« 杖なしでは現在のところ1キロが限度みたい | トップページ | えこるの靴を購入 »

2016年10月27日 (木)

歩数と痛みについて/ムーミンのコロコロバッグ

前回のブログに、文化センターから南浦和駅まで杖なしで歩いて痛みをだしたことを書きました。これは休みなしで歩き続けた場合のこと。歩数だけなら最近、同窓会行事での地元の鉄道博覧館見学、先月はオエノングループの牛久シャトー見学などで杖なしで相当歩いたのですが痛みを出さないで済んでいます。自分で思うのは<容量の小さい充電池>みたいな状態で、こまめに休んで充電すると大丈夫。

温泉病院で記録するように言われているのは<歩数と痛み>ですが、結果として同じ歩数ではあっても内容によってかなり異なると思います。温泉病院に提出する表もそういうメモを記入する欄もあります。最初は「美容院へでかけた」みたいなメモをつけていただけでしたが、「このメモこそ活用して痛みコントロールに活かそう」と思うようになりました。

先日の私の痛みがたった2分、電車の椅子に座っただけで消えてしまったということは<炎症を起こした>とかいうようなことではなくて、<筋肉の過労>私の今の筋肉の状態に比して過酷に歩いてしまったということなのだと思います。それなのでちょこちょこ椅子に座ったりしながら歩くと、杖なしでもかなり歩けるのだと思うのです。この筋肉の状態をどんどん良くして、要は容量の大きい電池みたいにしていけたらいいなぁと思っています。

先日9000歩超えになってしまったのは、都内から浦和に戻ったときに我が家とは駅の反対側にあるパルコのムーミン展に寄ってきたからでした。スワニーのコロコロバッグがくたびれてきたので、最近ムーミン柄の(スワニーではない)コロコロバッグを買って、熱海旅行で初めて使いました。特にムーミン大好きというわけではなかったのですが、美容院の入り口に置いてあったのを見て「可愛い!私もコレが欲しい。」と思ってそうなりました。右がムーミン柄のバッグ。ムーミンのオフィシャルサイトを何気無く見たら「浦和パルコでムーミン展」とあって「まあ、日本橋などじゃなくて浦和で!?これは是非ともいかねば。」と思ったのでした。こういうのって行こうと思っているうちに期間が終わってしまうことが多いので歩きすぎとは思ったけれど寄ってきた次第です。Img_0971

スワニーのバッグは横に倒して腰掛けられるようにフレームがシッカリしているためにカバン自体が重いのですが、ムーミンの方は素材も違うせいか軽いです。すぐれものなのはファスナーでサイドが広がって容量が増えること。本来ステッキバッグではないので体重をかけて杖代わりみたいにはできないのでしょうが4輪で自在にうごくので、後ろ手でひっぱらないでスワニーのバッグと同じように横で転がせます。今後はこれで温泉病院通いになります。

活動量計(歩数計)も新調しましたし、いろいろな意味で股関節症に取り組むのも新しい局面に入った気がしています。舞台でいうと1幕目は「股関節症と診断されて暗中模索」2幕目が「銀サロに出会い、自分もブログ開始」 3幕目が「温泉病院で痛み解消」と来たところ。4幕目は「歩容改善に向けて」になる予定。

私の中で、松本深圧院10周年に参加したことも一つの節目みたいになりました。松本先生にお世話になったばかりの頃「内転と内旋ってどう違うんですか?」とお聞きしたことがあったぐらいの股関節症ビギナー(?)だったんです。それから10年。今や「股関節症は趣味です」と言っているぐらい。資料もやたらと買い込んでしまってあるし、失敗もたくさんしてきているので、後に続く人たちには同じ失敗はして欲しくないですし、資料も皆さんと共有して活かせたらと思っているようなことです。ただいつも申し上げているように股関節症の状態も違えば家庭環境も違うので誰にでも当てはまることって無くて、孤独なようですが<自分で考えるしかない>ので、その<考えるお手伝い>ができたらと思っているような次第です。


|

« 杖なしでは現在のところ1キロが限度みたい | トップページ | えこるの靴を購入 »