« 小さな目標達成 | トップページ | Bubbling Spring »

2017年6月29日 (木)

乳頭温泉 田沢湖の旅から戻りました

26日から2泊3日で乳頭温泉、田沢湖方面に、JR東日本大人の休日倶楽部の乗り放題15000円で出かけてまいりました。家を出るときには雨が止んだばかりの空、新幹線が大宮を出て北に向かったら夏空になって、三日間とも爽やかな初夏の青空に恵まれました。「格安切符は梅雨時みたいな旅行シーズンから外れたときしか発売にならないのよね。」と思って期待していなかっただけに青空続きには感激でした。(水不足を考えると降ってほしいとも思います。)

P1050919_2

27日の田沢湖の写真です。レンタカーにしようかバスにしようかさんざん迷ってバスに。路線バスとばかり思っていた田沢湖一周のバスは、観光バスのように車窓からの眺めなどの解説がテープで流れますし、観光スポットでは20分とか10分停車してくれて観光できるようになっていました。図書館でガイドブック何冊か借りて読んだけれどどこにも書いてなかったみたい。バス停で時刻表みながら「2時間に一本のバスでは途中下車したらそれっきりだから<たつ子像>みたいけれどあきらめる。」と話していた人がいて、前もって知っていればバスでの観光をお勧めしたのに‥と思ったことです。ただバスのステップが驚くほど高かったです。40センチぐらいあるのでは?以前の私だったら苦労したはず、乗馬をしているおかげで跨げると思ったようなことでした。路線バスの方も同様で重たい荷物を片手に持って乗りながら「私の足もここまで良くなったか。」と感慨深く思ったようなことでした。

P1050985_2

たつ子は美しい娘だったのですが、「いつまでもこの若さと美しさを」と願をかけて100日観音様にお参りしたら100日目にお告げがあって‥というような説話が残っていて、それを若い頃に聞くのと今聞くのでは思いも違うなぁと思ったことです。田沢湖の水深日本一は学校で習ったように思うのですが、世界でも三番目なのだそうです。知らなかったです〜。湖面の碧が本当に美しくてペルシャンブルーと言われるそうですが「湖ってこんなに美しかった?」と、これまで見てきた諏訪湖、宍道湖、芦ノ湖、十和田湖など思い出してみたりもしました。湖の周りに建物がほとんどなくて、濃い緑につつまれていること、湖の後ろに優美な駒ケ岳を控えていることも大きいと思います。

乳頭温泉は、股関節症の先輩のさくらさんが、かなり前に行かれて絶賛されていたので「一度行ってみたい」と思いながらなかなか行けなくて、今回、出かける前にさくらさんにお電話してお話を伺ってでかけました。さくらさんは乳頭温泉の七湯のゆめぐり全部入られたのだそうです。私は今回泊まった宿の温泉だけでしたが、すごく気に入りました。

乳頭温泉で私が泊まったのは<妙の湯>という宿。お玄関に七夕飾があってお部屋に願い事を書く短冊がおいてありました。色とりどりの短冊があるなか、私のお部屋のテーブルの上には紫、ラベンダー色の短冊がおいてあったので「あら!」と嬉しくなりました。いつも新月の願いで10も願い事を書いているので「ひとつ」となると考えてしまいます。「日々、感謝に満ちた明るい気持ちで暮らすことができますように。」と書いてまいりました。皆様は七夕様にひとつお願い事をと言われたら、何を短冊に書かれるでしょうか?

Img_1516


|

« 小さな目標達成 | トップページ | Bubbling Spring »