« レストランベルクでの演奏会 | トップページ | 首の手入れを顔と一緒に »

2016年9月28日 (水)

金木犀さんの昔のブログ

今朝、窓を開けたら庭の隅の金木犀の香りがしてきました。風向きによるのかしら。ブログを始めたばかりの頃、ブログを通してお知り合いになった“金木犀さん”から<銀サロ10周年記念パーテイにお友達と参加>という嬉しいメールを頂戴しました。金木犀さんのブログは2011年の震災のことを書かれた日記で終わっています。どのページをリンクしようかと迷いましたが、さくらさん始め皆様が(私も)コメントを書き込まれている松本先生の初回の出版記念パーテイの日記をリンクさせていただきますね。
金木犀さん、松本先生の初回パーテイの日記

コメント欄を通して知り合った人も多いので、コメント欄は意義のあるものだと思いますが、こういうのも性格によるもののようで、私の場合、お返事をかかないでいるのは落ち着かないので「まずお返事を」と書いていると、その日ブログに書こうと思った内容についての気持ちが失せてしまうようなことが多く、今はコメント欄無しにしてしまっております。当時の金木犀さんの日記にコメントを書き込まれた皆様とまたお会いできるのかしら?どうなさっているかしら?と思っています。うさこさんは仙台で被災されて今は神奈川の方にこられているとメール頂戴してお返事書いたのですがそれきりになっています。メールは届かないこともあるので私のメール読まれていない可能性もあります。もしブログご覧になっていたらご連絡くださったら嬉しいです。

きょうはNさんが一泊で温泉病院に行かれています。すれ違いになってしまいました。私と同じ理学療法の先生です。「Nさんは順調な回復ぶりのAさん(私)をすごく高く評価してますよ。」と言われました。ブログだと過大評価されてしまわれるようで等身大の私のことを知って幻滅なさらないと良いのだけれどと思います。今は削除してしまったブログでのことですが、私がブログ読んで常々羨ましいと思っていた相手が私のブログを読んで「羨ましい」と思われていると知ってビックリしたことがあります。「優雅な毎日のあなたがどうして? 」と思いました。文章にしてみるとそんな風にお互いに思ってしまうようなことなのかもしれないと思いました。「隣の芝生は青い」とか申しますものね。

|

« レストランベルクでの演奏会 | トップページ | 首の手入れを顔と一緒に »