« 免疫療法 他 | トップページ | ブログを再開 »

2016年12月17日 (土)

最後までおつきあいくださってありがとうございました!

以前ブログをなさっていた方たち、どうなさっているかと見に行ってみたら「ありがとうございました。」の一言だけ残してブログは全削除の方もいましたし、一年に一度レントゲン検査の結果だけでも報告しますというかたもいますし、それぞれです。

「年内でブログはおしまい。」みたいに申し上げながら、いつまでも引きずっているのも潔く(いさぎよく)ないですし、安保先生がどこかの講演会で「7割でいい」というようなことを言われていたような記憶があって、「最後だからカッコよく終わらせたい。」みたいな見栄は捨てて、早めに切り上げようと思います。本来3ヶ月だけのつもりで始めたブログでもあったのですし。

「股関節症を卒業するって、温泉病院もやめてしまうのですか?」と、メール頂戴しましたが、温泉病院は一月に矢野先生の診察予約が入れてありますし、笛吹川とブドウ畑の石和は第二の故郷みたいになっているので「お里帰り」するみたいにリセットの場として通います。あちらでお会いできそうな方々、よろしくお願いします。

アルフィが虹の橋を渡ってしまってから、私たち夫婦だって同じように限りある命を生きているのだし、お互いに悔いを残さないように暮らしていこうと話しています。「あの時、あそこに行きたいと言っていたのに一緒に行っておけばよかった。」みたいにならないように。

図書館で「ガンに効く生活/克服した医師の自分でできる統合医療」という本を読んで感銘をうけました。瞑想、呼吸のこと、オメガ3やオメガ6のこと、安保先生の提唱されているようなことと重なります。「私は本当は誰なのだろう?」「私はどこへ向かいたいのだろう?」と穏やかな気持ちで自分の内面を見つめるようなことも言われています。「股関節症と向き合う」のではなくて「生命と向き合う」ような方に私自身は向かってまいりたいと思います。ちょうど川(股関節症)をひたすら下っていったら広い海が(統合された心身の健康)目の前に広がっている湾に行き着いたとでもいうような感じかしら。

「健康とはすべての関係との調和」というのも、この本の中からメモした言葉だったと思います。「調和のとれた振動」という言葉もあって、ギターなどは毎回、弾き始める前に調弦するわけですけれど、これまで一本の弦(股関節症)だけ調弦していたのを、心も、栄養も、運動も、生命を輝かせるためにすべての弦を調弦して、そのバランスの中で美しい響きを奏でていけたら‥みたいなことのような気がします。
(あれ?ちょっとキザだったかしら。)

このブログ右のバックナンバーというところをクリックすると最初からの年月が表示されます。よろしかったら、これまでの経緯などご覧になっていただけたらと思います。

ここまでおつきあいくださった皆様、本当にありがとうございました。皆様のご多幸とご健勝を心よりご祈念もうしあげます。

|

« 免疫療法 他 | トップページ | ブログを再開 »