« 鍵を探す発信機のその後ほか | トップページ | 愛犬アルフィと 赤外線治療器/えこるの靴 二足目 »

2016年11月10日 (木)

愛犬のホリステイック治療/オムロンの赤外線治療器

アルフィは痛み止めをいただいて、当初より痛みはおさまってきていますが、痛みを抑えているだけですから、根本的な治療にはなっていません。ネットでペットの鍼(電気鍼)を見つけたので、私はそちらに連れて行きたいのですが、今お世話になっている獣医さんもとても良いので、そちらに行くのが気が引けて迷っています。

住所ほかの情報が皆様のお役にたつわけではないと思ったので飼い主さんのアンケートのページをリンクしました。手術をしても治るとは限らないヘルニアの状況とかそこから良くなってまた歩けるようになったワンちゃんたちの体験談がでてきます。そのページからたどれば必要な方には住所ほかもおわかりいただけると思います。ペットの鍼をしてくれる所我が家からだと40分から混み具合によっては60分ぐらいかかりそうな場所です。でも茨城などの遠方から来られているみたい。

ピアノやアレクサンダーテクニークをみてくださっているスピリチュアル系の彼女に「何かアドバイスがあったら。」とメールしたら「心配をしているのではないか。」というメールを頂戴しました。数日前から主人と「二人とも引き寄せが強くなっているので、心配しないで、良くなったイメージだけ持って行きましょう。」と話し合っていたところでした。昔、「病人のそばで家族が心配するのは良くない。」と聞いたときには「ふ〜ん。そうなんだ〜。」と思っただけでしたが、引き寄せの法則を知ってみると「そりゃそうだわ。」と思います。心配というのは「良くない状況を考える」ことですから、その良くない状況を引き寄せそうです。皆様もご一緒に元気になったアルフィ(黒ラブです)を思い浮かべてくださったら有難いです。

アルフィをワンちゃんのレスキューをしているところからいただいた頃に、お世話になった方がホットパックのような薬効成分がはいったクッションみたいなものでレンジでチンして温めてつかうのを自分の家の愛犬に飼われていたのを、当時、私は自分の股関節用に買ってあったのを思い出して、アルフィの腎臓の辺りを温めています。免疫力アップ、自然治癒力アップと思ってのことです。

その流れからオムロンの赤外線治療器を買ってみることにしました。股関節症のお仲間の方からコレを買われたメールを頂戴したことがあったのを思い出して調べてみたら、その頃から型番が進んで227というのになっていました。アマゾンでの使用感を読んでいたらアルフィにも良さそうですし、「お風呂に入って温まるのが億劫。」みたいなときには私自身にも良さそう。夜中にトイレに起きる回数が減ったようなことが書いてあったりもして、寒くなると3回ぐらいトイレに起きるようになってしまう私にも良さそうです。

アルフィは跛行はしていますが、食欲旺盛ですし、痛み止めを飲んで情けない顔から明るい顔になって跛行しながらも元気にしています。

|

« 鍵を探す発信機のその後ほか | トップページ | 愛犬アルフィと 赤外線治療器/えこるの靴 二足目 »