« 施術の効果を最大に。ブレーキとアクセル 一緒に踏んでいませんか? | トップページ | ジグリング 貧乏ゆすり 井上先生の講演 »

2016年10月 9日 (日)

湯たんぽの勧め

レドリーさんの手元に無事、銀サロ記念品のトートバッグ届いたとのことで安心したところです。メール交換の中で<近々班目先生の病院に湯たんぽを買いに行かれること>が書かれていました。班目先生は湯たんぽの効用をあちらこちらで説かれていますが、オリジナルの湯たんぽを販売していることまで知りませんでした。班目先生の湯たんぽのページに湯たんぽの効用など詳しく書かれています。「湯たんぽは健康器具ではなく医療器具」とまで書かれています。

かなり前のことでこのブログにも書いたことがあったと思いますが、私の習っていたフラメンコの先生が線維筋痛症になられて班目先生のところに行かれていました。そもそも線維筋痛症という病名がわかるまでが大変で、数年間あちらこちらの病院に行かれてもわからなかったそうです。動けなくなって救急車ということもあったそうですが、良くなられてステージでフラメンコ踊られるまでに回復なさいました。スーパーでバッタリお会いして股関節症の話をしたら班目先生の書かれた本をプレゼントしてくださいました。先日のパーテイで一部の方にお話させていただいたのですが、フラメンコの先生は初診のときに問診などの間、湯たんぽを膝の上に抱えるように置かれて「気持ち良い」と感じる人はすでに冷えがあると言われたのだそうです。

そんなわけで班目先生にお会いしたことはないのですが、世間一般の本の著者より親しみを感じています。先日温泉病院に持参して理学療法士さんから正確な位置をおしえていただいたときの「首の筋を押すと超健康になる」も班目先生の本です。

先日のパーテイで「<冷やさない>ではなくて<温める>だと思う。」ということも一部の方に話したのですが、陶器の湯たんぽを30年ぐらい前に知人にプレゼントしていただき、寒くなると使っています。数年前、お灸の先生に教えていただいた電気で温めるホットパックのようなのを使った時期もあって手間がかからず簡単で良かったのですが、やや小さいのと、あたたまり方が湯たんぽの方が良い気がして、結局湯たんぽに逆戻り。太ももの下とかひざ下とか位置を動かしながら使っています。昔お世話になったヨガの先生は「ペットボトルでも」と言われていましたが、班目先生の記事を見ると昔と違ってペットボトルが薄くなってきているらしいのでお勧めではなさそう。

昔湯たんぽをプレゼントしてくださった知人は五本指ソックスの絹と綿を交互に4枚履くという重ねばきを周囲の人に勧めていて、私もちょっとの間試したのですが、足先がモコモコして靴も履けなくなっちゃうしで、今は五本指と普通のソックスの二枚重ねにしています。その状態で履ける靴を買っています。

先日の黒柳さんの舞台を観に行った劇場で周囲の人たちが「冷房が寒いですね。」と話していました。会場側でクッションの貸し出しをしているのを冷房よけに頼んだりなさっていました。「cw-xの足首までのを履いてきて良かった。」と思いました。デユーク更家さんがよく履いている赤い線が入っているのもcw−xみたいですよね。「あら!」と嬉しくなりました。

|

« 施術の効果を最大に。ブレーキとアクセル 一緒に踏んでいませんか? | トップページ | ジグリング 貧乏ゆすり 井上先生の講演 »