« 温泉病院に来ています | トップページ | プラテーロ(パン屋さん)に寄ってきました »

2016年9月 1日 (木)

富士温泉病院のリハビリは私には最高です。

今回、楽天から予約してあった宿では眠れなかったので(その事情を書くと長くなります。)前日泊で休養しておいてよかったと思いました。一日目理学療法を終えたあとに作業療法まで2時間あったので車に戻って椅子の背もたれを倒して寝たら爆睡してしまいました。よほど疲れていたのだと思います。石和健康ランドでお風呂に入らなかったような書き方してしまいましたが一度だけ行きました。いつもは到着時、寝る前、朝と三回お風呂利用するのですが、「いつもに比べるとお風呂より睡眠重視」というつもりで書いたのでしたけれど後から読み直したら全く行かなかったみたいに書いちゃってあったので訂正させてください。

温泉病院にリハビリに行った一日目、ピリッという歯の神経でも痛むような痛みが股関節に出て理学療法のK先生に訴えたら、本当に的確にそこを探り当てて施術してくださって解消。探り当ててくださったときに「それです!どうしてピンポイントでそんな風にわかるんですか?」と聞いたら私の訴えと感触と両方なんだそうです。「つまっちゃっている感じ」と言われました。翌日、「おかげさまですっかり解消しています。こんな風に効果テキメンで、温泉病院に来ているときに痛みが出てよかったです。これが家にいるときだと、痛みを抱えて暮らさなくちゃだし、かばって体のどこかに歪みがでたりしそうです。」と申し上げました。K先生は先輩から、そんな風に劇的に解消しても自分の技量だと思わないようにと釘をさされているのだとのこと。単に冷えから来ていて、陽気のせいで解消した可能性だってあるわけだし‥みたいなことで、あまりの謙虚さにまたまた温泉病院の療法と療法士さんに惚れなおしてしまいました。

今回、1日目の作業療法のときに沖縄からの研修生が「見学させてください」とのこと。こういうことはよくあって傍で見ているだけなのですが、今回は一緒に私の足を持ち上げて動かしてみたりするようなことでした。寝ている私の左足を持ち上げて屈曲方向に曲げてくるだけの動作なのですが、療法士の先生と全くちがうのです。「それだと股関節のところで足が外に逃げちゃう感じです。」「支えている足首の角度が微妙に違っています。」とか口やかましい姑状態でいろいろ申し上げてしまったのですが「こんなに違うものか!」と思いました。療法士の先生は「フィーリング、感じること」と言われていましたが経験を積むことが本当に大事なのですね。

今回診察はすぐに終わって、理学療法まで1時間半もあったので、以前どこかでお会いした覚えのあるお顔の方が次に診察に入られたので終わるのを待っていて、円卓のところでおしゃべりさせていただきました。彼女も同じ時間からのリハビリで90分がちょうど空いているとのことで。「どこでお会いしたのだったかしら?」と思ったら某講演会でのことでした。いろいろ情報交換させていただいて、すごく有意義に過ごせました。

温泉病院の施術がすごくよかったので、「今は月に一度一泊二日だけれど、他に日帰りでもう1日行くことにしようかしら?」と迷っています。川越からそんな風に二度のペースで通われている方とお顔見知りになりよくお会いします。作業療法、理学療法の先生双方に相談してみたら「通うことで疲れがでちゃうようだと股関節にも良くないから慎重に考えて。」とのことでした。そういう人結構いるのだそうです。「もっと頻繁に通ったら良くなるのでは」と思って一所懸命通って疲れちゃってしまうような人。股関節症の人は真面目な人が多いから、わかる気がします。日帰りだと洗面用具みたいな荷物もなくて身軽に行けますから列車で往復できそうですし、乗馬に越生に行く時間で温泉病院に行けてしまいそうでもあるのですが‥。慎重に考えようと思います。人によるのかもしれませんが、私には温泉病院の療法はすごく合っています。

|

« 温泉病院に来ています | トップページ | プラテーロ(パン屋さん)に寄ってきました »