« 那須/サッポロビール森のビール園にぜひ! | トップページ | 体の歪み/左右差 »

2017年6月19日 (月)

サッポロビールの空模様シリーズ

前のブログでお約束したサッポロビールの那須工場で作られている<空模様>の写真をアップします。セットで入っている箱の上にのせてみました。ネーミングが素敵!  私好みです。

流れる雲のヴァイツエン
陽射しのピルスナー
月夜のデユンケル

Img_1503

ジンギスカンのときに<飲み放題>にすると、この三種の生ビールを、カウンターに取りに行くとグラスのサイズも選べて目の前で注いでくださいます。飲み放題の人は腕にカラフルな腕章みたいなものを目印につけるようになっています。それぞれのビールの解説はコチラ。もちろん全部飲んでまいりました。主人によると飲み放題の元がとれるのは私が頼んだ一番小さいグラスだと4杯以上とのことで、3杯の私はモトがとれていないらしいのですが三種ともお味見ができたことで大満足でした。

那須ではこの日まで(6月11日)週末だけマウントジーンズ(那須のゴンドラ)の夜の営業があって、ホテルから無料の送迎バスが出ているということで、せっかくなので(主人は億劫で行かないとのことしたが)行ってきました。那須に行く途中に、大谷石の地下の採掘場を見るに寒いというのでダウンコートを持参していましたし、星をみるつもりでいたので双眼鏡も持参。夜のゴンドラはカンテラ風の明かりが灯されていてロマンチック。上に行くに従って小さくなっていく麓の街明かりも綺麗。恋人たちには絶対お勧めのスポットと思うのに、駐車場もガラガラ、ゴンドラも空っぽで動いているのがたくさんあって、感想には「こんなに素敵なのに宣伝不足だと思います。他の人たちにも見せたいです。もったいないです。」みたいなことを書いてきました。

無料の送迎バスの時間の関係で山頂付近には30分ぐらいしかいられませんでしたが、北斗七星が綺麗に見えていて、せっかくなのに空を見上げている人が少ないので、歩いている人たちに「北斗七星が綺麗に見えていますよ。」と教えてさしあげました。小学校や中学校で習うのでしょうけれど、ついでに北極星の見つけ方も。「サッポロビールのお星様なのよね。」と内心思いながら教えてさしあげました。「星の先生ですか?」「一応星のソムリエなんです〜。でも国家資格でもなんでもなくて趣味の世界のものなんです。」

那須に行った日が満月で、月明かりで星を見るにはちょっと‥でしたが、明け方に満月が木立の中に沈むのを見て感激しました。太陽が沈む夕陽をみることはあっても太陽と同じおおきさのまん丸お月様が沈んでいくのを見たのは初めてでした。あけがたの4時すぎぐらいかしら。

|

« 那須/サッポロビール森のビール園にぜひ! | トップページ | 体の歪み/左右差 »