« 乳頭温泉 田沢湖の旅から戻りました | トップページ | 味の素の奥様手帳/人参 »

2017年7月 4日 (火)

Bubbling Spring

このBubbling Spring、「なんのこっちゃ?辞書にはないし‥」と思いながら、本の挿絵をみたら足裏にあるツボの湧泉のことなのでした。「そっか〜、そういえば温泉はhot springですものね。お洒落な英訳。」と納得。

湧泉は元気がでるツボというようなことは知っていましたが、押すためのツボとしか考えていませんでした。今回読んだ本の中では地面からこの湧泉を通してエネルギーが体を通って頭まで達すると色々な不具合が解消するというような解説と共に、横向きに立っている人の体の足底から炭酸の泡みたいなのがたちのぼって体を通るイメージのイラストが添えられています。

乗馬倶楽部のことで、乗馬を始められた(股関節症のバーチャル姉妹の)末の妹にメールしたら、センタードライデイングという乗馬のメソッドのようなものがあって、その資格をもつインストラクターがいる乗馬倶楽部のことなどを教えてくださいました。「センタードライデングって何?」と知らなかったのでネットで検索してみて、ビックリ。これまで私が股関節症がらみでしてきたアレキサンダーテクニークなどいろいろなボデイワークを取り込んだようなメソッド。

ブログをやめていたこの2月にピアノとアレクサンダーテクニークをみてくださっていた知人のレッスンを終了しました。‥なので、アレクサンダーテクニークが取り入れられている乗馬メソッドがあったら私には最高。早速、アマゾンで本を(CENTERD RIDING)を取り寄せました。本の25ページにはアレクサンダーテクニークの創始者アレクサンダー氏が白馬にのっている写真が1ページに大きく掲載されていました。自分が学んできたアレクサンダーテクニークの創始者の乗馬姿に親近感を持ったりもしてなんだか感激。

それにこれまでバラバラにしてきたようなことが統合されている感じでもあるのです。そもそも足心呼吸は「足の裏から息を入れる」ぐらいにしか考えておらず湧泉とむすびついておりませんでした。八段錦の中の一つに、足の裏から息を入れたり吐いたりするような気持ちでする動作があるのですが、せっかくなら今後は湧泉を意識しようと思いました。

<足心呼吸>というのを最初に知ったのは白隠禅師の<夜船閑話講話/大西良慶著>と思い込んでいてパラパラ探してみたのですが軟酥の法について書いてあっても足心呼吸は探せませんでした。この本、久しぶりに見て、「またじっくり読み返してみよう」と思いました。股関節症になるずっと前の若い頃に読んだ本なので。軟酥の法について解説してあるページ

|

« 乳頭温泉 田沢湖の旅から戻りました | トップページ | 味の素の奥様手帳/人参 »