« 金木犀さんの昔のブログ | トップページ | 松本深圧院 10周年記念祝賀パーテイ »

2016年9月29日 (木)

首の手入れを顔と一緒に

今回二日目は簡保の宿に宿泊。簡保の宿のシングルはシテイホテルのシングル並みで良いのですが、温泉まで遠い。中庭を囲むように口の字みたいに建っている建物の部屋と温泉浴場がちょうど反対側なのでグルリと回っていかなくちゃなりません。ちょっと近い方から行こうとすると階段を下がって帰りは上がってくることになります。今回は前回会員になったので1000ポイント(1000円分)9月30日までの宿泊客につくクーポンが送付されてきたのでなんとなくそれに惹かれて。

会員になると10時チェックアウトが12時まで居て良いのだそうです。今回リハビリは11時半からでしたので、10時からのアメリカ大統領選挙のお二人の討論会を11時10分ぐらいまで見ることができたので「メンバーになっておいて良かった〜」と思いました。わざわざ前夜に「明日の10時からテレビで討論会が放映される。」とメールで教えてくださった方がいたので。全米でこれまでにない一億人を超える人が見ると言われているのだとか。家にいたらそんな時間にテレビ見たりしないで「後でニュースで要約を聞こう」みたいになったと思います。何しろ出先なのですることもないので‥。

簡保の宿はデスクの前が鏡になっていて化粧台も兼ねているような造り。そこで自分の首のシワがやけに目立っているのに気がつきました。何年か前に従姉妹が顔は綺麗にメイクしているのだけれど「首筋がやけに年齢を感じさせる。」と思ったことがあったのですが、自分もそうなっているのでした。顔は化粧水やら日焼け止めやらつけているのに首はなにもケアしていなかったと反省して、日焼け止めなども塗ることにしました。

今回、冷えとり健康法で知られている班目先生の<首のスジを押すと超健康になる>という(図書館で借りた)本の中の胸鎖乳突筋というのがよくわからなくて理学療法の先生に「教えて下さい〜。」と見ていただきました。「この本のイラストではわかりにくいから、もっとわかりやすい本を見せてあげる。」とプロメテウスという解剖学みたいな本を持ってきてくださって教えていただきました。(ホントに親切!)自分の首でも「コレですか?」とたどってみたのですが途中で違っちゃって「そっちじゃなくてこっち。」みたいなことで、キッチリ自分の首筋でわかって良かったです。本には「首の後ろがこっている人は拮抗筋のコチラをほぐすと良い」というようなことが書かれています。関心のある方は図書館でご覧になってみてください。

亡くなられたヨガの先生が「肩こりの酷い人は鎖骨のあたりとか前をほぐすといいのよ。町のクイックマッサージみたいな所で肩しか揉まないのは、前の方をほぐしちゃうと肩が凝らなくなってお客が来なくなっちゃうからなのよ。」と言われていたことを思い出しました。私は子供の頃からすごい肩こりなのに、あまり真剣に考えたことがなかったと反省。首筋のお手入れをしながらほぐせたら一挙両得です。

洗面化粧台の砂時計を使った3分体操続けています。洗面は毎日するのでそのときに忘れずにできますし、ゴロンと寝転んでするような体操だと「いざ体操を」みたいになりますが、立ったままですし3分ですし気軽にできます。ポモドーロを使った25分の体操は一日のうちで時間を取れなくて、しないで終わってしまうことが多くなってきてしまいました。3分体操は「一日のうちでいつ体操をするか」みたいにならないで習慣づけられたのが良かった気がしています。梅干し番茶もつづいていて梅干しは乗馬に行った先の越生が梅の里なので昔ながらの梅干しを買ってきましたし、ほうじ茶も飲みきって二つ目を買ってきました。

塩谷先生の正心調息法も寝る前に10回だけしています。(本来25回が理想)呼吸法をしながら、「しょっちゅう呼吸法をしているような気がする。あっというまに1日が終わってこの時間が巡ってくる」と思います。

|

« 金木犀さんの昔のブログ | トップページ | 松本深圧院 10周年記念祝賀パーテイ »