« 痛みようやく解消 | トップページ | フィットビット アルタの使い心地 »

2016年10月24日 (月)

姿勢の教科書/重心の位置の確認

yuukiさんとお会いしたときに姿勢の教科書をお目にかけたらご自分でも購入されるということでした。「何か一冊、筋肉などについての解説書を手元に置きたい。」という方には、3Dで立体的に描かれていますし、修正体操なども出ていますしおすすめです。何度も申し上げるようですが100人が100人とも満足するものは無いと思いますので、書店の店頭などでご覧になってお気にめしたらどうぞ。最近この著書の竹井先生は NHKの健康番組などによくお出になっておいでです。修正体操の指導がわかりやすくて効果がありそうで評判良いのではないかと思います。

「良い姿勢」というのは色々な本で紹介されていますから知識としては当然のことながら知っておりました。どの本も姿勢については2ページぐらい、立ち姿を紹介したようなものがほとんどですが、この本は<まるごと一冊姿勢の本>という感じです。

壁を背に踵が数センチ離れたところに立ってみたところ、本来ならでっぱっている臀部と後頭部が壁につくはずが、<あれ?私どこも壁につかない。なんだか変。>状態なのでした。どういうことか観察してみると原因は二つ。まず重心が本来の位置よりかなり前なのです。これだと体を支えるのに(前に倒れないように)余計な筋肉を動員して負担が大きいことになります。もう一つは骨盤が前傾して立っていること。ヨイショと骨盤をたてるようにすると上半身が壁にひきよせられるようになって背中や臀部が壁に触るようになります。

このブログを読み返して、以前温泉病院で「重心は自分で思っているより後ろ、正しい位置を意識すると中臀筋がふっくらした感じになるので<中臀ふっくら>と覚えておきます」と言ったことが書いてあって「そうだった。」と思い出しました。

温泉病院の療法士の先生に「良いほうの左足ばかりに荷重して立っていてバランスが崩れたいように思うので、痛みが消えた右足荷重を意識するように立ってみたら修正されるのではないでしょうか?」とそうやって立って見せたら「変な緊張がはしっているからやめておいたほうが良い。」と言われました。<修正するのに逆のことをしたら>というのは素人考えで、あくまで<正しい位置に重心を>こころがけていこうと思いました。

その正しい重心を意識するのに、何で見たのか忘れちゃったので申し訳ないのですが、両足裏の前後に重心移動するというのがあって、<右足前→右足後ろ→左足前→左足うしろ>こんな感じで意識してみると上半身がゆらゆらそれにつれて動きます。前後だけでなく左右もシッカリ意識した上で、くるぶしのちょっと前あたりに重心を落とすようにしています。

皆様の参考になるかどうかわかりませんが、自分の今の覚書としても書いておこうと思った次第です。

|

« 痛みようやく解消 | トップページ | フィットビット アルタの使い心地 »