« 鏡リュウジ氏の講座 | トップページ | 祈りの効果 »

2017年6月 2日 (金)

つづき/金星パワー 

愛と美を象徴する金星のパワーですが、たとえば歩容を改善したいという思いも「少しでも美しく歩きたい」と願うのであるなら金星のパワーを得たいところ。家の中がどうにも片付かないと悩んでいるのも、家の中を整然としたいという美的観点から考えるとこれも同様。いろいろ多様なことに金星のエネルギーをとりこみたいところ。

話飛びます。ここのところ股関節症のお仲間とお会いする機会が多く、その中のお一人から「どうしてラベンダーになさったのですか?」と聞かれました。そうお思いの方が他にもおいでかもしれないと思います。精油(アロマオイル)の中で一番ベーシックなものがラベンダーになります。精油の楽しみ方は、アロマポットやアロマデイフューザーで香りを楽しむなど、いろいろありますが、肌に直接つけられるのはラベンダーとテイートリーの二種類だけです。そもそもアロマテラピーは、生みの親である人物が、やけどの傷にラベンダーを塗布して治ったことから始まったのだそうです。

アロマの講座にちょっとの間だけ通ったことがあります。初回に渡されたのがラベンダーオイルでした。アロマオイルにはリラックス効果のあるものと、活発になるようなタイプと大きく二つに分けられますが、リラックスする方の代表的なオイルがラベンダー。癒し系です。

私の願いとして、ラベンダーのような癒し系のブログになれたら嬉しいなという思いがあります。ブログを始めた10年前にたちかえって考えると何しろ「三ヶ月も書いたら書くことはなくなるだろう」というようなことで書き始めたのでしたから、そこまでの思いはなかったかもしれません。「ラベンダーさん」と呼ばれ続けているうちにそういう思いが次第に強くなってきたように思います。たんばら、富良野、河口湖‥各地のラベンダー園を訪ねたり、身の回りにもラベンダーグッズが増えてきてバッグにはラベンダーの香り入りのお馬さんのサシェがついていたりもします。

昨年の暮れ、ブログをやめたとき、自分がラベンダーではなくなった気がして、寂しくなりました。ブログを書くことで一番元気をもらっていたのは私自身だったのですよね。落ち込んだりするような時にも「私はラベンダーなのだから、こんなことで落ち込んでいる場合じゃない。」と思えたりもしますから。

|

« 鏡リュウジ氏の講座 | トップページ | 祈りの効果 »