお店に行ってきました。昨日、通りがかりに2割引の券がついたチラシをいただきました。もう10年以上前からあるお店なのにチラシを手渡しされたの初めてで「ちょうどリフレクソロジーのことを考えているときに、これもなにかの縁」と思って行ってみたら、すごく良くて、すっかり気に入ってしまいました。近いのが何より嬉しいです。筋膜は繋がっているようなので足底やふくらはぎをゆるめたら、きっと股関節にも良いはずと勝手に楽観視しています。

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »