« 愛犬アルフィの痛みのこと | トップページ | 鍵を探す発信機のその後ほか »

2016年11月 8日 (火)

大人の休日倶楽部 クレジット機能終了について

大人の休日倶楽部 クレジット機能のついたカードを使っている特別会員の方にお知らせの内容です。

身体障害者手帳を持っていると、大人の休日倶楽部の特別会員になって、年会費が本来4000円以上のところ1300円ぐらいになります。(その代わり休日倶楽部の催しや案内がのった冊子のサービスなどはありません。)その特別会員あてにサービス終了の案内が来たのだけれど、意味がよくわからなくて<大人の休日倶楽部/ジパング倶楽部事務局>に問い合わせました。

レドリーさんに「特別会員のサービスが終わってしまうようなので、本来60歳から特急券3割引のサービスが受けられるところに55歳から入れるサービスも終了してしまうのかもしれない。」と申し上げてしまったのですが、確認したところ、これまで通り特別会員のサービスは受けられるのだそうです。

何が終了するのかということ、スイカとクレジット機能が一緒になったカードサービスが無くなるのだそうです。これまでクレジット機能もあるカードだったので<みどりの窓口>で今回の金沢行きの代金なども払ったのでしたが、そういうことができなくなります。スイカとしての機能もクレジット機能も現在持っているカードの有効期限までは有効、その後の継続ができなくなるということなのでした。

これまでJR東日本だけはカードで割引で買えましたが、これからは緑のジパング倶楽部の手帳も必要になります。これまでもJR東海始め他の路線につながるようだと緑のノートのような手帳が必要でした。それに写真がついた証明書もついていないと有効ではないということで、今回の主人の切符を買うときには(その証明書が見当たらず)東日本の範囲だけの割引だったので新潟の妙高までは3割引、その先金沢までは割引なし、それが特急券と乗車券両方の話なので4枚、その上に指定席券の番号が書かれたものと5枚も切符があるのでした。グランクラスは割引がないということで行きは乗車券だけが2枚になって計3枚でした。

今までは乗馬倶楽部などに小銭しか持たずに行っているので、何か買い物をするようなときはスイカとして持ち歩いているカードにクレジット機能があるので、帰りに大雨になって傘を買ったりしていましたが、そういうことができなくなるということになります。私のカードは2020年オリンピックの年の11月まで有効なのですが、その頃にはそんなことを忘れてしまっていそうです。


|

« 愛犬アルフィの痛みのこと | トップページ | 鍵を探す発信機のその後ほか »