« 障害者手帳/両脚への荷重 | トップページ | 股関節がらみの本がいっぱい »

2017年5月13日 (土)

歩行診断

カケユ温泉・斎藤ホテルからのニュースレターに、6月2日(金)が(年に3度ぐらいある)お客様感謝デーのようなご案内がありました。その中に<歩行診断>をしていただけることが載っていて「あら!」と思いました。ちょうどブログの下書きに歩行診断のことを書きかけていたところだったからです。以下書きかけの文章。

以前、ブログでご紹介したことがあった歩行診断、当時は軽井沢でしたが、今は佐久平のマイクロストーン本社になったようです。今、保存してあるチラシ類、演奏会や旅行先の案内ほか、スキャンしてevernoteに保存している中で、ネットからプリントアウトした歩行診断の資料がありました。「これを知ったのはいつ?」と自分のブログを検索したら2年前のことで「年内には行ってみたい」と書いてありました。行ってみるどころか、すっかり忘れておりました。💦
マイクロストーン社/歩行診断

軽井沢の家から車で40分ぐらいのはずなので軽井沢にいくことがあったら行ってみたいと思いながら、3月4月は主人だけが軽井沢に一人で出かけて私は行けませんでした。

ここまでが下書きの文章。この10年間斎藤ホテルの403号室<4月21日から一週間の滞在権>を購入してあったので、ゴールデンウイーク前に滞在して信州の遅い桜を楽しんできました。連休に各地の行楽地が賑わう様子をニュースで見ても「一足先に楽しませていただいちゃっているから。」と思いながら見ていました。今年はそれがなかったので寂しいです。ちょうど季節の変わり目になる頃に温泉で療養できたのは股関節のリハビリのためばかりでなく精神的な面でもどんなに良いことだったかとあらためて思います。ファミレスやコンビニのない静かな里山の風景が大好きでした。今年も一度は行きたい!

昨夜は、元斎藤ホテル職員からプロのフルーテイストに転向なさった赤羽さんのライブを聴きに渋谷のJZブラットに行ってまいりました。斎藤ホテルのロビーコンサートに訪れたピアニストの今井亮太郎さんとの共演を機に、ブラジル音楽の世界に。これまでもJZブラットでのライブに出演されてきましたがバンドの中の一員。昨夜は彼女のファーストアルバムのリリース記念のライブで、中央で、要はバンマスとしてピアノ、ドラム、エレキベース、ギター、サックス奏者の面々 を率いて堂々の演奏。共演者も錚々たる人たち。MCの中で「ここで自分のライブをするのが夢だった」と話されていました。

彼女とも最初はブログ繋がり。ブログのタイトルは<信州のカーネギーホールをめざして>だったかしら?斎藤ホテルのロビーコンサートを担当なさっていて書いていたブログに私がコメント書き込んだのがきっかけ。斎藤ホテルのフロントの制服姿の赤羽さんにお会いしたのが2007年の2月。それから10年、着々と夢の実現に向かって歩まれてきたのだと感慨深く思います。翻って自分のこの10年はどうであったのだろう?と振り返りながら演奏を聞いておりました。皆様のこの10年はいかがでしたでょうか?

|

« 障害者手帳/両脚への荷重 | トップページ | 股関節がらみの本がいっぱい »