« 梅干し番茶 | トップページ | ベッドを移動して反対側から降りることに »

2016年9月 6日 (火)

梅 礼賛

今朝も梅干し番茶を。子供の頃、庭に梅の木があって、その木になった梅を何人かの子供達で食べて母に怒られたことを思い出しました。私が乗馬で行っている越生も梅が有名ですから、せっかくならこれから梅干しは越生に行った時に買ってこようと思っています。

梅の栄養効果十選というページも興味深く読みました。カルシウムを取り込む働きがあるようなことも書いてあります。何かの本で読んだ中に、カルシウムを摂取しても骨にカルシウムを吸着するような力がないと、そのまま無駄になってしまうようなことが書かれていて「そうなんだ〜」と思いました。

骨のリモデリング、再生されていく仕組みについては矢野先生の初回の診察で知ったのでした。その時に処方された骨を作るような薬を私は「自分には合わないので」と次のときに断りながら「カルシウムは人一倍とらなくちゃ」と食品栄養成分表を見ながらカルシウムの多い食品を書き出してみたりしたのでした。チャーハンには桜エビを結構多めに入れていますし、ジャコもシラス干しもよく食べていますし、高野豆腐も思い出してはつかっていますし、カルシウム摂取はしているつもり。でも体が吸収してくれなくては話になりませんものね。

梅干し番茶だけではなくて、もっと梅を食生活に取り入れようと思います。梅ジャムなども今度買ってみようと思います。ご存知かもしれませんが、青じそ、梅干し、長芋を細かく刻んだのに鰹節、ゴマを入れてネバネバしたのにちょっとお醤油をたらしてかき混ぜたのも好きなんです。無農薬の青じそをいただいたようなときに作っています。亡くなった義母がテレビのお料理番組で見て教えてくれたことを懐かしく思い出します。

|

« 梅干し番茶 | トップページ | ベッドを移動して反対側から降りることに »