« ストレッチ その後 | トップページ | 紅茶で染色 »

2016年6月 4日 (土)

パソコンが起動しなくなるトラブル

パソコンが立ち上がらなくなってしまい、Macなのでアップルのサポートセンターに電話していろいろな方法を試したのですがダメで、「ご近所で修理していくれる店をご紹介します。」ということで大宮のクイックガレージという所をご紹介いただきました。大宮のビッグカメラでも扱っているそうですが、クイックガレージの方だと予約なしで診ていただいけるとのことだったのでそちらにしました。「ロフトのビル」と聞いたので大宮の東口の私が覚えているロフトがあった所まで行ってみたけれど見つからず、通りがかりの若い女性に聞いてみたら「ロフトは西口です。」とのこと。東口からかなり歩いてしまっていたのでガックリ。大宮駅まで戻って改札近くの交番で「ロフトって西口に引っ越したって本当でしょうか?」と確認しちゃいました。そごうの8階にロフトが入ったとのことで、そごうの隅っこの方に修理のお店がありました。大宮駅の西口と東口をつなぐ通路だけでも歩くとかなりあって、歩数は1万歩越えてしまいました。
修理のお店は親切でてきぱきしていてとても感じよくてホッ。

なにしろすべてをパソコンに依存しているので、パソコンが立ち上がらなくなると本当に困ります。パソコンが見られればこそ、出かける前に<大宮のクイックガレージの場所の確認>などもしてから出かけるわけですが、スマホやi-padがあっても見るのが億劫で調べずに出かけてしまったことが失敗のもと。パソコンの入ったバッグは重たくて、それを持って歩き回ったので股関節に久々に痛みも出してしまいました。そもそも大宮駅の雑踏は苦手であまり行かないようにしているぐらいの場所なんです。

スピリチュアル系のアロマの講習を受けているときに、「パソコンのトラブルは自身への警告」と言われたことがあったのを思い出します。ここのところ、自宅の玄関の鍵を無くしてしまって落ち込んでいました。<帰宅して玄関が開かない>というようなことではなくて、出かけるときに見つから無いのだから家の中のどこかだと思うので、誰か外で拾った人が玄関を開けて侵入するというようなことは無いはず。気持ちを切り替えねばと思うのですが「どうして私はこうなんだろう。だらしないんだから。」みたいに責めまくっています。そう思えばおもうほど同じようなミスを引き寄せているような感じです。

外にヨドコウの物置があって「もう必要なくなった書類。でも万が一を考えて保存」みたいなものをしまってあるところを先日開けたら、そこにかなり前に行方不明になったギターのテキストが一緒に仕舞い込んであるのが見つかりました。「どうしてこんなところに???」みたいなことで、またまた「どうして私はこうなんだろう?」みたいに落ち込んでしまいました。ギターのレッスンでは2冊テキストを使っているのですが、2冊ともそれぞれ別のときに行方不明にして買い直したので手元に2冊づつあります。「誰かに迷惑かけるようなミスではないのだから。」と自分を慰めてはみるのだけれど、立ち直れません。

<自己嫌悪のいっぱい詰まった饅頭状態>と称して、「天中殺が終われば気持ちも軽くなるのかもしれない。」と思いながら過ごしております。

|

« ストレッチ その後 | トップページ | 紅茶で染色 »