«  いろいろなメソッドに共通な体操/ジグリングのマシン | トップページ | 10年前の自分の写真を見て気がついたこと »

2016年9月21日 (水)

勝沼の葡萄

今年も勝沼の葡萄農家、<ふるやファーム>に頼んでおいた葡萄が届きました。親戚やお世話になった人たち数軒に送って、自宅にも同じものを届けていただいています。最初の年に届いて感激したカッタクルガンはその後には時期が終わってしまっているということで入ってこなくて、今年はピオーネと皮ごと食べられるシャインマスカット、それに甲斐路です。

石和の温泉病院から裏道を通って勝沼インターに向かう時に沢山葡萄農家がある中でログハウスの素敵な葡萄園を見つけて寄った所に、毎年この時期に葡萄をお願いするようになりました。<除草剤を使っていない>ということも嬉しいです。これも股関節症で温泉病院に通うようになったからこその出会い。<負け惜しみ>みたいに聞こえるかもしれませんが、私の場合には「股関節症になったことで人生豊かになった」と思うことが沢山あります。

P1050347_2

繰り返し書くようですが、デユーク更家のウオーキングを扱った任天堂ソフトが気に入って、その中の<三種の神器>というのと<お願いスクワット>など幾つかの体操を洗面台に歯を磨くときの3分の砂時計が置いてあるのを使って朝の洗面の時に3分だけ体操することにしました。<三種の神器>はそのソフトの中では「1分するだけでも血流が良くなって抜群の効果」のようなことが言われています。毎回ソフトを立ち上げるまでもないので日頃は砂時計で、時々はソフトを立ち上げてデユークさんの声に励まされるようにして続けていこうと思っています。

お彼岸で仏壇の掃除をしたときに仏壇脇の本棚を何気なくみたら、探していた<最高の自分を引き出す法/スタンフォードの奇跡の教室in Japan>があるのに気がつきました。「絶対この本棚にあるはず」と思っていた別の本棚を探したのだけれど見つからなくて「どこにしまい込んだろう?」と思っていたところでした。

ざっと読み返してみて、ご紹介したいと思った箇所。「くじけそうになったときや疲れたときでも、同じ目標に取り組んでいる仲間や応援してくれる人のことを考えるだけで意志力が強くなることが、研究によって明らかになっています。」「自分が行うことは大切な人たちにも良い影響をもたらすだろうと考えることも良いことです。」

私がこんな風にデユーク更家の体操はじめ続けられるのも「ブログに書くことで読んでくださる方の中で例え一人でも『ラベンダー(さん)が頑張っているのだから、私も頑張ろう』みたいに思ってくれる人がいたら嬉しいと思えるからではないかと気がつきました。本来<頑張る>という言葉はあまり好きではなくてできれば楽しんで自然に続けられる方が望ましいと思っているのですが、何か継続するには<意志力>のようなものが必要で、この著者の日本での講演会もwill power ということが主題でした。この本によればダイエットや禁煙みたいなことも仲間が崩れると一緒に崩れてしまったり、影響を受けるようなこともかかれています。図書館などでぜひ目を通していただきたい一冊です。

|

«  いろいろなメソッドに共通な体操/ジグリングのマシン | トップページ | 10年前の自分の写真を見て気がついたこと »