« アルフィその後/伴侶動物という表現 | トップページ | 一ヶ月半ぶりに銀座に »

2016年11月13日 (日)

ふくらはぎがつることについて/12月に斎藤ホテルに

WILLABOの山田先生のブログを読みに行ったら<ふくらはがつる>ことについて書かれていました。「ふくらはぎがつる」ということを言われている方が私の周りにも何人かおいでですので、ご紹介させていただきますね。次回にもその続きがあるようです。WILLABOのホームページを右にリンクしてありますが、ブログはコチラです。温泉病院の作業療法士をなさっていて独立された先生ですので、「温泉病院は遠くて行けないけれど温泉病院ってどういうリハビリしているの?」と思われる人には良いかもしれません。

銀サロ他もそうですが、自由診療は保険がきかずお高いと思いますが、温泉病院まで行く交通費や宿泊費それに山梨まで往復してくる時間を考えると選択肢に入ると思います。「温泉病院は月に一度で、後の一度は自由診療のどこか。」と組み合わせている人もいます。私は今の所、温泉病院に行くのが精一杯という感じです。温泉病院に行く時の温泉宿滞在は自分をリセットする良い機会になっています。今月も初めての宿に泊まることにしてあります。神の湯温泉からフルーツパーク富士屋ホテルまで、石和温泉だけでなく広範囲で泊まり歩いています。

12月に斎藤ホテル<1週間のお部屋の滞在権を購入してあるバカンス倶楽部>の10年目の最後の宿泊予約をいれました。申込み時点で終生会員と10年会員の二つがあって私は10年を申し込みました。今ではバカンス倶楽部そのものの制度が無くなったようです。<1週間のお部屋の滞在権>だけで食事がついていないですし、3日と4日に分けて使う場合、年間の管理費の半分を追加で払うようなことなので、お安く泊まれるというわけでもありません。ただすでに買っちゃってあるので、かなりスケジュールが詰まっていても利用しないともったいないので<なんとか調整して出かけていく>ということでは良かったと思いますし、お部屋も一人では泊まれないような広い部屋で良かったとは思います。

斎藤ホテルニュースレターで12月の一人旅の割引料金のお知らせがありましたが、来年からもそれがあれば利用しようと思います。12月はオフシーズンなので格安で泊まれるみたいです。吉川トレーナーが去ってしまった斎藤ホテルは股関節症のリハビリ面では残念な気がしています。でもエステの<ガチガチのお背中コース>みたいなのがなかなか良いので、今はそちらを受けるようにしています。斎藤ホテルは温泉プールがあるのも気に入っています。温水プールはあっても温泉水を使っているところは少なそうです。

|

« アルフィその後/伴侶動物という表現 | トップページ | 一ヶ月半ぶりに銀座に »