« 歩行診断 | トップページ | 石部先生の新刊 »

2017年5月17日 (水)

股関節がらみの本がいっぱい

「この10年」を自分で振り返ってみて、「当時は股関節症について、痛みについて、ほとんど何も知らなかったなぁ。」と思います。10年後に今を振り返ってまた同じように思うのかもしれませんが‥。

図書館で借りた本のうちの一冊をまたまた購入。<歪みを改善したい>今の自分によさそうに思って。痛みと歪みを直す健康ストレッチ股関節がらみの本だけで何冊持っていることだろうと思います。ざっと数えてみて40冊前後かしら。矢野先生の本も先日読み返してみたら「ふむふむナルホド」と思うことがありましたから、一度読んだだけで終わらないで繰り返し目を通すことが大事そう。その時々で注意をひく箇所がちがったりもするようです。

図書館から借りて読んだ本の必要なところをコピーしたり、新聞の切り抜きなどの資料も、ファイル4冊になってしまいました。かさばるのでevernoteにスキャンして読みこめば良いのでしょうが、それはそれで時間がかかります。evernoteの良いところは検索ができること。ジャンル分けしてフォルダーは作ってあるのですが、保存してある文章中の言葉でも検索できるのがなんといっても便利です。ファイルしてある紙の資料だと「え〜とどこだったかしら?」みたいにパラパラとめくって探さなければなりませんから。

伊藤和麿氏の本(上記購入した本がそうです)が気に入ったので、図書館にあるほかの伊藤氏の本も読んでみることにして予約したところです。伊藤氏の本で腰痛について書いた本はレネ・カりエ氏の腰痛の本にイラストも含めて雰囲気がそっくり。「カリエ先生を慕っている方なのかもしれない。」とカリエ先生の本だけで6冊持っている私は(一方的に勝手に)親しみを感じたりしています。そのうちの2冊はフラメンコ時代の知人から頂戴したもので、それがきっかけでDr.カリエを知ったのでした。

最近読んだ中で気に入ったのが「一日10分歩き方を変えるだけでしつこい肩こりが消える本/宮腰圭」こちらは必要なところをメモして買わずに済ませてしまいました。(万が一著者の方がご覧になっていたらゴメンナサイ)猫背などが気になる方は一読なさることをお勧めします。今まで読んだどの本よりも猫背や肩こりに効果がありそうで期待しながら実践しています。とても簡単なセルフケアができる本です。内容についてご紹介するのは著作権に触れそうなので差し控えます。ぜひ一読あれ。本の紹介

こちらの本の中にあった言葉だったと思うのですが、<一時間の施術を受けたとして一日は残り23時間、月に一度の施術だとして29日間と23時間、次の施術を受けるまで効果が持続するようなことは考えられないのでセルフケアが大事>というようなことが書かれていました。矢野先生が温泉病院への入院を勧めるのはまさにそういう面から毎日 施術受けられるからということも大きいのだと思います。ブログをご紹介した利尻の方が温泉病院に今月入院なさってブログ日々更新なさっています。病人食のせいかお食事がストレスになっているような‥。

|

« 歩行診断 | トップページ | 石部先生の新刊 »