« 愛犬のホリステイック治療/オムロンの赤外線治療器 | トップページ | アルフィその後/伴侶動物という表現 »

2016年11月11日 (金)

愛犬アルフィと 赤外線治療器/えこるの靴 二足目

アマゾンで頼んだオムロンの赤外線治療器が届いて、早速使っています。熱かったりしてもいけないので、私が最初に膝やら腰やら試してみたら思っていたより気持ち良かったです。温泉にはいっているときのような気持ち良さです。温度も高中低と調節できますし、タイマーも30分20分10分と調節できます。アマゾンの購入者評にあったように角度の調節が難しいです。毎日30分使っても電気代は月に70円弱のようなことが書いてありました。比較するものではないかもしれませんが、他の健康医療器から考えるとアマゾンで一万円ちょっとはお手頃価格のように思います。

Img_1015

昨日、えこるの靴の二足目を買ってきました。前回が紺だったので今度は茶系です。最初に作った時に右と左の差を1センチにしていただいたのですが、今度のは1.5センチにしていただきました。「高さが違うのを交互に履くより揃えた方が。」というので前のも同じ1.5センチに直していただきました。どうやって差をつけているのかというと患足の方をインソールで1センチ高くして、良い方の左足のインソールを5ミリ削るようです。

元の1センチに戻したくなったら、5ミリ厚さのものを貼ることで修正していただけるようです。こんな風に高くしたり低くしたりを手軽に調整お願いできるのありがたいです。中敷を調整するのに靴の中から出したら、足指の後がくっきりシミみたいについていました。「あら、汗でよごしてしまって恥ずかしい。」と思ったら、豚皮で誰もがこんな風に指跡がつくのだそうです。むしろ5本指の跡がしっかりついているということは足指をしっかりつけているということで良いことらしかったです。足からも毒素がでているというようなお話と、その敷皮は汚れたら2000円弱ぐらいで取り替えていただけるのだということでした。

昨日、これまで履いてきた5足の靴を処分しました。ちょっとくたびれちゃったようなのも「もう少し履けそう」みたいにとってありましたが、この際、処分することに。昨年買っちゃったばかりのブーツみたいなのはもったいないから今年は履くにしても、これからは少しづつ<えこるの靴>に入れ替えていこうと思っています。股関節症の方が「この靴だと体重が横に逃げない。」と話されていたということも昨日おききしました。自宅からこんな近くに<えこるのお店>があるのだったら、もっと早くから履いていたかったです。

|

« 愛犬のホリステイック治療/オムロンの赤外線治療器 | トップページ | アルフィその後/伴侶動物という表現 »