« デユーク更家さんの三種の神器 | トップページ | 歩く速さ »

2016年10月16日 (日)

電車の遅延により乗り継ぎ列車に間に合わず

ここのところ「書こう」と思って日が経つと書けなくなってしまうことが多いので、本日二つ目の日記ですが勢いで書いておくことにしました。こちらは股関節症と離れた内容です。股関節症がらみはこの前の日記をご覧くださいますように。

初めて義姉妹4人で熱海に一泊旅行に行ってきました。新宿発の踊り子号車内での待ち合わせということでしたが、新宿に向かっているときに池袋を出たところで「非常ボタンが押されたので安全確認のため」ということで電車が止まってしまい約束の電車に乗り遅れるという体験を初めてしました。日頃電車に乗っていると「○○線遅延」とか運休とかいう表示がテロップで流れますがそういう時って連絡する新幹線などに乗り遅れる人が大勢いるのだろうな‥とあらためて思います。

待ち合わせに遅れるのは今は携帯があるから「遅れます」と連絡すれば済むことですし、後続列車がある場合には後のに乗って追いかければよいわけですが、新宿発の踊り子はその一本だけで、後は東京駅始発ばかり続くようなことで「あらら〜」状態でした。まずは改札付近の駅窓口で相談したら、私の後ろの女性二人も「私達も踊り子に乗り遅れたんです〜」みたいなことでした。山手線他も遅延があったのだそう。踊り子号はガラガラで発車したとのことですから間に合わなかった人が多かったのでしょうね。

「列車の振替はみどりの窓口へ行ってください。」とのことで改札を出て南口のみどりの窓口に行ってみたら長蛇の列。30人以上、もしかしたら50人ぐらい並んでいたのでは? 乗り遅れたような人が全員その手続きをするわけですから、当然そうなりますよね。

「先に行ってください。熱海で待ち合わせということで。」という私のメールは届いたとのことですが、その返信メールは、私が次の踊り子に乗った頃にかなり遅れてとどきました。遅れたときには待ち合わせの人はじめ皆が携帯を使うので電波の状態が悪いのかもしれないと義妹たちと話しました。
携帯電話が普及し始めた当初には、そういえば駅周辺では大勢が使うので電波が途絶えることがありましたものね。メールはそんな風に届いていない可能性もあるので<電話で連絡を取り合うことが肝要>というのも今回の教訓でした。

以前の私なら「どうしよう。」とパニックになりそうなところ、ここのところの正心呼吸法のおかげかと思うのですが、「こういう体験も滅多にないことだから、この状況をどう乗り切るのか楽しもう。」と思えたのが我ながら不思議。「小田原まで湘南新宿ラインに出てそこから熱海へ向かおうかしら。」と思って駅員さんに相談してみたけれど「すべての電車が小田原までいくわけじゃないですし、東京駅に行かれた方が。」とのこと。自分の不手際で乗り遅れたのではないことを証明するのに<遅延証明書>を南口で受け取って東京駅へ。あまりに電車が遅延するからなのか、遅延証明書は箱に入れておいてあって皆さん次々持っていきます。遅延の事故はJR側で把握しているからそれでも問題ないということなんでしょうか。

中央線で東京駅に向かいました。最悪、出費覚悟で新幹線で熱海に向かわなくちゃならないかなと思ったり快速アクテイなら乗車券だけで行けるのでそれがいいかしらと思ったり。電車から降りて切符の手配をしてくれた義妹に電話したら、「Tお姉さんも東京駅の11時の踊り子に振替てもらえたので、みどりの窓口にいって振替てもらってください。」とのこと。私が「まあ、私のためにTお姉さんも東京駅まで来ておつきあいくださることにしてくださったのですか?」と言ったら「Tお姉さんも乗り遅れたんです。」とのこと。

T姉に電話して、振り替えた踊り子の同じ車両にして、二人でお喋りしながら熱海に。あちらで待っていた妹たちも「神様が二人ずつにしてくださったのかもしれないですね。」と言っていましたが、私もそんな気がしました。健脚な妹二人は熱海で90分ぐらい商店街を散策したりして、T姉は膝が痛かったのがようやく治ったところだったのに、新宿駅構内を走ったのでまた膝に痛みをだしてしまったのだそうです。歩くのを控えている(といっても東京駅構内など歩き回ったせいもあって8000歩越え)私と今回の旅行中も行動をご一緒にみたいなことでしたから。

実は赤羽駅で一本前の電車に間に合っていたのですけれど、通勤時間帯で満員でその最後にコロコロバッグで乗るのが憚られたので、次の電車を待つ列の先頭に並んで待つことにしたのでした。その電車に乗っていたら間に合ったことを考えると、ちょっとの判断が分かれ目だったと思います。でもそうなると遅れたT姉が一人になってしまったでしょうから、今回はこれでメデタシメデタシなのでした。

実は最後にはホテルの鍵紛失事件もあって。それはまた今度にしますね。時間が経つと書けなくちゃっちゃいそうなので、書いて下書きに入れておこうかしら。

|

« デユーク更家さんの三種の神器 | トップページ | 歩く速さ »